ゲーム ダイエット

リングフィットは本当に痩せる?消費カロリーと効果の評判をチェック

リングフィットによる筋トレの効果

2019年10月に発売された、

冒険しながらフィットネス

が魅力的なキャッチコピーの、

任天堂Switch専用フィットネスゲームの『リングフィットアドベンチャー』

ストレッチポーズや筋トレで攻撃をしたり、ランニングによる走行や階段を上り下りしたりすると、

消費カロリーや走行距離が表示

されます。

  • 黙々とエクササイズをするのが苦手な人
  • ジムやヨガに通うのが面倒な人・続かない人
  • 運動習慣がない人

には、

ゲームを進めることが運動に繋がる

ので、楽しみながらフィットネスができるのは良さそうですよね。

しかし、

こんなゲームでエクササイズになるの?

リングフィットで痩せた人っているの?

という疑問も浮かぶことでしょう。

そこで当記事では、リングフィットの消費カロリーや痩せる効果の評判を調査してみました。

スポンサーリンク

リングフィットで出来ることや筋トレの種類を紹介

リングフィットによる筋トレの効果

リングフィットによる筋トレの効果

リングフィットでは、

  • アドベンチャー
  • お手軽
  • カスタム
  • リズムゲーム
  • ながらモード

の5つのモードが用意されています。

 

冒険ゲームをしながらフィットネスを行うことができるのが、『アドベンチャーモード』です。

すべてのステージをクリアするのに、

1日30分のゲームで約3ヶ月

かかるので、単発ゲームよりも、継続のモチベーションになりそうです。

攻撃はストレッチによって行うので、ゲームをクリアするには、とにかく筋トレをする必要があります。

筋トレは、なんと60種類以上が用意されているので、ストーリーを進めれば進めるほど、あらゆる部位を鍛えることができるのです。

アドベンチャーモード以外では、自分で筋トレメニューを組み合わせたり、鍛えたい部位を選んでフィットネスを行います。

リングフィットに出てくるフィットネスは、『ただのゲーム』と侮れない内容です。

次に紹介するのは、『アドベンチャーモード』で鍛えることができるメニューです。

筋トレメニュー

  • 後ろプッシュ
  • バンザイプッシュ
  • 下げてプッシュ
  • リングアロー
  • 肩にプッシュ
  • トライセプス
  • スクワット
  • ワイドスクワット
  • バンザイスクワット
  • バンザイサイドベンド
  • バンザイツイスト
  • ベントオーバー
  • バンザイモーニング
  • モモでプッシュ
  • ニートゥチェスト
  • 前にプッシュ
  • ヒップリフト
  • プランク
  • レッグレイズ
  • 足パカパカ

リズム系メニュー

  • スワイショウ
  • バンザイ腰振り
  • アームツイスト
  • グルグルアーム
  • ロシアンツイスト
  • バタバタレッグ
  • リングアゲサゲ
  • マウンテンクライマー
  • ハサミレッグ
  • モモアゲアゲ
  • ステップアップ
  • アゲサゲコンボ
  • モモ上げコンボ

ヨガ系メニュー

  • 椅子のポーズ
  • 立木のポーズ
  • チョウツガイのポーズ
  • ねじり体側のポーズ
  • 英雄1のポーズ
  • 英雄2のポーズ
  • 英雄3のポーズ
  • 扇のポーズ
  • 舟のポーズ
  • 折りたたむポーズ

 

これらのメニューの他に、お手軽モードのミニゲーム内では、決まった部位を鍛えることができる内容のゲームが用意されています。

これだけの筋トレを行えば、全身満遍なく鍛えることができるはずです。

 

そして、これだけの筋トレメニューを部屋の中で、たった一人で継続して行うなら、

相当なメンタルの強さが必要です。

運動に苦手意識のある人なら、リングフィットは非常に魅力的に映ることでしょう。

 

さらに、毎日の活動時間や消費カロリー、走行距離が記録されるので、

ゲームのクリアだけにとどまらず、運動としての記録

が一目瞭然なのです。

しかも記録は、世界のプレイヤーと比較して、ランキングとして見ることもできるので、それも継続のモチベーションアップにも繋がりますね。

 

リングフィットの消費カロリーを調査

リングフィットによる筋トレの消費カロリー

リングフィットによる筋トレの消費カロリー

さて、先に紹介したリングフィットの筋トレメニューを見ると、体を鍛えられることは間違いなさそうです。

リングフィットを始める人は、

はなこ
楽しみながら痩せたい!

