野球

プロ野球ペナントレース2020!パリーグの優勝予想(順位)と戦力を考察

2019年のパ・リーグは、西武が2連覇を果たしたものの、2年連続でクライマックスシリーズ敗退。

西武を破って日本シリーズに進出したソフトバンクがそのまま日本シリーズを制し、日本一3連覇を果たしました。

2020年のパ・リーグは、ストーブリーグでFAなどの選手の移動が激しかったため、戦力バランスが変化しました。

2020年のパ・リーグのペナントレースを制するのは一体どのチームなのか?

当記事で、プロ野球の2020シーズンの、パ・リーグの順位予想と、新戦力・抜けた戦力の分析をしていきます!

スポンサーリンク

プロ野球ペナントレース2020!パ・リーグの順位予想

プロ野球の2020シーズンは、3月20日から始まります。

リーグ3連覇がかかる西武、リーグ優勝と合わせて完全制覇での4年連続日本一を狙うソフトバンクなど、2020年もパ・リーグは熱い戦いが繰り広げられることでしょう。

そこで、まだキャンプインもしてませんが、一足早く2020年のパ・リーグの順位予想をしてみたいと思います。

とはいっても、実際に始まってみれば、怪我人や選手の好不調の波が同時期に押し寄せるなど、最終的にどうなるかは誰もわかりません。

そこで、今からする予想は、怪我人による離脱がないことを前提していきます。

2020年のパ・リーグ順位予想

1位:福岡ソフトバンクホークス

2位:東北楽天ゴールデンイーグルス

3位:埼玉西武ライオンズ

4位:オリックス・バファローズ

5位:千葉ロッテマリーンズ

6位:日本ハムファイターズ

2020年のパ・リーグは、ソフトバンクと楽天の首位争いに、少し離れて残り4チームが混戦に…

という状態を予想しています。

ただし、ベストメンバーのソフトバンクは、あまりにも強力すぎて隙がありません。

最終的には破壊力の差で楽天が力尽き、ソフトバンクが優勝するのではないでしょうか。

2019年は最下位だったオリックスは、怪我無しという前提であれば先発投手の計算ができますから、新戦力への期待も合わせて4位としました。

 

プロ野球ペナントレース2020!パ・リーグ各チームの戦力を分析

パ・リーグ各チームの、2019年限りで抜けた戦力と、2020年から加入する新戦力の分析をしていきます。

外国人選手の加入が大半だったセ・リーグに比べると、パ・リーグのストーブリーグは同じパ・リーグ間でFA選手の移動が多く、かなり戦力の変動がありました。

その戦力がもたらす影響がどのくらいなのか、考えていきます。

パ・リーグ2020各チームの戦力分析 福岡ソフトバンクホークス

主な抜けた戦力

福田秀平

主な新戦力

マット・ムーア、ウラディミール・バレンティン

正直なところ、このチームに関しては、語るところなしと言ってもほどのレベルですね。

選手層が厚く、野手、先発、リリーフと全ての戦力が整っていて、控えも他チームに比べれば充実しています。

春季キャンプのスタートでエースの千賀投手が別メニュー調整となりましたが、あくまで軽傷を強調しています。

東京五輪での日本のエースでもありますから、2020年はフル回転するためにじっくり調整していくことになりそうです。

ということで、ホークスの弱点はほとんどないでしょう。

2~3年後と、長い目で見れば、主力野手の高年齢化が問題になっているので、世代交代が急がれるところではありますが…

キーマンになるような選手はいなくてもいいのですが、あえて言うならば、

主力に何かあった際に穴を埋めてくれる、控え選手の台頭

でしょうか。

福田秀平選手が抜けてしまい、スーパーサブの選手が1人減ったのは、シーズンを戦う上では大きな痛手です。

しかも、グラシアル、デスパイネ、モイネロの3助っ人はキューバ代表に呼ばれているため3月中は不在ですからね。

次世代のスタメン候補という意味合いでも、若手の台頭が望まれるシーズンとなるでしょう。

 

新戦力はわずか2人だけなのも、補強するべき点がほとんどなかったことを感じさせます。

新たに加わったのは、ともに外国人で、1人は説明不要の大砲・バレンティン選手です。

NPBのシーズン最多本塁打記録の60本を打ったことが印象的かもしれませんが、

怪我で15試合しか出られなかった年を除いたすべての年で、30本塁打以上を記録している

という、安定してホームランを量産できる、すさまじいパワーもバレンティン選手の魅力!

