スポーツ

プロ野球の警告試合の意味とは?危険球や退場など警告試合になる条件をチェック

更新日:

プロ野球の試合において、時々話題になる

『警告試合』

しかし

  • 警告試合は、どういう基準で起こるのか?
  • 警告試合後は、どんな変化があるのか?
  • 警告試合そのものに、どういう意味があるのか?
  • 危険球や退場と関係あるのか?
  • サッカーのようなカードによるペナルティのシステムではなく、なぜ警告試合なのか?

といった謎や疑問があります。

そこで、ひとつひとつそれらの謎や疑問に回答していきます。

スポンサードリンク

プロ野球における警告試合とは?

そもそもプロ野球の警告試合というのは、一体何なのでしょうか?

この警告試合というのは、両チーム間での大きなトラブルである乱闘や危険球、または、危険なプレーでの報復合戦などを

未然に防止するための対策

なのです。

たとえばピッチャーが、連続でバッターに死球を与えるような状況があったりします。

そういう時は、相手チームの選手は憤慨して、あとで

報復を与える、または乱闘騒ぎになる

などが想定されます。

しかしここで警告試合というシステムがあると、そういったトラブルを防止するのに大いに役立つのです。

 

警告試合の意味

サッカーには、イエローカードやレッドカードがあります。

また、

「次回ファールした場合はカードが提示されますよ」

という意味での『注意』もあります。

さらには、ペナルティキック、フリーキックなど、様々なペナルティのシステムが揃っているのです。

しかし、プロ野球には選手の試合出場を制限させたり、試合を対戦相手にとって有利にさせる

ペナルティのシステムがありません。

ですからサッカーにあたるファウルなどの危険な行為があっても

ピンポイントで該当の選手にペナルティを与えることはできないのです。

ですから最悪の場合、報復の連鎖が止まらず、試合不能状態、はたまたリーグ戦全体が不能状態となっても不思議ではないのです。

そこで警告試合の出番になります。

球審をはじめとする審判団が『警告試合』と宣言した試合中、少しでも報復行為だとみられるプレーが見られた場合は

即刻該当選手を退場させる

ことができます。

選手に対して、

退場への危機感を持たせること

で報復の連鎖を起こさせないというのが、警告試合のもつ効力なのです。

 

警告試合になるまでの流れ

警告試合が発生する条件は、双方のチーム同士が険悪な雰囲気になった時です。

険悪な雰囲気になる発端として連続死球、小競り合い、睨み合いが挙げられます。

もしそんな状態になった場合、審判団は『警告試合』を宣言することができ、

退場へのハードルがぐっと低くなった状態

で試合が続くことになります。

もちろんその間、選手は慎重なプレーが求められます。

 

危険球と警告試合

野球の乱闘

野球の乱闘

ピッチャーの投げた球がバッターの頭に当たった場合、危険球と判断され、ピッチャーは即退場させられます。

よく、

「危険球を投げると警告試合になるのでは?」

と思われがちですが、あくまでも

両チーム間の雰囲気が判断材料

となります。

ですから、たとえ危険球が出ても、双方の該当選手が和解などをして、円満にその場が解決できれば、警告試合にはなりません。

ですが、反対に危険球が原因で、双方のチーム間で睨み合いが始まり、険悪な雰囲気になれば、これは一気に警告試合の対象になるのです。

 

なぜプロ野球は警告試合というルールがあるのか?

プロ野球は試合数が多いから

プロ野球は試合数が多く、毎日のように開催されています。

そして、サッカーのレッドカードのように次の試合出場停止などになっても、先発ピッチャーなら、連日試合出場するということもありません。

ですから選手にとっても、チームにとっても、試合の出場停止は大きなダメージではないのです。

ポジションによる危険度の違い

野球はポジションによって、危険行為にまで及ぶ機会の回数が劇的に違います。

ライトやセンターなどの外野手は、相手選手と接触するという事はまずありません。

しかしピッチャーの場合は違います。

毎回バッターめがけて球を投げ込むわけですから、しょっちゅう危険行為を行っているようなものです。

ですから、もしペナルティのシステムがあった場合、

一方的にピッチャーばかりがペナルティの対象になってしまいます。

これでは平等なシステムとは言えません。

ですから野球では他の方法で、試合を円滑に進める必要があるのです。

野球は他の競技とは違う独特の雰囲気、拘束があるため

イエローカード、レッドカードのルールは、サッカーに限らず他の多くの競技で採用されています。

なぜなら、サッカーと何かしら似ている要素が随所にあるため、採用しやすいのです。

しかし野球は他の競技とは一線を画しています。

点数の上限も制限時間もない競技は、野球だけです。

他の競技は、必ずどちらかの制限があります。

しかも、守備ではピッチャーというポジションだけが、すごく動いて、他の守備の選手は、バッターが球を打った時以外は、動きません。

さらには、攻撃の出番と守備の出番が明確に分かれています。

攻撃時にはバッターボックスに入っている選手以外は、ずっと待機しているだけです。

このような競技では、サッカーのようなカードによるペナルティのシステム導入は

不可能

と言わざるを得ないのです。

スポンサーリンク

 

まとめ

プロ野球の警告試合についてまとめると、

  • 警告試合は両チーム間の報復合戦を未然に防ぐためのシステム。
  • 選手に退場処分への危機感が生まれるから、警告試合に意味がある。
  • 警告試合が宣言される発端は、連続死球、小競り合い、睨み合いが始まった時。
  • 両チーム間の雰囲気が警告試合を宣言する基準になる。危険球などが決め手ではない。
  • 野球は他の競技とは違う独特な構造なため、サッカーのペナルティのシステム導入は不可能。それゆえに警告試合というルール。

になりました。

そもそも両チームが

フェアプレーに徹することが出来れば

このような複雑なルールも必要ありませんよね。

関連記事

-スポーツ

Copyright© スピカ紀行 , 2019 All Rights Reserved.