という人がほとんどですから、その消費カロリーも気になりますよね。

 

リングフィットの消費カロリーは、

約10~20分程度のゲームで、50~80キロカロリー

という結果が多いようです。

これは、ゲームの内容やコースにもよりますが、

リングフィットの消費カロリーは少ない

という声が多いのも頷けます。

リングフィットはダイエットになるの?

リングフィットの消費カロリーが、意外に少ないと感じた人も多いでしょう。

それではここで、他の有酸素運動の消費カロリーと比較してみます。

ウォーキング:33カロリー

ジョギング:66カロリー

ハイキング:49カロリー

サイクリング:43カロリー

階段昇り降り:56カロリー

腹筋:80カロリー

これと比較すると、リングフィット20分はサイクリング20分相当の運動量であることがわかります。

 

さらに、リングフィットで筋トレを継続していれば、筋肉量が増えていきます。

筋肉量が増えるということは、基礎代謝がアップするということです。

そして、基礎代謝がアップすれば、日中の活動時の消費カロリーも増えていきます。

つまり、リングフィットで筋肉量が増えることで、

ダイエットが成功しやすい体

になることは、間違いないでしょう!

リングフィットは、

今日食べたスイーツの分を消費しよう

という使い方ではありません。

 

リングフィットの口コミから効果の評判をチェック

さて、リングフィットの筋トレメニューや消費カロリーについては、紹介してきた通りです。

リングフィットは、『痩せやすい体づくり』にピッタリなことが分かりましたね。

実際の利用者の口コミから、その効果の評判もチェックしてみましょう。

良い口コミ

男性

継続のモチベーションが上がるので、『まずは続ける』という第一関門を突破です!

女性

天気や時間に左右されずに、運動が継続できるのが良いです!

女性

アドベンチャーモードなら、様々な筋トレができるので、偏りなく鍛えられるのが良いです。

男性

最初から結構キツイです!筋肉痛になりました!

女性

30分で十分な運動になります!

男性

1ヶ月で2kg減量しました!目標まで頑張りたいです!

女性

初めて筋トレを『楽しい』と思いました!

女性

運動習慣がないので、本格的な筋トレに感じます。

女性

これだけの筋トレを、ゲームクリアの3ヶ月間も続けていれば、かなり鍛えられるのではないでしょうか?

女性

消費カロリーだけを見ると少ないですが、筋肉痛が効果を物語っています!

女性

筋トレは苦手でしたが、敵を倒すためだと思うと苦には感じません!

男性

便通が良くなりました。

男性

肩こりが楽になりました。

悪い口コミ

男性

マンションの場合は、ヨガマットで防音対策をした方が良さそうです。

男性

ゲームをクリアしてしまった後の、継続のモチベーションが心配です。

リングフィットの効果の評判まとめ

リングフィットには、圧倒的に良い口コミが多くありました。

自宅での筋トレって、モチベーションとの勝負になりますよね。

リングフィットは、筋トレと言っても『ゲームを進める』ために一生懸命にプレイするので、筋トレ継続のモチベーションがネックとなっていた人には、ピッタリです。

また、

思っていた以上に、筋トレがキツイ!

という口コミを多くあります。

これに関しては、

「思っていた以上にキツくて良い!」

と、良い評価をしている人がほとんどです。

たしかに、楽な筋トレだったら、鍛える前にゲームが終わってしまいます。

リングフィットが人気なのは、

本格的な筋トレができる点

もあります。

『ジムに通うくらいの価値がある』

と、評価する人もいるくらいですから、運動習慣のない人にとっては、運動後のクタクタ感をしっかりと味わえるでしょう。

スポンサーリンク

まとめ

リングフィットで行うことができる筋トレメニューは、60種類もあります。

毎日継続することで、全身を鍛えることができそうですね。

しかし、その消費カロリーは、

約10~20分程度のゲームで、50~80キロカロリー

という結果が多く見受けられます。

このカロリー消費に関して、

「リングフィットは消費カロリーが少ない!」

「本当に痩せるの?」

という声もありました。

しかし、リングフィットで筋肉量が増えれば、基礎代謝がアップします。

基礎代謝がアップすると、日中の消費カロリーもアップするので、

ダイエット成功への体づくりになることは間違いありません!

筋トレや運動は、『継続』が大事です。

リングフィットは、運動習慣がない人や、ジム通いが面倒で続かない人にとっては、継続のモチベーションを維持してくれるでしょう。

家に帰って、リングフィットによる筋トレをルーティンに加えてみてはいかがでしょうか?

関連記事

-ゲーム, ダイエット

© 2020 スピカ紀行