また、調子がいい時は本塁打数だけでなく、打率も3割前後の数字を残せるため打撃に関して言えば文句はありません。

キューバ代表が不在の際も、その穴を埋めてくれるはずです。

柳田、バレンティン、デスパイネ、グラシアル…

こんな並びを見せつけられたら、相手投手は、きっとビビり散らかしてしまうでしょう。

(オリンピックの影響で、どれだけこの並びが見られるかという話ではありますが…)

 

もう1人のマット・ムーア投手は、2011年からずっとメジャーリーグで活躍している現役バリバリのメジャーリーガーです。

2019年は半月板の手術の影響で2試合の登板にとどまりましたが…

メジャー通算成績は、

181試合(894.2回) 54勝56敗 防御率4.51 奪三振806 与四球369

と期待できる数字です。

三振が取れる投手であり、マイナーでは

552イニングを投げて769奪三振

なので、かなりいい数字で、先発ローテーションの一角として活躍が期待できますね。

しかし、半月板の手術をしてシーズンを棒に振った次の年になることが不安要素です。

 

パ・リーグ2020各チームの戦力分析 東北楽天ゴールデンイーグルス

主な抜けた戦力

美馬学、今江年晶、嶋基宏、戸村健次、フランク・ハーマン

主な新戦力

涌井秀章、酒居知史、J・T・シャギワ、牧田和久、鈴木大地、ステフェン・ロメロ

2020年の楽天は、2019年以上に強いでしょうね。

美馬投手やハーマン投手が退団したのは痛いですが、新戦力のほとんどが主戦力級であり、総合で見ても戦力がプラスになったことは確実です。

 

まず、抜けた戦力として非常に痛手なのは美馬投手とハーマン投手でしょう。

ただでさえ手薄な先発陣なのに、1年間ローテを守れる美馬投手が抜けてしまったので、則本・岸の両投手に頼り切りになってしまいます。

とはいえ、貯金を作った年は少ないものの安定してローテは守れる辛島投手や、2019年に台頭した石橋投手もいます。

ですから、投手については気にはならず、その他にも松井裕樹投手が先発転向すると言われています。

 

また、手薄になりがちな先発陣の補強として、ロッテから涌井秀章投手を獲得したのも大きいですね。

中継ぎは、絶対的クローザーだった松井裕樹投手の先発転向、中盤まで勝ちパターンを務めていたハーマン投手の退団が大きいと思いきや…

森原宋家豪・ブセニッツと、もともと勝ちパターンは充実しているのであまり問題はなさそう。

その他にも青山投手や高梨投手がいるので中継ぎは現状でも充実しているのですが…

それに加え、シーズンオフには、

  • 美馬投手の人的補償で2019年に54試合20ホールドの成績を残した酒居知史投手
  • メジャー帰りの元西武・牧田和久投手
  • メジャー通算85試合登板のJ・T・シャギワ投手

と、実績のある中継ぎを大量に獲得し、ソフトバンクに勝るとも劣らない鉄壁リリーフ陣になりました。

野手陣も、ロッテからFAで鈴木大地選手が加入。

さらに、オリックスに3年間在籍し、通算69本塁打の大砲ステフェン・ロメロ選手も獲得しました。

先発が心許ないだけで、打撃の破壊力よし、リリーフの充実度もよしと、ほぼ弱点がありません。

歴代の楽天の中でも、5本の指に入る隙のなさでしょう。

 

