時事

悪質転売ヤーを稼がせない!転売屋バスターの潰す方法をチェック

新型コロナウイルスが世界中で猛威をふるっています。

感染を予防するために、手洗いやうがいを徹底し、マスクでウイルスを防御している人は多いですね。

しかし現在、ウイルス対策で誰もが必要としているマスクが、入手困難な状況が続いており、各地で悲鳴が聞こえてきます。

さらには、マスクだけでなくトイレットペーパーなどのペーパー類までも品薄に…。

 

こうした状況の中、フリマサイト『メルカリ』では、安い価格で大量に購入したマスクやペーパー類に高額な値段をつけて転売する

悪質な転売ヤー

が続出しています。

そんな人の弱みにつけこむ、悪質な転売ヤーを野放しにさせまいと、転売屋バスターという人たちが現れているそうです。

 

そこで今回は、悪質な転売ヤーを稼がせないために、転売を阻止している転売屋バスターがどのようにして転売ヤーを潰しているのか、その方法をチェックしてみました。

スポンサーリンク

悪質な転売ヤー

新型コロナウイルスの影響で、どこに行ってもマスクが手に入らず、品薄状態が続いています。

さらには、十分に在庫のあるトイレットペーパーなどのペーパー類がマスク同様に入手しづらくなるという

デマが流れた

ことによって、ペーパー類までもが品薄状態です。

スーパーやドラックストアに行くと、マスクのコーナーは閑散としており

『マスクは品切れ入荷は未定』

という張り紙が貼られているのです。

 

しかし現在、日本全国どこで新型コロナウイルスに感染するか分からないため、誰もがマスクを必要としています。

そのため、

『多少高くても、どうしてもマスクを手に入れたい』

と考える人は多いです。

そうした人々の心情を逆手にとって、悪質転売ヤーは『メルカリ』で悪事を働いています。

悪質転売ヤーは、現在売り切れ品薄が問題となっている

  • マスク
  • トイレットペーパー
  • ティッシュペーパー
  • 生理用品

などを安価で大量に入手し、

適正金額よりも何倍も高額な値段をつけて転売

しているのです。

そして、明らかに高額だとわかっていても、必要なものだとして買ってしまう人が続出しています。

悪質転売ヤーは、消耗品で生活に絶対必要なペーパー類や、新型コロナウイルス対策として必要なマスクを購入する人がいるとわかっている上で、高額で転売しているのです。

 

悪質転売ヤーを潰す転売屋バスターの方法は?

適正価格から、かけ離れた高額の値段で転売を繰り返す、悪質な転売ヤーを野放しにしておくことはできません。

そうした思いから、転売屋バスターなる人が立ち上がりました。

転売屋バスターとは、その名前の通り、

悪質な転売ヤーを成敗してくれる存在

です。

一体どのような方法で、悪質転売ヤーを潰しているのでしょうか。

コンビニ支払いにして支払わない

転売屋バスターは、まず悪質転売ヤーの商品を落札します。

そして、

支払い方法はコンビニ支払いを選択

するのです。

コンビニ支払いを選択した場合、支払いの猶予が2日となります。

しかし、2日以内に支払いが完了しなかった場合、

落札がキャンセル

となるのです。

落札がキャンセルとなったら、出品者である悪質転売ヤーは、もう一度出品する必要があります。

 

そして、また悪質転売ヤーが出品した高額な商品を転売屋バスターが落札し、支払いをしないというやり取りを

延々と繰り返す

ということでした。

『メルカリ』で高額商品を見つけ次第、転売屋バスターが落札して支払いをしないことで、一般人が購入することを防いでいるわけですね。

転売屋バスターのしている行為は問題?

転売屋バスターは、悪質転売ヤーを大人しくさせる救世主のようですが、一部では転売屋バスターの行為を問題視する声もあがっています。

一部のネットユーザーは、

これ威力業務妨害じゃね?

落札すると売買契約交わしたことにならんの?

一件くらいなら忘れてたで済むかもしれないが、複数やる人はそうは見なされないだろ

債務不履行じゃん

メルカリ側からすると、本来得られるはずの手数料収入が得られなくなるわけだから

業務妨害の犯罪だよね

転売は犯罪じゃないけどこれは犯罪でしょ

メルカリに対する業務妨害

犯罪じゃないものを叩くために犯罪行為を犯すって感覚が普通じゃない

一人の出品者に粘着すればまとまった金額の訴訟になるけど

浅く広くやると事実上立件難しいんじゃなかろうかね

といった意見がでていて、

『メルカリ』に対する威力業務妨害にあたるのでは?

と考えている人が多いですね。

 

しかし、一方で

悪質な出品者を取り締まらない運営がおかしい

ヤフオクとメルカリは犯罪の温床だからな、国がとっとと規制かけれよって話しだろ

盗品なんかめちゃくちゃ多いし、転売も規制しろ

メルカリもマスクやトイレットペーパー出品禁止になぜしないのだ

メルカリが対応しないからこうなってんだよなあ

といった意見もあり、

『メルカリ』がきちんと管理していないことがそもそもの問題である

と考えている人も多かったです。

 

もちろん、悪質な方法でお金稼ぎをしている転売ヤーが最もタチが悪いのですが、そのような状況を容認している『メルカリ』の運営方法にも問題はあるでしょう。

転売屋バスターは、正義の味方のようにとらえることもできますが、購入意欲がないにも関わらず落札して支払いをしないという点は、問題がありそうです。

スポンサーリンク

まとめ

フリマサイト『メルカリ』で、現在品薄となっているペーパー類やマスクを

安い価格で大量に購入し高額で転売

している悪質転売ヤー。

その悪事を許さない転売屋バスターは、

悪質転売ヤーの商品を落札し、支払いをしないという行為を繰り返す

といった方法によって、悪質転売ヤーを潰しています。

しかし、転売屋バスターのやり方は、

威力業務妨害にあたるのではないか?

という声もあがっていました。

悪質転売ヤー、転売屋バスター、そして『メルカリ』の運営方法、それぞれに問題があると言えるでしょう。

不正な転売をさせないことが、一番の解決策になるため『メルカリ』などのサイトの運営の仕方を見つめ直す機会になるといいですね。

関連記事

-時事

Copyright © スピカ紀行 , All Rights Reserved.