俳優 芸能人

昭和の仮面ライダーに出演した歴代主役俳優をまとめてみた!

仮面ライダーシリーズは、昭和ライダーから始まり、平成ライダー、そして令和ライダーと続いています。

現在の仮面ライダーシリーズがあるのは、栄光の昭和ライダーたちがいたからこそ…。

 

では、そんな昭和ライダーで主役を演じた俳優たちは、どんな顔ぶれが揃っているのでしょうか?

この記事では、仮面ライダーシリーズの基礎を作り上げてきた歴代昭和ライダーの主役俳優を紹介していきます。

スポンサーリンク

昭和ライダーの主役俳優一覧

歴代昭和ライダーの主役俳優を紹介していきます。

 

『仮面ライダーBLACK RX』以降など、平成に作られた作品も中にはありますが、ここでは、

昭和ライダーの作風で作られている作品は、公式でも昭和ライダー扱いされている

ことに準拠しています。

『仮面ライダー』:藤岡弘、と佐々木剛

第1作目となった『仮面ライダー』は、

本郷猛役:藤岡弘、さん

一文字隼人役:佐々木剛さん

の二人が主役を務めました。

 

もともと仮面ライダー1号の本郷猛だけで進むはずでした。

しかし途中で、藤岡弘、さんのバイク事故により、仮面ライダー2号である一文字隼人という役が誕生します。

『藤岡弘、さんの役を奪いたくない』

という想いから、ダブルライダーが生まれ、結果的に『仮面ライダー』を大人気作品へと押し上げていったのです。

『仮面ライダーV3』:宮内洋

テレビシリーズ2作目となる『仮面ライダーV3』は、

最高視聴率38%

という、仮面ライダーシリーズ歴代最高視聴率を記録した作品です。

 

最高視聴率をとった要因の一つが

主役の風見志郎役:宮内洋さん

の存在が大きかったでしょう。

派手なアクションやストーリーも、良い要素でしたが、それに加えてイケメンな宮内洋さんの存在が大きかったのです。

 

宮内洋さんは、『仮面ライダーV3』の風見志郎役以外にも、

  • 『快傑ズバット』:早川健(主人公)
  • 『秘密戦隊ゴレンジャー』:アオレンジャー/新命明
  • 『ジャッカー電撃隊』:行動隊長ビッグワン/番場壮吉
  • レスキューポリスシリーズ3部作:正木俊介本部長
  • 『超力戦隊オーレンジャー』:三浦尚之参謀長

といった役でレギュラー出演しています。

仮面ライダーシリーズ、スーパー戦隊シリーズ、メタルヒーローシリーズ全てで重要な役で出演した、まさに特撮界になくてはならない存在なのです。

『仮面ライダーX』:速水亮

仮面ライダーXである神敬介役を演じたのが、速水亮さんです。

一般的には、『花王 愛の劇場』の『乱れる』によるヒット以降、昼ドラに多く出演するようになった俳優として有名ですね。

その後は、サスペンスを中心に多くのドラマに出演していました。

2012年に、難病の自己免疫性胆管炎であると診断され、現在は闘病生活を送っています。

『仮面ライダーアマゾン』:岡崎徹

明らかに子供受けしない見た目、グロさのある必殺技など、仮面ライダーの雰囲気がガラッと変わったのが、『仮面ライダーアマゾン』という作品でした。

そんな『仮面ライダーアマゾン』で主役・山本大介役を務めたのは、岡崎徹さんです。

 

岡崎徹さんは、

俳優活動がわずか5年

と短く、芸能人としての活動も、たった6年で引退し、謎の多い人物です。

 

というのも、実は岡崎徹さんは、『仮面ライダーアマゾン』の翌年に、右足複雑骨折により長期入院。

療養のために、芸能界引退という道を選んだからです。

芸能界引退後の現在では、主に特撮関連のイベントに出演しています。

『仮面ライダーストロンガー』:荒木しげる(荒木茂)

『栄光の7人ライダー』

と呼ばれる、昭和ライダー1期最後の作品が、『仮面ライダーストロンガー』です。

主役を務めたのは、城茂役:荒木しげるさん(旧芸名:荒木茂)でした。

 

もともとは、『フォー・セインツ』のドラムとして音楽活動をしていた荒木しげるさん。

俳優として出演するようになってからは、『特捜最前線』や『暴れん坊将軍』にレギュラーで出演。

また、地方選挙に2回出馬するなど、政治家への道を考えていたこともありました。

晩年は、喫茶店のマスターを務め、ファンとの交流などもしていましたが、2012年に、アスペルギルス症併発の肺炎で亡くなりました。

仮面ライダーシリーズの主人公俳優では、唯一の故人となっています。

『仮面ライダー(新)』(スカイライダー):村上弘明

昭和ライダー2期となる最初の作品『仮面ライダー(新)』(スカイライダー)で主人公・筑波洋を演じたのは、村上弘明さんです。

 

村上弘明さんと言えば、『必殺仕事人』シリーズの花屋の政(鍛冶屋の政)で有名ですよね。

大河ドラマでは、『秀吉』、『八重の桜』などに出演し、『炎立つ』では、藤原清衡役で主演となりました。

サスペンスにも多く出演し、『土曜ワイド劇場』の『天才・神津恭介の殺人推理』シリーズ、『新聞記者 鶴巻吾郎の事件簿』シリーズなどで主演を務めています。

 