ただ、嶋基宏捕手が抜け、キャッチャーには大きな穴が開いています。

大卒2年目の太田光捕手、高卒5年目の堀内謙伍捕手の若い二人が正捕手争いの中心です。

しかし、2019年には多くのチャンスをもらったものの、本当に投手陣の信頼を獲得できたことには疑問が残ります。

大事なゲームで岸投手や則本投手らエース級が先発する際には、ベテランの足立捕手がマスクをかぶっていました。

正捕手を獲得した選手が大きく成長し、活躍する一年になれば、ホークスとさらにいい勝負になりそうです。

 

そんな中、筆者がキーマンとして見ているのが、先発転向にチャレンジする

松井裕樹投手

です。

勝てる計算のできる先発が手薄な中、松井裕樹投手が先発転向で成功を収められるか次第で、楽天が優勝できるかどうかのカギを握るポイントになりそうです。

パ・リーグ2020各チームの戦力分析 埼玉西武ライオンズ

主な抜けた戦力

秋山翔吾デュアンテ・ヒース、カイル・マーティン

主な新戦力

リード・ギャレット、ショーン・ノリン、コーリー・スパンジェンバーグ、森越祐人、松坂大輔

2020年の西武を3位にしたのは、戦力があまりにも大幅に低下してしまったからです。

不動のリードオフマン・秋山翔吾選手が退団したことは、大きすぎる大打撃です。

とはいえ、12球団屈指の破壊力を持つ山賊打線は、まだまだ健在。

西武もさすがに戦力低下なのはわかっていたため、ポスト秋山候補として、スパンジェンバーグ選手を獲得しました。

スパンジェンバーグ選手は、2019年にはメジャー、マイナーどちらにも出場しており、

  • メジャー:32試合 .232(95-22) 2本 20打点
  • マイナー:113試合 .309(424-131) 14本 62打点

このような成績を残していて、マイナーでは活躍でき、通算打率も3割を超えています。

打率を稼げるタイプのバッターということで、確かにポスト秋山としては期待ができそうですね。

ただし2017年以降は三振率がそれまでの年と比べて10%ほど増加していて、四球もあまり選ばないタイプであることは留意しなければなりません。

 

西武の戦力を分析すると、もっと深刻なのは投手陣でしょう。

手薄な先発陣は、松坂大輔投手が久しぶりの西武復帰、さらにショーン・ノリン投手を獲得しました。

ただ、それ以上に悲惨なのがリリーフ陣です。

2019年のシーズンは、ただでさえリリーフ不足に苦しみ、平井投手は81試合も登板させられるなど酷使されていた状態なのに、

  • 34試合登板のヒース投手
  • 41試合のマーティン投手

イニングを稼いでくれていた、この2人の助っ人を退団させてしまいました。

その代わりに中継ぎを大量補強したかと言えばそんなことはなく、リリーフとしての起用を目的に獲得したのは、

ギャレット投手1人だけ

です。

ギャレット投手の2019年は、メジャー13試合に登板し、15.1回を投げ与四球13、防御率8.22という成績を収めています。

マイナーでは34試合に登板、40.1回を投げ三振40、四球19、防御率4.91と、まずまずの成績。

メジャーでも、ストレートの平均球速は154キロを超え、投球の6割がストレートなことから、ストレートでバンバン攻めていく投手のようですね。

 

