アーカイブ

PS4の新型と旧型の違いとは?重さや大きさ(サイズ)と消費電力を比較

PS4ことPlaystation4は、何度かモデルチェンジをしています。

新型PS4は、CUH-2000、CUH-2100を経て、CUH-2200になりました。

ただ、CUH-2100と、CUH-2200は何も変化がなく、最も大きな変更があったのは、

いわゆる旧型(CUH-1200以前)と、新型(CUH-2000以降)

と言えます。

この二つには、決定的な違いがあるのですが、一体どこにあるのでしょうか?

 

この記事では、新型PS4と旧型PS4の違いについて比較解説をしていきます!

スポンサーリンク

新型PS4と旧型PS4の違い

CUH-1000から発売がはじまったPS4。

CUH-1100、CUH-1200と発売され、そして新型PS4であるCUH-2000…

いわゆる薄型PS4(CUH-2000)が、2016年9月に登場しました。

その後、内部パーツの変更で、0.1キロの軽量化をしたCUH-2100が、2017年7月に発売。

CUH-2200は、その1年後の2018年7月に発売されました。

(1TBモデルは2018年6月発売)

 

ただ、CUH-2200、実は…

CUH-2100から変わった部分が1つも確認できません。

CUH-2000→CUH-2100のように、0.1キロの軽量があったわけでもなく、消費電力やスペック、価格まで、何一つかわっていないのです。

内部パーツを変えたのかもしれませんが、SIEがそれをアナウンスしていない時点で、真相は闇の中…

 

では、最も変わった部分が多い新型、薄型PS4のCUH-2000シリーズと、それ以前のCUH-1200では、具体的にどういった違いがあるのでしょうか?

新型PS4と旧型PS4のスペックを、比較しましょう。

新型PS4は、CUH-2200のスペックを載せています。

新型PS4(CUH-2200)と旧型PS4(CUH-1200)スペック比較

メインプロセッサー

旧型PS4(CUH-1200)

Single-chip custom processor

CPU:x86-64 AMD “Jaguar”, 8 cores

GPU : 1.84 TFLOPS, AMD next-generation Radeon based graphics engine

新型PS4(CUH-2200)

Single-chip custom processor

CPU:x86-64 AMD “Jaguar”, 8 cores

GPU:1.84 TFLOPS, AMD Radeon™ based graphics engine

※違いこそありますが、性能はほぼ同程度です。

メモリ

旧型PS4(CUH-1200)

GDDR5 8GB

新型PS4(CUH-2200)

GDDR5 8GB

HDD

旧型PS4(CUH-1200)

500GB、1TB

新型PS4(CUH-2200)

500GB、1TB

通信

旧型PS4(CUH-1200)

IEEE 802.11 b/g/n

Bluetooth® 2.1(EDR)

新型PS4(CUH-2200)

IEEE 802.11 a/b/g/n/ac

Bluetooth® 4.0(LE)

外形寸法

旧型PS4(CUH-1200)

約275mm×53mm×305 mm

新型PS4(CUH-2200)

約265mm×39mm×288mm

重量

旧型PS4(CUH-1200)

約2.5kg

新型PS4(CUH-2200)

約2.1kg

消費電力

旧型PS4(CUH-1200)

最大230W

新型PS4(CUH-2200)

最大165W

価格

旧型PS4(CUH-1200)

34,980円

新型PS4(CUH-2200)

29,980円

比較すると、ゲームプレイに関わる性能は、

旧型PS4も新型PS4は、ほぼ同程度

と見ていいでしょう。

ゲームプレイ部分の性能が大きく変わるのは、新型PS4に2か月遅れて発売された、PS4Proです。

 

スペック面での新型PS4と旧型PS4の最も大きな違いは、ずばり、

軽量化され、初期モデルより30%の小型化

を果たしたことですね。

本体の重さは、400グラム軽くなり、サッカーボール1個分ほどの軽量化。

また、薄くなり、角が丸みを持つようになったので、配置に便利です。

 

消費電力は、旧型PS4に比べて65Wも減っていて、省電力化にも成功。

旧型PS4に比べると、30%の電力が削減されています。

これで、長時間の使用も、多少は気にならないようになりました。

 

ただ一つ補足をすると、SIEが公表した消費電力は、いわゆる起動時にあらゆる部分の電力が消費され、一瞬だけ高くなる最高値のことです。

実際にゲームプレイする際は、

旧型が100ワット程度、新型が80ワット程度

なので、それほどの違いはないとも言えます。

 

さらに、新型PS4は、Wi-Fiが11ac規格に対応したことで、通信の高速化も実現し、Bluetoothは4.0まで対応するようになりました。

 

これだけの進化を実現しながら、

価格を5,000円値下げした

のですから、素晴らしいことですよね。

性能が向上しつつ、価格が2万円台になったことは、お買い得と言えますよ!

スポンサーリンク

まとめ

新型PS4での主な変更は、ずばり!

全体の小型化と省電力化、さらにはコストダウンによる値下げです。

スペック自体は、ほとんど変わっていません。

今までPS4を手に取っていなかった人には、新型PS4が手に取りやすい価格になりました。

これを機に、PS4を購入してみてはいかがでしょうか。

関連記事

  • この記事を書いた人

watari1

創作活動を趣味にしている、中部地方在住の20代男です。 これまで世の中に関心が持てず、これといって誇れるものも持っていないため、ペシミズム的な思考でなんとなく日々を消化しているだけでした。でも、昨今の世界情勢や周囲の環境の変化で生活への不安を感じ、活動できる場を持ちたいと思うように。 記事の執筆を通じて、新たな知識や物の見方を増やしていきます。

-アーカイブ

Copyright © スピカ紀行, 2017~2021 All Rights Reserved