漫画

BEASTARS最新刊(17巻)の発売日と収録ストーリーをネタバレ紹介

BEASTARSの単行本16巻では、

メロンの弱点を聞き出すため、レゴシとシシ組はコピ・ルアクと接触しようとします。

純血至上主義団体と呼ばれるコピ・ルアクのボスは、一体どんな人物なのか?

 

BEASTARS最新刊(17巻)では、ハルに本気の気持ちを告げたレゴシは、メロン捕獲に向かいます。

メロンを捕まえることで、ハルとの異種結婚をヤフヤに手配してもらおうと考えているレゴシ。

はたして、レゴシはメロンを捕まえることができるのか…?

 

本記事では、BEASTARS最新刊(17巻)の発売日と、収録されているストーリーをネタバレ紹介していきます!

スポンサーリンク

BEASTARS最新刊(17巻)の発売日

ずばり!

2020年1月8日

が、BEASTARS最新刊(17巻)の発売日です。

 

参考までにBEASTARSの直近10巻分の発売日をまとめてみました。

16巻 2019年12月6日
15巻 2019年10月8日
14巻 2019年7月8日
13巻 2019年4月8日
12巻 2019年2月8日
11巻 2018年11月8日
10巻 2018年9月7日
9巻 2018年7月6日
8巻 2018年5月8日
7巻 2018年2月8日

以上のように、BEASTARSの単行本の発売日は、

2~3か月周期

で発売されてきました。

また、今回の発売日については、

楽天ブックスでも発売日が発表されています。

よって、BEASTARS最新刊(17巻)の発売日は、

2020年1月8日

で間違いないでしょう。

 

BEASTARS最新刊(17巻)の収録本数とサブタイトル

BEASTARSの単行本16巻では、レゴシとシシ組がコピ・ルアクのボスからメロンの弱点を聞き出そうとします。

コピ・ルアクのボスとは、一体どんな人物なのか?

 

ここで、BEASTARS最新刊(17巻)の収録本数と、サブタイトルを紹介していきます。

BEASTARSの16巻のストーリー

134話 ファイナル・コンタクト
135話 あまき湯けむりと青山椒
136話 ズタズタのストロー、私たちの心電図
137話 桃源郷からの船出
138話 刹那的21500年
139話 茜射す空、畑を駆け
140話 トラジェディーにおける演技指導
141話 泡に宿して 人魚の唄
142話 獣生100年時代!?

16巻には、9話が収録されました。

BEASTARS最新刊(17巻)の収録ストーリー

続いて、最新刊であるBEASTARSの17巻です。

143話 TVの光にもすかされるうすき胸
144話 吾輩は猫科である
145話 プライベートを持たぬ肉体
146話 俺の砂漠にエルニーニョ現象起きた
147話 愛の言葉はヨダレを拭いてから
148話 目が覚めたら朝はくると思っていた
149話 白狐再臨
150話 オー・マイ・ビッグ・ダディ!
151話 「道化師のギャロップ」をBGMにお楽しみください

BEASTARSの単行本は、1巻につき、

9話前後のストーリーが収録

されています。

17巻も9話の掲載で、151話まで収録されるでしょう。

 

BEASTARS最新刊(17巻)のストーリーのネタバレ

BEASTARS144話

BEASTARS144話

続いて、気になるBEASTARS最新刊(17巻)のストーリーをネタバレしていきます。

第143話 TVの光にもすかされるうすき胸

コピ・アルクと接触するため、シシ組に協力を求めるレゴシ。

しかし、シシ組はルイにしか従わないと言います。

 

一方、ルイは同族の婚約者であるアズキとの初めての夜に、吐いてしまったこと思い出していました。

肉食獣との距離が近くなり、肉食獣と仲が良くなっていたルイは、草食獣のアズキとの関係に違和感を覚えていたのです。

 

そのことに疑問を持つルイですが、それでも

困っている肉食獣を見過ごすわけにはいかない。

 

そう思ったルイは、シシ組に電話をし、協力することを了承します。

その代わり、俺を慰めろと頼むルイなのでした。

第144話 吾輩は猫科である

オスの肉食獣と一緒にいるほうが落ち着く。

シシ組と合流したルイは、改めてそう思いました。

 

コピ・ルアクのボスに会うため、レゴシはルイとシシ組とともに裏市へと向かいます。

裏市へと着いたレゴシたちですが、シシ組はコピ・ルアクのアジトがイマイチ思い出せません。

そこでルイはシシ組に、

いつものやつで決めろ

と言います。

 

