アーカイブ

ジャイアントカプリコは小さくなった?大きさとカロリーを調査!

江崎グリコのお菓子『ジャイアントカプリコ』は、アイス『ジャイアントコーン』のように、チョコレートをコーンに盛りつけたチョコです。

この『ジャイアントカプリコ』が、よく、

昔に比べて小さくなった

と言われています。

ある理由に基づいて、このように言われているのですが、本当に『ジャイアントカプリコ』は小さくなっているのでしょうか?

 

この記事では、江崎グリコの『ジャイアントカプリコ』について、大きさやカロリーから、本当に小さくなったのかを調査した結果をお伝えします。

スポンサーリンク

『ジャイアントカプリコ』が小さくなったのは本当?

江崎グリコの『カプリコ』シリーズで、もっともメジャーなのが、

『ジャイアントカプリコ』

ですよね。

『ジャイアントカプリコ』は、1970年に発売されていますから、2020年で50周年を迎えたのです!

半世紀も歴史があるなんて、かなりのロングセラー商品ですよね。

 

そんな『ジャイアントカプリコ』には、

大きさが小さくなった

という評判が出ています。

長く続いたお菓子は、大きさが小さくなったと言われることが宿命です。

『ジャイアントカプリコ』にも、例にもれず、サイズの縮小疑惑が出ているのです。

 

では、なぜ『ジャイアントカプリコ』が小さくなったと言われるのか?

その根拠として挙げられているのが、内容量の減少です。

いつ頃かは不明ですが、『ジャイアントカプリコ』の内容量は、

35.8gだったものが、34gに減少している

ということが明らかになっています。

 

明らかに内容量が減っているため、『ジャイアントカプリコ』が小さくなったと言われているわけですね。

普通に考えれば、内容量が減っているのだから、大きさも小さくなっていると思われますが…

実は、『ジャイアントカプリコ』の大きさは、変わっていません!

 

過去に、とあるブロガーが、『ジャイアントカプリコ』の大きさが小さくなったことについて、江崎グリコのお客様センターに問い合わせたことがありました。

『ジャイアントカプリコ』の内容量が減ったのも、この時に回答で得られた情報だったのです。

その情報とともに、

内容量は減らしたが、大きさの変更はしなかった

と言われたみたいですね。

内容量が減ったのに大きさが変わっていないとは、どういうことなのでしょうか。

 

江崎グリコによれば、

『ジャイアントカプリコ』の大きさは、エアインチョコレートのチョコと空気の比率を変えることで、今まで通りの大きさを保つようにした

とのこと。

大きさまで変えてしまうと、

工場で使っている型を、変更したサイズに合わせなければいけなくなる

ことで、費用がかかります。

なので、大きさはキープしているわけですね。

逆に言えば、

『ジャイアントカプリコ』のチョコレートは、気泡部分が増えた

と言えます。

大きさは変わっていなくても、内容量が減っていることは事実なので、『ジャイアントカプリコ』が、シュリンクフレーションを行っていることが明らかになりました。

 

『ジャイアントカプリコ』のカロリーは?

『ジャイアントカプリコ』のカロリーも調べてみました。

 

現在、『ジャイアントカプリコ』は、

  • いちご味
  • ぐんぐんミルク味

の2つが販売されています。

 

『ジャイアントカプリコ』のそれぞれのカロリーは…

『ジャイアントカプリコ』のカロリー量(1本)

いちご味:192Kcal

ぐんぐんミルク味:194Kcal

どちらも、ほぼ同じカロリーですね。

このカロリーに近いものといえば、

  • 100gのアイスクリーム
  • 85gのシュークリーム1個

あたりが該当します。

具体的なものだと、ドトールコーヒーのココアSサイズ(ホット)も、近いカロリーとなりますね。

スポンサーリンク

まとめ

『ジャイアントカプリコ』の小さくなった疑惑は、

内容量は減らしたが、大きさの変更はしていない

ということが、真相でした。

 

結局のところ、内容量は減ってしまっているので、『ジャイアントカプリコ』もシュリンクフレーション(実質値上げ)をしたことには変わりありません。

増えたモノと言えば、エアインチョコレートの気泡くらいでしょうか。

 

そんな『ジャイアントカプリコ』のカロリーは、いちご味が1本192Kcal、ぐんぐんミルク味が1本194Kcal。

これをカロリーが高いと見るべきかどうかは判別しにくいところですが、一気に何本も食べていいものではなさそうですね。

関連記事

  • この記事を書いた人

watari1

創作活動を趣味にしている、中部地方在住の20代男です。 これまで世の中に関心が持てず、これといって誇れるものも持っていないため、ペシミズム的な思考でなんとなく日々を消化しているだけでした。でも、昨今の世界情勢や周囲の環境の変化で生活への不安を感じ、活動できる場を持ちたいと思うように。 記事の執筆を通じて、新たな知識や物の見方を増やしていきます。

-アーカイブ

Copyright © スピカ紀行, 2017~2021 All Rights Reserved