このように現在では、知名度の高い俳優となった村上弘明さんのデビュー作が、『仮面ライダー(新)』(スカイライダー)だったんですよ。

『仮面ライダースーパー1』:高杉俊介

『仮面ライダースーパー1』で仮面ライダースーパー1/沖一也役を演じたのが、高杉俊介さんでした。

元陸上自衛隊のレンジャーだったり、グリーンベレーの研修に参加していたことから、『仮面ライダースーパー1』では、ノースタントで出演していたんですよ。

しかし、近年では2015年に、

ファンから、5000万円を超える借金をしていたことが発覚…

ヒーローの名前である沖一也の名を利用し、詐欺まがいの手口でお金を借り続けていたことから、現在では不名誉な形で名が知られることになってしまいました。

仮面ライダーZX:菅田俊

『仮面ライダースーパー1』を最後に途切れていた仮面ライダーシリーズ。

仮面ライダーZXは、雑誌やラジオなど、さまざまなメディア展開の末に、ようやくテレビスペシャル番組『10号誕生!仮面ライダー全員集合!!』で登場したライダーです。

この作品で主役を務めたのが、仮面ライダーZXである村雨良役の菅田俊さんでした。

 

菅田俊さんは、強面からコミカルなキャラまで幅広く演じられる名バイプレイヤーとして活躍し、2003年には、

  • 『キル・ビルVol.1』
  • 『ラストサムライ』

などハリウッド映画にも出演を果たしています。

最近では、2020年3月に『陰陽師』で平将門を演じ、その怪演が話題となりました。

『仮面ライダーBLACK』『仮面ライダーBLACK RX』:倉田てつを

テレビシリーズ最後となる昭和ライダー作品が、『仮面ライダーBLACK』、そして『仮面ライダーBLACK RX』です。

『RX』は平成元年をまたいだので、厳密には平成作品でもあります。

仮面ライダーシリーズ唯一となる、2作連続で主人公が同じ人物!

この2作で主役を務めたのが、南光太郎役:倉田てつをさんです。

 

南光太郎役、そしてステーキ店の経営者というイメージが強い倉田てつをさん。

俳優として多くの作品に出演し、

  • NHKの朝ドラ『君の名は』では後宮春樹役として主演
  • 『渡る世間は鬼ばかり』では秋葉和夫役として第3部~第7部までレギュラー出演

などの経歴があります。

『真・仮面ライダー序章』:石川真(石川功久)

『仮面ライダーBLACK RX』の後に映画やビデオ作品として登場し、作風が昭和ライダーを踏襲していることから、昭和ライダーにカテゴライズされているのが、

ネオライダー

と呼ばれる3作品です。

 

1作目のVシネマ『真・仮面ライダー序章』で主役を務めたのが、仮面ライダー真である風祭真役の石川真さんです。

『真・仮面ライダー序章』出演時は、石川功久という芸名でした。

しかし名前が読みにくいことや、仮面ライダー真を演じたことから石川真と改名。

特撮作品、とくにウルトラシリーズでは知名度があり、

  • 『ウルトラマンガイア』:塚守亨
  • 『ウルトラマンメビウス』:セリザワ・カズヤ/ウルトラマンヒカリ(ハンターナイトツルギ)

として出演しています。

『仮面ライダーZO』:土門廣

ネオライダー3部作の2作目で、映画作品となる『仮面ライダーZO』。

主役の麻生勝役を演じたのが、土門廣さんです。

 

既に芸能界を引退しています。

過去には『中学生日記』の春日先生役や、メタルヒーロー作品『ブルースワット』のシグ役などを演じました。

また、倉田てつをさんも出演したNHKの朝ドラ『君の名は』で、アイヌの青年役としてレギュラー出演もしています。

『仮面ライダーJ』:望月祐多

巨大化する仮面ライダー

という異色の作品が『仮面ライダーJ』です。

この作品で主役を務めたのは、瀬川耕司役:望月祐多さんでした。

 

望月祐多さんは、『仮面ライダーJ』を演じる前の1992年には、『恐竜戦隊ジュウレンジャー』の主人公・ゲキ役に抜擢され、戦隊のレッドとして出演。

現在は芸能界を引退し、農園『三穂の郷農園』を経営しています。

スポンサーリンク

まとめ

こうして見ていくと、昭和ライダーは凄い数ですよね。

主役を演じた俳優の中には、村上弘明さんのような、有名な俳優だったり、昼ドラに数多く出演したイケメン俳優の速水亮さんだったり、名バイプレイヤーの菅田俊さんなど、後に活躍する人も見かけます。

その一方で、芸能界をすでに引退していたり、借金問題を起こしたりするなど、一般人に戻った人や不祥事を起こした人も…。

主役を演じた当時、まだキャリアが浅い人が多いあたり、キャスティング方針は、現在の平成・令和ライダーと変わっていない印象ですね。

関連記事

-俳優, 芸能人

© 2020 スピカ紀行