いつものやつとは、

ヒゲを使った占い

でした。

シシ組全員のヒゲを一本ずつ抜き、それを集めて手で握ります。

そして、

ヒゲが垂れて向いた方角に進む

というのが占いの方法です。

楽観的な猫科らしい発想なのでした。

第145話 プライベートを持たぬ肉体

神秘に満ちた種族といわれるネコ科。

その中でも、

霊猫と呼ばれるジャコウネコのデシコ

が、コピ・ルアクのボスでした。

 

コピ・ルアクのアジトについたレゴシたちは、混血の種族について研究をしているデシコから、メロンのことについて聞きだそうとします。

情報と引きかえに、ある条件を出すデシコ。

ある条件とは、

袋に入っているデシコのフンから、未消化のコーヒー豆を取り出す

ということでした。

 

即答でOKを出すレゴシに対し、ありえないとツッコむシシ組。

暴力沙汰も覚悟していたから、それくらいなら安い物だろうとレゴシは返答します。

レゴシのやる気に押されたシシ組は、いやいや作業を始めることにしました。

 

一方、大学でメロンの講義を受けるハル。

講義のテーマが難しいと感じていたハルは、メロンに質問しようと考えているのでした。

第146話 俺の砂漠にエルニーニョ現象起きた

味覚を求めてさまざまな悪事に手を染めてきたメロン。

しかし、メロンの求める味は見つかっていません。

一回でもいいから美味しいを感じたい。

メロンはそう思っていました。

 

そんなメロンの食事中に、話しかけてきたハル。

肉食と草食の正しい関係について

のレポートが、まだ書けていないことを謝ります。

そして謝ると同時に、

肉食と草食の正しい関係は私とパスタの関係と同じ

だと伝えます。

 

単純に食べて食べられる関係。

だからこそ仲良くする意味がある

と、レゴシを思い浮かべながら話すハル。

 

いつか食べられてしまうと返答するメロンですが、それなら愛情に命をかけるとハルは伝えました。

 

そんなハルを見て、メロンは欲望が目覚めてしまいます。

草食獣を食べてみたい

という欲望が…。

第147話 愛の言葉はヨダレを拭いてから

ハルを後ろから抱きしめたメロン。

その感覚がレゴシと会った時と同じだと感じたハルは、メロンに何の種族か尋ねます。

 

見ての通り、ガゼルだと答えるメロン。

メロンの角を見れば誰でもガゼルだとわかりますが、そんなメロンを疑ったのはハルが初めてでした。

そんななか、カッターナイフを取り出したメロンは、おもむろにカッターナイフを足に突き立てます。

 

足は痛くない。

今は、心のほうが痛いのかな…。

 

そんなことを話しだすメロンに、唖然とするハルなのでした。

 

一方、コピ・ルアクでコーヒーをご馳走になったレゴシたち。

しかし、デシコの体を通して造られたコーヒーは、強烈な食肉欲をかきたてる物でした。

ヨダレが止まらないレゴシとシシ組は、お互い殴り合って欲を収めようとします。

 

なんとかその場は収まったものの、草食動物に目がいってしまうレゴシ。

今日はおとなしく寝ようと自宅に帰りますが、部屋の前にはハルが待っていて…。

第148話 目が覚めたら朝はくると思っていた

食肉欲が収まっていないレゴシですが、それよりも気になることが…。

それは、

ハルから肉食獣の匂いがしたこと。

ハルが肉食獣と抱き合ったと気づいたレゴシ。

対して、ハルもレゴシが何かを疑っていると気づきました。

 

何を疑っているのか聞かれたレゴシは、大学での男女の交流が気になると正直に伝えます。

それを聞いたハルは、キスもそれ以上のこともしていないのに束縛するなんて考えが甘いと返事をしました。

 

それ以上のことは、体格差やハーフが生まれる危険もあると考えていたレゴシ。

しかし、ハルは体格差でできないかどうかは確かめないとわからないと言って、レゴシのズボンを下ろします。

 

ズボンを下したレゴシをまじまじと見つめるハル。

見せてくれて嬉しい

というハルを、レゴシは抱きしめようとします。

しかし、今は抱きしめるよりも笑わせることが大事だと考えたレゴシは、入れ歯になったことを突然打ち明けてハルを笑わせました。

 

