アーカイブ

邦画と洋画の映画の違いをわかりやすく解説!撮影や特徴をチェック

たろう
『七人の侍』は何度観ても最高だな
『タイタニック』も名作だよね
はなこ

 

世の中の『映画』を、大きく二つに分けると、

『邦画』と『洋画』

に分かれます。

 

『邦画』と『洋画』には、後世に残る名作が、たくさんありますね。

今日は家でゆっくり邦画を観ようかな!

という気分の日もあれば、

ハリウッド最新作のカーアクション映画を観に行こう!

という日もあります。

 

では、『邦画』と『洋画』の違いとは何でしょうか?

撮影方法や、特徴に違いがあるのでしょうか?

この記事では、『邦画』と『洋画』の違いを詳しくお話していきます。

スポンサーリンク

『邦画』と『洋画』

『邦画』は一般的に、日本の映画の通称として呼ばれています。

そして、『洋画』は『邦画』の対義語です。

外国の映画の通称として『洋画』と呼ばれているのです。

 

では『邦画』と『洋画』に、どんな違いがあるのか、解説していきましょう。

邦画とは?

『邦画』の

という文字とは、

『日本』『我が国』

という意味です。

1900年代の初期は、『邦』の『画』と書いて、

日本の絵画=日本画

のことを『邦画』と呼んでいました。

映画の普及が、本格的に始まった1930年以降からは、

日本で制作された映画作品

を『邦画』と呼ぶようになったのです。

邦画の特徴

では、『邦画』の特徴とは何でしょうか?

また、昔の『邦画』は、どのような映画だったのでしょうか?

 

それが、以下となります。

  • 日本は出版文化が栄えていた為、小説や漫画の映画化(邦画)が多い。
  • 時代劇は、邦画の固有ジャンルになっている。
  • 邦画には、歌舞伎など日本の伝統芸能の流れも受けている。
  • 邦画は、アニメ制作も盛んである。
  • 洋画も含め、日本の映画興行収入1位は、『千と千尋の神隠し』(2001年)

邦画黄金時代

邦画には、

『黄金時代』

と呼ばれた時代が、二度あります。

一度目

1930年代前半。

しかし、第二次世界大戦により、一度目の黄金時代は衰退しました。

二度目

戦後の1950年代。

この頃の映画は、娯楽の王様です。

現在でも当時の映画が、名画座※などで、上映され、親しまれています。

その後、テレビの普及により、娯楽の中心は、少しずつテレビへと移行していきました。

※名画座とは

旧作映画を主体に上映する映画館の事。

参考

1950年代の名作

羅生門/七人の侍/生きる:黒澤明監督

東京物語:小津安二郎監督

ゴジラ:本田猪四郎監督

洋画とは?

『洋画』とは、海外映画のことです。

主に、西洋で制作された映画のことになりますが、

『邦画』の対義語

として、外国映画全般を、総称することもあります。

洋画の特徴

今は、世界各国で映画は作られています。

その中でも最も大規模な、映画産業の中心地がロサンゼルスのハリウッド。

洋画の大きな特徴のひとつと言えます。

『ハリウッド俳優』

という言葉は、日本でも定着しています。

ちなみに…

年間で、最も映画が製作されているのは、アメリカではなくインド!

ムンバイで作られていて、こちらは

『ボリウッド』

と呼ばれています。

国それぞれの特徴

日本で放映される洋画。

国によって、どんな特徴があるのでしょうか。

アメリカ

⇒『エンターテインメント性』を強く押し出した作品。

イタリア

⇒ヨーロッパの陽気さを体現しつつ、シリアスな映画が多い。

韓国

⇒以前は、悲劇的な作品ばかりだったが、民主化により、エンターテインメントを意識した作品が増えた。

インド

⇒ミュージカルのような展開で、歌と踊りが全編である。

フランス

⇒洗練されて美しい映像で、作り手の美学や哲学を表す事が多い。

難解な内容の作品も。

『邦画』と『洋画』の違い

ここからは、邦画と洋画の違いを比較していきます。

洋画は、主にアメリカ・ハリウッド映画との比較です。

『邦画』と『洋画』のストーリー・構成の違い

はなこ
邦画は話の展開がゆっくりしているよね
それに比べて洋画はテンポが早いね
たろう

 

『洋画』と『邦画』を比較して、このように感じた事はありませんか?

邦画は、俳優の仕草や表情など

『情緒面』を伝える

ことに重きをおいています。

一方で、洋画は、

『アクション』や『ストーリーの展開の早さ』

に、重きをおいて作られています。

『邦画』と『洋画』の撮影の違い

撮影技法や、機材、ローケーション、撮影資金など、撮影にまつわる違いはあるのか見ていきましょう。

カメラ

邦画は、特殊な場合を除き、カメラは1台です。

 

洋画は、1作品で6~7台もカメラを使う事があります。

多くのカメラを使うことで、1つのカットに対し、多方面から撮影を可能としています。

ロケーションの制約

映画を撮影する際に、特殊な大型車両が必要になることもあります。

そんな時に日本だと、撮影許可を得るまでに時間がかかります。

許可が下りたとしても、ロケ地によっては、

  • 撮影人数
  • 撮影時間の制限
  • 火器使用時の消防署員の要請

といった多くの制約があります。

 

一方でアメリカでは、警察に『映画課』という部署があります。

その部署が、交通整備や通行止めを請け負ってくれるのです。

一般公道を使う映画撮影でも、スムーズに対応が進められるようになっています。

ロスの通勤時でも、映画撮影のために通行止めをすることも普通に行われるのです。

『映画』という文化が、大きく市民権を得ている証拠ですね。

撮影資金

ハリウッド映画の製作費は、

一作品につき、

10億円以上

の制作費が充てられることも珍しくありません。

 

邦画は、一作品につき、1億円前後と言われています。

中には、数百万~数千万円程度の低予算で、制作される映画もあります。

スポンサーリンク

まとめ

邦画

⇒日本で制作された日本の映画。

洋画

⇒『邦画』の対義語であり、海外全般で制作された映画の総称。

 

『邦画』は、『洋画』に比べると、映画制作に費用をかけられません。

そのため、

『映像』よりも『脚本』への評価が高い作品

が、ヒット映画に繋がる傾向があります。

 

逆に洋画は、予算に余裕があり、

いかに魅せる映像を作るか

ということに、重きを置いています。

 

『邦画』と『洋画』は、それぞれに魅力が違います。

ぜひ、この違いも楽しんで映画を観てみてくださいね。

関連記事

  • この記事を書いた人

watari1

創作活動を趣味にしている、中部地方在住の20代男です。 これまで世の中に関心が持てず、これといって誇れるものも持っていないため、ペシミズム的な思考でなんとなく日々を消化しているだけでした。でも、昨今の世界情勢や周囲の環境の変化で生活への不安を感じ、活動できる場を持ちたいと思うように。 記事の執筆を通じて、新たな知識や物の見方を増やしていきます。

-アーカイブ

Copyright © スピカ紀行, 2017~2021 All Rights Reserved