雑学

金と銀のエンゼルが当たる確率とおもちゃの缶詰の中身をチェック【チョコボール】

森永製菓の『チョコボール』といえば、

金のエンゼル、銀のエンゼルがあり、集めると『おもちゃの缶詰』と交換できる

という要素がありますよね。

銀のエンゼルは5枚、金のエンゼルは1枚で『おもちゃの缶詰』と交換できるのですが…

どのくらいの確率で銀のエンゼル、金のエンゼルが当たるのか気になりますよね。

とくに、

金のエンゼルは当てることが非常に困難

と言われています。

当記事では、森永製菓の『チョコボール』について、金のエンゼルと銀のエンゼルが当たる確率や、集めると交換できる『おもちゃの缶詰』の中身について紹介します。

スポンサーリンク

【チョコボール】金のエンゼルと銀のエンゼルが当たる確率は?

森永製菓の『チョコボール』には、

箱上部のくちばしをイメージした取り出し口の側面に、時々普通とは違った絵

が描かれていることがあります。

天使の絵が描かれている、それこそ、

銀のエンゼル、金のエンゼル

です。

銀のエンゼルを5枚、金のエンゼルは1枚で『おもちゃの缶詰』と交換できるのですが、集めるには苦労する話はよく耳にします。

いったい、『おもちゃの缶詰』を手に入れるのはどれくらい難しいのでしょうか?

銀のエンゼルと金のエンゼルが当たる確率を調べてみます。

 

…とはいっても、実は、

公式に銀のエンゼルと金のエンゼルの当たる確率は、明かされていません。

公式な情報がないので、今までに検証などで大量に購入した人たちのデータから、金のエンゼルと銀のエンゼルの当たる確率を調べてみました。

 

まずは、Twitterで有名な、1日1回チョコボールを開封しているユーザーのデータです。

2020年3月12日時点でこのユーザーは、2204個の『チョコボール』を開封していて、そのうち各種エンゼルが出たのは以下の通りです。

銀のエンゼル:80枚

金のエンゼル:1枚

なんと、2200個以上も開封しているのに、金のエンゼルは今までに1枚しか出ていません!

銀のエンゼルも80枚しか出ていません。

 

続いて、こちらのブログで、『チョコボール』1000個を買って検証していた結果がありました。

銀のエンゼル:36枚

金のエンゼル:1枚

1000個買っても、金のエンゼルは、たった1枚…。

 

3例目は、人気Youtuberのヒカルさんが『チョコボール』を1000個買って検証した時のデータです。

ヒカルさんが1000個買った結果は、

銀のエンゼル:40枚

金のエンゼル:2枚

このようになりました。

金のエンゼルが2枚も当たっていますね。

かなりの豪運の持ち主だと言えます。

 

テレビ番組の企画でも、金のエンゼルが出るかどうか検証したものがいくつかあります。

その結果はというと…

『ロケみつ』での企画(総数3618個)

銀のエンゼル:69枚

金のエンゼル:1枚

『よるこ』での企画(総数2250個)

銀のエンゼル:60枚

金のエンゼル:1枚

『月曜から夜ふかし』での企画(総数915個)

銀のエンゼル:42枚

金のエンゼル:1枚

このようになりました。

こうして見てみると、『月曜から夜ふかし』の915個目での出現は、かなり運がいいほうに思えます。

 

これらのデータから、銀のエンゼルと金のエンゼルの確率を計算すると…

金のエンゼルの当たる確率:約0.06%

銀のエンゼルの当たる確率:約2.9%

このようになります。

なんと、金のエンゼルの当たる確率は0.1%以下!

約0.06%しかありません。

この確率が、どのくらい出にくいのかというと、

1400個くらい買って、ようやく1回出てきてくれるかどうか

という数字です。

一方の銀のエンゼルが当たる確率は、集計が約2.9%になったので、約3%としておきます。

理論上では、約30個に1回は銀のエンゼルが出てくるため、『おもちゃの缶詰』を手に入れようとする場合、

銀のエンゼル5枚と交換する方が、明らかに現実的

ですね。

金額としては、銀のエンゼル5枚なら約10,000円、金のエンゼルなら約88,000円かかりますよ。

 

チョコボールのおもちゃの缶詰の中身は?

『チョコボール』の銀のエンゼルもしくは金のエンゼルと交換できる『おもちゃの缶詰』は、

チョコボールオリジナルの玩具の詰め合わせ

となっており、ラインナップは1~2年おきに更新されています。

 

現在、『おもちゃの缶詰』の中身は、どんなラインナップになっているのでしょうか?

2020年3月現在、応募することのできる『おもちゃの缶詰』は2種類あります。

  • 『走る!キョロちゃん缶』
  • 『ふしぎなキョロちゃん缶』

です。

それぞれ、どんな中身なのかチェックしていきましょう。

 

まずは、『走る!キョロちゃん缶』について。

こちらは、2020年2月のリニューアルで登場した新作です。

このおもちゃの缶詰は中身を開けて、その中身で遊ぶというものではなく、

「よーい、ドン!」の掛け声に合わせて走り出すおもちゃ

というタイプで、紹介ムービーも公開されています。

この動画を見る限り、

  • さまざまなモードがあり、モードに応じた走り方やセリフが存在する
  • 転ぶと泣いてしまう

などの特徴があるようです。

モードについては、動画内では???とされていたうえに、まだ『走る!キョロちゃん缶』が出たばかりでデータがなく不明です。

 

もう1つの『ふしぎなキョロちゃん缶』は、サイエンスプロデューサーの米村でんじろう先生が監修した缶詰です。

缶詰の中身は、

  • モーターカーの部品
  • LEDライト
  • くるくるファン
  • 風船
  • プロペラ
  • 紙プレート

などが入っていて、楽しいサイエンス系の遊び方が30種類用意されています。

でんじろう先生監修というだけあって、中身の部品を使った走るモーターカーや飛ぶプロペラ、回すと不思議なことが起こるプレートなど、かなり奥深いみたいですよ。

大人でも楽しめそうですね!

スポンサーリンク

まとめ

今回は、森永製菓の『チョコボール』について、銀のエンゼルと金のエンゼルが当たる確率や、それらを集めると交換できる『おもちゃの缶詰』の中身について紹介しました。

まさか、

銀のエンゼルですら当たる確率が3%ほどしかなく、金のエンゼルに至っては0.1%未満

だったことは、驚きですね。

『おもちゃの缶詰』を手に入れようとするなら、銀のエンゼル5枚と交換するのが現実的です。

それでもチョコボール約30個に1回の確率でしか、銀のエンゼルは出てきません。

しかも、『おもちゃの缶詰』は、1~2年でラインナップが変わります。

『おもちゃの缶詰』を全種類集めようとすると、膨大なチョコボールが必要になることは間違いありません。

関連記事

-雑学

© 2020 スピカ紀行