そんなレゴシを見て子どもっぽいというハル。

そして、

私が少しずつレゴシくんを大人にしてあげる

と笑顔で伝えました。

 

その夜は一緒に眠りに着いた2人。

しかし、レゴシが目が覚めると、そこにはハルの姿はなく、赤く染まった布団があるだけなのでした。

第149話 白狐再臨

まっ赤に染まった布団を前に、愕然とするレゴシ。

あまりのショックに毛の色が真っ白になります。

ハルを食べてしまったと涙を流すレゴシですが、そこにあらわれたのはハルでした。

 

トマトジュースをぶちまけてしまったと謝るハル。

赤く染まっていたのは、トマトジュースをこぼしたからでした。

 

そこでレゴシは気づきます。

自分と一緒にいてくれるハルは、毎日自分に食べられるかもしれないリスクを背負っているんだと。

 

そこで決心したレゴシは、

 

絶対に結婚しよう!

必ず幸せにする!!

 

と告白し、どこかへ出かけていくのでした。

 

一方、昨日の夜の行動を、アガタに確認するメロン。

手を組むと言っていた俺をさしおいて、どこに言っていたのかと質問します。

銃を構えてアガタを脅すメロン。

そんなメロンの後ろの窓には、レゴシが張り付いていて!?

第150話 オー・マイ・ビッグ・ダディ!

アガタと話をしながらも、後ろのレゴシに気づいているメロン。

そんなメロンがいる部屋の窓にノックをして、

今から捕まえに行く

と意思表示を見せるレゴシ。

窓ガラスを割って、メロンに飛び掛かります。

 

首を掴んだレゴシは、メロンの首に違和感を覚えました。

ヒョウの母親ゆずりの太い喉は、メロンの痩せた体からは想像できません。

 

今日は必ず捕まえるとメロンに飛び掛かっていくレゴシですが、高い回避能力を持つメロンは、完璧に攻撃を避けます。

ここでメロンは、窓から飛び降りて逃げようとしますが、レゴシも同じように窓から飛び降り、空中でメロンを捕まえました。

 

捕まえられたメロンは、ハーフの成れの果てである自分を見ても、やけに落ち着いているとレゴシに言います。

草食獣と肉食獣のハーフであるメロンに、自分とハルの未来の子どもを重ねているレゴシ。

俺の子どもしっかり可愛がるから、お前よりはいい子になる

と、メロンに伝えるのでした。

第151話 「道化師のギャロップ」をBGMにお楽しみください

メロンを捕まえたレゴシは、メロンを警察へ連れて行こうとします。

メロンも抵抗する気はありませんでしたが、ふとハルのことを思い出し、

ハルを食べないままムショに行ってもいいのか?

と自問自答しました。

 

そして、答えの出たメロンは、レゴシのスキをついて逃げます。

逃げるメロンを追いかけるレゴシは、センター街に向かうメロンに、一般獣を巻き込みたくない伝えました。

しかし、メロンはセンター街の大通りまで来てしまいます。

 

センター街に設置されたカメラは、

肉食獣が草食獣につかみかかると反応する仕掛け

になっていました。

メロンの手を掴むレゴシは、草食獣を追いかける悪者として映ってしまったのです。

駆けつけた警察に気をとられているスキに、また逃げ出してしまうメロン。

レゴシは警察に追いかけられることになり、その場から逃げ出すのでした。

 

一方、テレビで全身白い毛のオオカミがガゼルを襲ったというニュースを見ているジャックたち。

オオカミと聞いて、最近レゴシに会っていないなあと思っていると、そこに逃走中のレゴシがあらわれるのでした。

スポンサーリンク

まとめ

BEASTARS最新刊(17巻)の発売日は、

2020年1月8日

となります。

最新刊(17巻)に収録されているストーリーでは、

  • ルイとシシ組とともにコピ・ルアクに向かうレゴシ
  • メロンに目を付けられるハル
  • 食肉欲が高ぶるなか、レゴシのもとにハルがやってくる
  • ハルを幸せにすると誓ったレゴシはメロンのもとへ向かう
  • 一度メロンを捕まえたレゴシだが、逃げられてしまう
  • 警察に勘違いされてしまいレゴシも逃げる

が描かれました。

 

警察からの逃げるために、ジャックのもとへやってきたレゴシ。

次巻18巻では、

レゴシはメロンを捕まえることができるのか?

気になりますね。

関連記事

-漫画

Copyright© スピカ紀行 , 2020 All Rights Reserved.