アーカイブ

チョコモナカジャンボは小さくなった?カロリーや大きさをチェック

森永製菓の大人気アイス『チョコモナカジャンボ』。

0.7秒に1個売れている

という、すさまじい売れっぷりのこのアイス。

でも実は、

サイズが小さくなった?

と、チョコモナカジャンボの大きさが小さくなっている声が、よく見られます。

本当に、チョコモナカジャンボは大きさが小さくなったのでしょうか?

 

この記事では、チョコモナカジャンボの大きさが本当に小さくなった真相や、カロリーをチェックしてみました。

スポンサーリンク

チョコモナカジャンボの大きさが小さくなった?

森永製菓から発売されているチョコモナカジャンボ。

アイスモナカの中に、板チョコレートが挟まっている、画期的なアイスで、

中のチョコレートのパリパリ食感

が、ウリになっている商品です。

また、モナカがふやけることを防ぐために、

チョコレートオイルが、モナカの内側に塗られている

ことも特徴ですね。

兄弟商品として、中に板チョコレートが入っていない、『バニラモナカジャンボ』もあります。

(筆者はバニラモナカジャンボが好きです)

 

チョコモナカジャンボが発売されたのは、なんと1972年!

2022年には、発売50周年を迎える

という超ロングセラー商品でもあります。

50年近く人気を保っているだけに、愛好者は多くいるのですが…

 

SNSを見ていると、そんなチョコモナカジャンボ愛好者たちから、

チョコモナカジャンボの大きさが、昔より小さくなった

という内容の投稿が、時折見られるのです。

 

Twitterの投稿を見てみると、最も古い投稿で、

2011年にチョコモナカジャンボが小さくなった気がする

というツイートを発見。

それから毎年のように、年間1~3ツイートくらい、

チョコモナカジャンボが小さくなってる

というツイートを見かけるようになりました。

はたして、本当にチョコモナカジャンボの大きさは、小さくなっているのでしょうか?

その真相を調べてみました。

 

…が、しかし、どれだけ調べてみても、

大きさが小さくなったことを指摘するSNSや掲示板の投稿しかありません。

実際に、大きさを検証した証拠となる情報はないのです。

価格が変わらないまま、内容量を減らしているシュリンクフレーション、いわゆる実質値上げをした商品をまとめている、『いつの間にか容量が減っている商品wiki』にも、

チョコモナカジャンボのページは存在しません。

しかも、2013年のツイートでは、チョコモナカジャンボが小さくなったツイートに対し、森永製菓の公式アカウントが反応をしたことがあったのです。

そのツイートがこちら。

公式アカウントの発言ですから、チョコモナカジャンボの大きさは変わっていないのでしょう。

事実、チョコモナカジャンボの内容量は、このツイートのあった2013年の時点で、150mlとパッケージに記載されています。

2013年に150mlとツイートしている人の発言

そして、現在のチョコモナカジャンボの内容量はというと…

150ml!

これは森永製菓の公式サイトの商品情報にも、しっかりと記載されている数字です。

2013年から内容量が変わっていないことは、必然的に大きさも変わっていないことになります。

 

つまり、

チョコモナカジャンボの大きさは、昔と変わっていない

ということになりますね。

おそらく、

  • 自身の成長によって、チョコモナカジャンボが昔より小さく感じた
  • 昔の記憶が曖昧で、勘違いしている

といった理由から、小さくなったと思い込んでしまっているだけ。

 

そもそもの話、チョコモナカジャンボは、大きさを変えずに値上げしている側です。

チョコモナカジャンボは過去に、原材料費や物流費の高騰から、

  • 2015年に120円→130円
  • 2019年に130円→140円

といった、2回の値上げを実施しています。

実質値上げではなく、値上げをすることで、チョコモナカジャンボの大きさを変えない選択を選んだのです。

そのため、

チョコモナカジャンボの大きさは、変わっていない

これが結論です。

 

ただ、商品の中には、中身が詰まっているかどうかの違いで、重さが1、2g変わることはあるみたいですよ。

 

チョコモナカジャンボのカロリーはいくつ?

チョコモナカジャンボ

チョコモナカジャンボのカロリーはどのくらいあるのでしょうか?

それなりの大きさなので、結構カロリーがありそうですよね。

 

チョコモナカジャンボのカロリーは、森永製菓の公式サイトによると、

302キロカロリー!

 

兄弟商品のバニラモナカジャンボは、259キロカロリーですから、チョコがある分、カロリーが高いことなのでしょう。

また、他のアイスモナカと比べて、サイズが大きいため、

他社のアイスモナカが120~30Kcalなのに比べると、森永製菓のアイスモナカは、倍以上カロリーが高いのです。

スポンサーリンク

まとめ

SNSでは、チョコモナカジャンボの大きさが小さくなった投稿がよく見られたのですが、

実際に大きさが小さくなっている事実は、確認されていません。

つまり、チョコモナカジャンボの大きさが小さくなったと感じている人は、

勘違い

ということになります。

 

カロリーは、302Kcalと高めです。

モナカ系のアイスとしては、高いカロリーと言えますね。

食べ過ぎると大変なことになりますから、ダイエット中の人は気をつけてください。

関連記事

  • この記事を書いた人

watari1

創作活動を趣味にしている、中部地方在住の20代男です。 これまで世の中に関心が持てず、これといって誇れるものも持っていないため、ペシミズム的な思考でなんとなく日々を消化しているだけでした。でも、昨今の世界情勢や周囲の環境の変化で生活への不安を感じ、活動できる場を持ちたいと思うように。 記事の執筆を通じて、新たな知識や物の見方を増やしていきます。

-アーカイブ