食べ物

雪見だいふくのサイズが小さくなった?大きさや容量をチェック!

『おもちもちもち 雪見だいふく』のフレーズで有名なロッテのアイス『雪見だいふく』。

2019年4月~2020年3月の1年間で、初の年間売上100億円を突破!

2021年に発売40周年を迎えるロングセラー商品が、人気の限界をさらに突き抜けています。

 

そんな『雪見だいふく』ですが…

サイズが小さくなった!

との話を耳にするようになりました。

人気の裏には、お菓子・アイス業界に多いサイズ縮小疑惑が出ています。

 

実際のところ、『雪見だいふく』はサイズが小さくなったのでしょうか?

この記事では、ロッテの『雪見だいふく』について、大きさや容量の変化を紹介していきます。

スポンサーリンク

『雪見だいふく』のサイズが小さくなったとの噂

1981年に発売された『雪見だいふく』は、

アイスクリームの外側を薄い求肥で包み、大福のような食感が味わえるもっちりアイス

という異色といえるアイスです。

 

その独特の特徴が人気で、今やロッテを代表するアイスの1つになったのですが…

Twitterや個人ブログを見ていると、必ずと言っていいくらい、『雪見だいふく』について見かける話題があります。

その話題というのが…

『雪見だいふく』のサイズが昔より小さくなった

という疑惑です。

確かに、『雪見だいふく』が小さくなったとツイートしている人は、多くの人で確認できました。

とくに小さくなった声が多くなったのは、ここ数年のことです。

 

33才女性

雪見だいふくちょっと小さくなった?

30才男性

雪見だいふく久々に食べたが小さくなった

いや、自分の口がでかくなったのか?

25才女性

昔はこんな小さくなかったはずだけど、気のせいかな?

 

ネットでは、このような感じで『雪見だいふく』が小さくなったと感じられています。

 

『雪見だいふく』のサイズが小さくなったのは本当?

雪見だいふく

『雪見だいふく』は、本当にサイズが小さくなったのでしょうか?

かつて子供の消費者が成長して大人になり、以前よりも小さく見えているだけかもしれませんよね。

 

そこで、『雪見だいふく』のサイズを調べてみると…

確かに、『雪見だいふく』は大きさが小さくなっている

という事実が判明します。

内容量が減った商品をまとめている、『内容量が減った商品wiki』にも、しっかりと『雪見だいふく』のページがありました。

それによると…

2007年の内容量:50ml×2個

2011年の内容量:47ml×2個

このようになっていました。

『雪見だいふく』は、

2011年に、1個の内容量が3ml減っていたのです!

 

内容量が減っているならば、大きさが小さくなったのも頷ける話ですよね。

ただ、2011年以降は『雪見だいふく』の"サイズは"変わっていません。

あくまでもサイズは!ですが。

 

というのも、2011年は雪見だいふくの『内容量を減らす対応』をしたのですが、

2019年には、価格を130円→140円に値上げした

のです。

原材料や包装資材価格、物流費や人件費の高騰などから、値上げに踏み切りました。

 

ちなみに、まだ大きかった頃、2007年当時の『雪見だいふく』の価格はというと、

なんと、たったの89円!

12年で、価格が一気に51円も値上がりしてしまったんですね。

それに加え、『雪見だいふく』はサイズが小さくなっています。

実質値上げをして、さらに値上げ…

メーカーにとって仕方ない部分はあるものの、寂しさを感じてしまいますね。

スポンサーリンク

まとめ

2007年の時点では、50ml×2個だった『雪見だいふく』は、

2011年に内容量が47ml×2個となり、小さくなったのは事実

と言えました。

具体的なサイズの比較画像はありませんでしたが、内容量が、1個3ml、2個で6ml減っているんです。

数字だけで見ると、大したことなさそうですが、

見た目が小さくなった

と感じている声が多く見られます。

1個3mlの減少は、思った以上に大きな変更なのでしょう。

今後は、これ以上『雪見だいふく』が小さくならないことを、祈るばかりです。

関連記事

-食べ物

© 2020 スピカ紀行