西武のリリーフは、抜けた穴が大きく総合的に見ればマイナス。

81試合も登板した影響もありそうで、平井投手は2019年と同じ活躍ができるとは限らないでしょう。

終盤に中継ぎながら勝利を挙げるなどブレイクの兆しを見せた平良投手の活躍は期待できそうですが、それでもリリーフは、崩壊状態になることが予想されます。

そのうえ先発も手薄。

去年9月に頻脈性不整脈と診断され治療を続けている多和田信三郎投手は春季キャンプ不参加となり、復帰は未定。

『この戦力差では、ソフトバンクや楽天に勝てない』

ということで西武を3位に予想しました。

西武が優勝するためには、

ドラフトで多く獲得した即戦力ルーキーの活躍

に期待するしかありません。

よって西武のキーマンとなるのは、西武のルーキーの中でも即戦力になりうる、

  • 宮川哲投手
  • 浜屋翔太投手
  • 上間永遠投手

この3人でしょう。

パ・リーグ2020各チームの戦力分析 オリックス・バファローズ

主な抜けた戦力

ステフェン・ロメロ、ジョーイ・メネセス、クリス・マレーロ

主な新戦力

アダム・ジョーンズ、タイラー・ヒギンス、アデルリン・ロドリゲス

2019年は多くの人の予想通り最下位となったオリックス。

先発は比較的優秀でしたが、

リリーフの手薄さや、打線が足を引っ張る

などして負けに負けた印象があります。

 

まずは足を引っ張ることが多かった野手陣ですが…

痛手なのが、ロメロ、マレーロの両外国人が退団したことでしょうね。

しかし、その代わりに新外国人として、

  • メジャー通算282発の大砲アダム・ジョーンズ選手
  • マイナー通算174発のアデルリン・ロドリゲス選手

を獲得しています。

何と言っても注目なのは、アダム・ジョーンズ選手でしょう。

巨人のパーラ選手やヤクルトのエスコバー選手が比較にならないレベルの現役メジャーリーガーが来日したのですから!

2019年のメジャー成績は、

137試合 .260(485-126) 16本 67打点

という成績で、メジャー通算成績はというと…

1823試合 .277(7009-1939) 282本 945打点

であり、

オールスター5回出場、7年連続25本塁打

という素晴らしい記録も持っています。

ベテランになったとはいえ、まだメジャーでやっていける数字を残しているのです。

日米通算300本塁打、2000本安打、1000打点は間違いなく達成するでしょう。

メジャー通算282発のパワーはもちろんのこと、通算打率が.277で、そこまで酷い数字ではないのもいいポイント!

悪い点を言うなら、超積極的にスイングするバッターなので、打率に比べると出塁率は低いというところでしょうか。

 

投手陣は、先発ローテはかなり充実していますね。

山本、山岡の山山コンビを筆頭に、田嶋、張、K-鈴木、アルバース、竹安、榊原など、候補となりうる投手はいます。

一方でリリーフは不足しがち。

近藤、吉田、海田、比嘉、山崎福、澤田、クローザーがディクソン、増井あたりになるでしょうか。

リリーフに候補自体はたくさんいるものの、海田投手以外防御率が悲惨なのが気がかりです。

しかも防御率1.84の海田投手は、

酷使によって壊れた経験

があるためあまり酷使しないでほしいところ…

となると、候補だけはたくさんいるリリーフ陣が安定してくれることを祈るしかありません。

そこでカギを握るのが、

新外国人タイラー・ヒギンス投手

です。

ヒギンス投手はマイナー経験しかありませんが、190センチの長身から投げる平均151キロのストレート、カーブ、チェンジアップが武器です。

2019年は39試合で55イニングを投げ、奪三振65、四球13と優秀な成績を残しています。

日本にやってくるリリーフタイプにしては珍しく、

マイナー通算でも四球率は2.65、2019年は2.13

とコントロールが比較的安定しているのがいい点です。

日本の狭いストライクゾーンにも適応できるのではないでしょうか。

この手の投手でコントロールがいいとなれば、戦力としてかなり期待できそうです!

パ・リーグ2020各チームの戦力分析 千葉ロッテマリーンズ

主な抜けた戦力

鈴木大地涌井秀章、酒居知史、ブランドン・マン、マイク・ボルシンガー、ケニス・バルガス

主な新戦力

福田秀平、美馬学、フランク・ハーマン、ジェイ・ジャクソン、小野郁

2020年のロッテは、手薄だったリリーフを補強したことで、投手王国復活の兆しが見え始めています。

…が、しかし、野球というスポーツはいくら失点を0にしても、点を取れなければ勝てません。

即戦力の野手の補強が福田秀平選手のみという点が、相変わらず貧打の打線がカバーできていないため、健闘はできても、そこまで上位に食い込めないのではないかな…と感じた次第です。

さらに、兆しが見えているだけで、実際に投手王国復活となるかどうかは、2020年の成績次第ともいえるでしょう。

 

ロッテの戦力で、一番人材が揃っているのは先発です。

涌井投手が抜けてしまったものの、種市、石川、二木の3人に加えて、楽天から美馬学投手が加入しました!

