野球

中日の2020年シーズンのコーチを一覧チェック!年俸はいくら?

与田剛監督2年目のシーズンとなる2020年の中日ドラゴンズ。

怪我人に悩まされるシーズンとなっています。

アクシデントによる主力選手の離脱は、選手層の薄い中日にとって、大きな痛手です。

 

そんな時に重要になってくるのが、離脱した主力の穴を埋める選手を育てられるかどうか。

つまり、

選手を育てる中日のコーチ陣がカギを握る

と言っても過言ではありません。

 

では、2020年の中日のコーチ陣は、どんな顔ぶれなのでしょうか?

この記事では、中日の2020年シーズンのコーチ一覧、そしてコーチの年俸を紹介していきます。

スポンサーリンク

中日の2020年シーズンの1軍コーチ一覧と年俸

中日ドラゴンズの2020年シーズンのコーチを、1軍と2軍に分けて紹介していきます。

まずは、1軍のコーチからです。

役職
名前
背番号
年俸
監督与田剛921億円
ヘッドコーチ伊東勤835000万円
巡回打撃コーチアロンゾ・パルエル933000万円
打撃コーチ村上隆行852000万円
打撃コーチ栗原健太732000万円
投手コーチ阿波野秀幸742000万円
投手コーチ赤堀元之842000万円
バッテリーコーチ中村武志802000万円
内野守備走塁コーチ荒木雅博882000万円
外野守備走塁コーチ英智892000万円
コンディショニングコーチ三木安司911200万円
コンディショニングコーチ塚本洋951200万円

1軍のコーチは、以上の顔ぶれになりました。

 

2020年から新たにスタッフとして加わったのは、

アロンゾ・パウエル巡回打撃コーチ

栗原健太打撃コーチ

の2人です。

アロンゾ・パウエルコーチは、中日の選手として在籍していたこともあり、

外国人野手として初の3年連続首位打者

を記録するなど活躍しました。

パウエル

引退後は、3Aやメジャーリーグの打撃コーチを経て、2020年から1軍と2軍を巡回する、巡回打撃コーチとして中日に帰ってきたのです。

 

もう1人の栗原健太コーチは、現役時代は広島・楽天でプレーしていたスラッガーです。

栗原健太

現役引退後は、楽天でコーチを務め、この時の縁から、中日の打撃コーチとして招聘されたと思われます。

栗原健太コーチが楽天でコーチをしている時、与田監督も投手コーチとして楽天に在籍していた。

 

コーチ一覧を見ると、年俸の法則がわかりますね。

  • ヘッドコーチは5000万円
  • 巡回コーチは3000万円
  • 普通のコーチは2000万円
  • コンディショニングコーチは1200万円

おそらく、ヘッドコーチは変動制だと思われます。

伊東勤ヘッドが、監督経験もある実力者ゆえに、この年俸になっているのでしょう。

というのも、落合監督時代にヘッドコーチを務めていた森繁和さんの年俸は、3000万円台後半~4000万円台で変動していたからです。

伊東勤ヘッドの年俸が、5000万円台の大台に乗るのは、実績も加味されていると推測できますね。

 

中日の2020年シーズンの2軍コーチ一覧と年俸

次は、2軍のコーチ一覧です。

役職
名前
背番号
年俸
監督仁村徹723000万円
野手総合コーチ立石充男902000万円
打撃コーチ波留敏夫712000万円
投手コーチ門倉健872000万円
投手コーチ小笠原孝862000万円
投手コーチ浅尾拓也812000万円
バッテリーコーチ武山真吾752000万円
内野守備走塁コーチ渡邉博幸762000万円
外野守備走塁コーチ工藤隆人782000万円
研修コーチ李鍾範79不明
コンディショニングコーチ水野裕都941200万円
コンディショニングコーチ宮前岳巳961200万円

2020年から、2軍監督は仁村徹監督が就任。

仁村徹監督は、現役時代は兄・薫さんとともに、仁村兄弟として中日でプレーしました。

引退後は、1998年から2001年まで中日で2軍監督を務めています。

2軍監督の年俸は、普通のコーチよりは高いですが、金額としては巡回コーチと同額になっています。

 

また、2014年から中日に移籍してプレーし、2019年シーズン限りで現役を引退した武山真吾さんがバッテリーコーチに就任。

その他では、1軍、2軍の内野守備走塁コーチを何度も務め、2019年はスコアラーとなっていた渡邉博幸さんがコーチに復帰しています。

 

最後に紹介するのは、アロンゾ・パルエル巡回コーチと同じく、現役時代は中日でプレーした助っ人外国人のあの人です!

星野監督時代を知る人なら覚えているであろう、李鍾範研修コーチです。

2020年2月28日に、研修コーチとして中日に1年間在籍することが決まり、11年ぶりの中日復帰となりました。

年俸は不明でしたが、コーチの研修であること、加藤球団代表が、

「自費での研修です」

と発言していることから、年俸はゼロの可能性もありますね。

スポンサーリンク

まとめ

中日におけるコーチの年俸は、

  • ヘッドコーチが、通常のコーチの2倍以上(人によって変動)
  • 巡回コーチが3000万円
  • 通常のコーチが2000万円
  • コンディショニングコーチが1200万円

となっています。

 

そして、2020年から加わったコーチのメンツを見てみると、アロンゾ・パウエル巡回コーチや李鍾範研修コーチなど、中日ファンにとって懐かしい名前が多く見られますね。

筆者としては、栗原健太コーチが加入したことは、意外でした。

中日と縁がなく、まだ若いにも関わらず招聘されたことは、楽天時代に共にコーチとして活動していた、与田監督の要望と思われます。

栗原健太コーチに、指導力で光るものを見出したのでしょうか。

近年の中日は貧打、そして長打不足に苦しんでいます。

現役時代に4番として活躍した栗原健太コーチの指導に期待したいものですね!

関連記事

-野球

© 2020 スピカ紀行