雑学

佐川急便へのクレーム連絡方法を解説!電話番号やメールをチェック

今や、インターネットショッピングでは、大型商品や衣料品以外に、食料品を購入する人も珍しくはありません。

ポチっと注文すれば、あとは自宅で待っているだけでいいんですから、非常に便利です。

 

しかし、最近では、

  • 食料品なのに、指定した時間に届かない
  • 荷物が行方不明

など、配達してくれる運送業者とトラブルになるケースが非常も増えています。

そんな時、

このクレームはどこに連絡したらいいの?

と、連絡方法がわからなかったりしますよね。

 

この記事では、佐川急便へのクレーム連絡方法を解説していきます。

スポンサーリンク

佐川急便へのクレーム連絡方法

さて、実は筆者も、佐川急便の配達でトラブルになったことが何度もあります。

  • 指定した時間にこない
  • 指定した時間以外に来て、不在票を置いていく
  • 不在票を置いていかないので連絡のしようがない
  • 配達予定日に来ないので、連絡をしたら荷物が行方不明
  • 連絡をしても、『ドライバーに繋がらないから分からない』の一点張り
  • 『連絡します』という返事から一向に連絡がこない

などなど…

インターネットを見ていても、同じ経験をしている人が多く見られます。

 

改善してほしい点は、クレームとして伝えるべきでしょう。

佐川急便へクレームを入れたい時は、以下の連絡方法になります。

電話で連絡する方法

佐川急便へ、電話でクレームを入れる場合、

  • 担当の営業所へ電話する
  • 本社へ電話する

の、2つがあります。

担当の営業所に電話連絡する場合

佐川急便のホームページ内にある、営業所検索から、自宅の担当営業所を探します。

担当営業所の詳細情報には、電話番号や営業時間などが記載されています。

営業時間をしっかりと確認したうえで、電話連絡をしてください。

こちらから佐川急便の営業所検索ができます

佐川急便本社へ電話連絡する場合

佐川急便本社は、

  • 本社(京都府)
  • 東京本社

があります。

本社の電話番号は、ホームページ上の『会社概要』にも『お問い合わせ』にも記載されていないため、分かりにくいです。

記載されているのは、『会社概要』の『会社案内』にある、『会社案内パンフレット日本語版(PDF)』内です。

本社:京都府京都市南区上鳥羽角田町68

TEL:(075)691-6500

東京本社:東京都江東区新砂2-2-8

TEL:(03)3699-3666

 

営業時間は記載されていませんが、メールでのお問い合わせ対応が

祝日を除く月曜日から土曜日、午前9時から午後6時まで

となっていることから、この時間内に連絡をすれば、確実と言えるでしょう。

メールで連絡する方法

佐川急便へメールでクレーム連絡をする場合は、ホームページにある『お問い合わせ』から送信することができます。

こちらから、佐川急便のお問い合わせフォームを開くことができます。

佐川急便のお問い合わせフォーム

必須項目を順番に入力していきます。

メールでの対応時間は、

祝日を除く月曜日から土曜日、午前9時から午後6時まで

となっています。

問い合わせの種別を選択

クレームの場合は、『改善要望』を選択します。

クレームの内容を選択

次に、内容を選択します。

『選択1』での選択内容によって、『選択2』から詳しい内容を選びます。

お問い合わせ内容(詳細)を入力

お問い合わせ内容の詳細を入力します。

  • 2000文字以内
  • 半角カタカナ、丸囲み文字などの特殊文字は、使用しない

この2点に注意してください。

返信の必要/不要を選択

返信の『必要』にチェックを入れた場合は、後に連絡手段となる『電話番号』か『メールアドレス』の入力が必須となります。

返信を希望する場合は住所等を入力

クレームに対しての返信を希望する場合は、連絡先の記入漏れがないように注意しましょう。

荷物に関する場合は『お問い合わせ送り状No.』を入力

クレームが荷物に関する内容の場合は、状況確認のために『お問い合わせ送り状No.』が必要になります。

スムーズに対応してもらうために記入しておきましょう。

お問い合わせ返信時の注意点

佐川急便お問い合わせ時には、以下の注意点があります。

  • 全ての問い合わせには返信できない場合がある
  • 問い合わせ内容によっては、メールではなく手紙での返信になる
  • 問い合わせ内容によっては、返信まで時間がかかる場合がある
  • 『アドレスエラー』によって返信できない場合があるので、問い合わせる際にはメールアドレスを確認する

 

佐川急便へのクレームでの注意点

さて、『クレームを入れる』ことに、悪いイメージを持つ人もいるかもしれません。

しかし、『納得いかないこと』や『改善してほしい点』を伝えることは、

企業にとって、今後のサービス向上に繋がる貴重な機会

となります。

トラブルが発生した場合には、遠慮せずにクレームを伝えるべきです。

その際には、いくつか注意点がありますので、紹介しておきましょう。

トラブル発生後なるべくすぐにクレームを入れる

佐川急便へクレームを入れる際には、

  • いつそのトラブルが起きたか
  • すぐに状況を特定してもらうために『お問い合わせ送り状No.』も書く

この2点の情報は、最低限でも盛り込みましょう。

そして、トラブル発生後、なるべくすぐにクレームを入れることも大切です。

時間の経過とともに、自分自身、配達員、担当者も記憶があいまいになり、事実確認が難しくなります。

できるだけ具体的な内容を、トラブル発生後すぐに伝える

ことが、重要です。

感情的な言葉を言わない・書かない

佐川急便での過去のクレーム内容には、

  • 玄関チャイムをならさず不在票を置いていく
  • ドライバーにキレられた
  • 配達時間を守らない

など、中にはひどい内容もあります。

ですから、つい感情的になって怒りをぶつけてしまう気持ちは、よく分かります。

ですが、たとえメールだとしても、相手は人間です。

あまりにも感情的な態度では、言葉を信じてもらえない可能性も生まれます。

クレームの内容を受け止めてもらうことが目的

ですから、冷静な対応が必要です。

意見・要望を、はっきりと伝える

クレームを入れる際には、事実を伝えた上で、

具体的にどうしてほしいのか

をはっきりと伝えます。

クレームは、ただの文句ではなく、改善・解決することが目的です。

 

また、意見・要望を伝えることで、『謝罪されて終わり』の対応を避けられます。

解決策をあらかじめ自分の中で用意しておくのも、一つの手ですね。

スポンサーリンク

まとめ

佐川急便へのクレームの連絡方法は、

  • 電話
  • ホームページ上からお問い合わせメール

の2つがあります。

 

電話でクレーム連絡をする場合は、担当営業所に連絡をするか、

本社:京都府京都市南区上鳥羽角田町68

TEL:(075)691-6500

東京本社:東京都江東区新砂2-2-8

TEL:(03)3699-3666

どちらかの本社に連絡をします。

また、メールでのクレーム連絡は、佐川急便ホームページ内にある『お問い合わせ』から送信することが可能です。

 

最近増えている、配達業者とのトラブルでクレームを入れることは、決して悪いことではありません。

クレームを入れる際には、冷静に事実と要望を伝えることが、きちんと対応してもらえるポイントですよ。

関連記事

-雑学

Copyright © スピカ紀行, 2017~2020 All Rights Reserved