これによって先発ローテは4人がほぼ内定、残りを岩下、小島、佐々木千らの若手が争う形になると思います。

 

2019年のリリーフ陣は勝ちパターンも安定せず、何とかやりくりしながらクローザーの益田投手に繋いでいた状態です。

そこで、ロッテは過去に他チームで勝ちパターンとして活躍していた実績のある助っ人外国人を獲得しました。

  • 楽天でセットアッパ―、抑えを務めたフランク・ハーマン投手
  • 広島でセットアッパーとして活躍したジェイ・ジャクソン投手

この2人です。

2人がどれだけの働きを見せるか次第で、ロッテのリリーフ陣の層が厚くなり、終盤に逆転されて負けることも減るでしょう。

ジャクソン投手とハーマン投手はロッテの2020年のキーマンと言えますね。

特にハーマン投手は去年まで楽天でプレーしていたので、パ・リーグでの経験も豊富。

ハーバード大学卒の秀才ピッチャーは、日本語もすでにマスターしていますので、新天地でもすぐにとけこんでいくのではないでしょうか。

打撃面は、主戦力になるような補強は福田秀平選手のみでした。

ロッテは外野の固定が、あまりできなかったため、福田秀平選手を獲得したわけですが、その福田秀平選手もソフトバンクではスーパーサブとしての活躍が光りました。

そのため、一番立った打席数も244打席…

フルで出場した経験がないため、1年通していい成績を残せるかというと疑問が残ります。

これまでの最高打率も.263でした。

ただ、逆に環境が変わって覚醒する可能性もあります。

福田秀平選手が新たな環境でどれだけの成績を残せるかも、ロッテの得点力に繋がるため期待です。

パ・リーグ2020各チームの戦力分析 北海道日本ハムファイターズ

主な抜けた戦力

田中賢介

主な新戦力

ドリュー・バーヘイゲン、クリスチャン・ビヤヌエバ

日本ハムは、主戦力の変動がほとんどありませんでした。

それだけに、現時点の選手たちでは落ちるも伸びるもなさそう…

日本ハムがAクラス入りするには、

若手が複数人台頭する必要がある

と言えますね。

戦力がほとんど変動していないので、日本ハムは新戦力の紹介だけをしていきます。

まずは、ドリュー・バーヘイゲン投手。

メジャーリーグでは主にリリーフとして活躍し、2019年の成績は、

22試合(58回) 4勝5敗 防御率5.90

という成績でした。

もう1人のビヤヌエバ選手は、2019年は巨人でプレーしていた助っ人です。

73試合に出場し、.223 8本 24打点

というまあ、助っ人外国人らしいなという成績でした。

シーズン通して使うと、もしかすればレアード選手のようになれるかもしれないだけに、日ハムの手腕が問われるところです。

スポンサーリンク

まとめ

2020年のパ・リーグの戦力分析と、順位予想をしてみました。

2020年は、楽天がかなり強くなるものの、やはり

経験と破壊力の差が違う

ということで、ソフトバンクを優勝予想にしました。

何と言っても、2019年の前半戦はあれだけ怪我人がいたにもかかわらず、シーズン2位で踏ん張りましたからね。

基本的にはソフトバンク、楽天の争い、残り4チームの争いが予想されますが、予定調和ではあまり面白くありません。

ダークホースとなるチームの登場に期待です。

関連記事

-野球

Copyright© スピカ紀行 , 2020 All Rights Reserved.