アーカイブ

【動画】movとmp4の違いをわかりやすく解説!画質が良いのはどっち?

スマートフォンやビデオカメラなどで撮影した動画を編集したとき、

どのフォーマットで保存すればいいか悩んだ経験

はありませんか?

 

はなこ
この間、編集した動画を保存しようと思ったんだけど、どのフォーマットで保存すればいいか迷ってね。

『mov』と『mp4』の2種類があったんだけど、どちらの方がいいのかな?

動画のフォーマットとしてはどちらも有名だよね。

でも、どちらの方がいいのか僕は判断できないな。

たろう
はなこ
『mov』と『mp4』の違いって、どこにあるのかな?

 

この記事では、動画フォーマットである『mov』と『mp4』の違いについて調べ、それぞれの画質について解説します。

スポンサーリンク

『mov』と『mp4』の違い

まずは、『mov』と『mp4』の定義について解説します。

『mov』とは?

『Quicktime』専用のファイルの拡張子

のことです。

『Quicktime』とは、Apple社が開発したマルチメディア技術のことです。

動画だけではなく、音楽や画像、テキストデータにも対応しています。

『Quicktime』用のファイルには、音楽だけ、画像だけのデータなども存在します。

Appleの標準動画形式なので、Apple製品に搭載されるiOSやMac OS Xなどとの親和性は高いです。

しかし、

Windowsパソコンとは相性が悪いという問題があります。

『mp4』とは?

MPEG-4 Part 14で標準化された動画ファイルフォーマット

のことです。

2001年に標準化されたのですが、その際に参考にしたファイルフォーマットはApple社の『Quicktime』です。

そのため、

Apple社のパソコンとの親和性は高く、しかもWindowsパソコン上でもほぼ問題なく再生することができるファイルフォーマットです。

『mov』と『mp4』の違い

『mov』と『mp4』の違いは、どこにあるのでしょうか?

 

『mov』も『mp4』も、『コンテナ』と呼ばれる、いわばファイルの保存形式を意味します。

『コンテナ』は、

データを入れる器

と考えると分かりやすいでしょう。

器の形によって、物の配置や向きなどは変わりますよね。

それと同じで、

『コンテナ』が異なれば、データの配置方法が変わります。

 

はなこ
『mov』と『mp4』は、データの入れ方が異なるということは分かったわ。

じゃあ、画質はどちらの方がいいのかしら?

入れ方が違うのなら、データの圧縮の仕方も違うんだろうね。

その圧縮の仕方で画質も変わるんじゃないのかな?

たろう

 

『mov』と『mp4』の画質

『mov』と『mp4』では、どちらのほうが画質がよいのでしょうか?

また、同じ画質で保存した場合、どちらのほうが圧縮率が高いのでしょうか?

 

これらを知るためにはまず、『コンテナ』と『コーデック』の違いを理解する必要があります。

先ほど、『コンテナ』は、データを入れるための器と説明しました。

それに対して

『コーデック』はデータを圧縮・符号化する形式を意味します。

 

『コンテナ』は、器であることに対し、『コーデック』は

器に入れる料理の調理方法

と考えるとわかりやすいですね。

調理方法が変わっても、器は同じものを使うことができますよね。

逆に、器が違っても、調理方法をそろえることは可能です。

それと同じです。

『コンテナ』と『コーデック』は、それぞれ個別に選ぶことができます。

ある『コーデック』を使って加工したデータを、『mov』にすることも『mp4』にすることも可能ということです。

また、『mov』と『mp4』の間を、『コーデック』は変えずに相互変換することもできます。

 

『mov』と『mp4』のどちらも、複数の『コーデック』を使うことができます。

『コーデック』の種類

movmp4
H.264(映像)
Xvid(映像)×
Divx(映像)×
MPEG-4(映像)
AAC(音声)
MP3(音声)
Vorbis(音声)×
AC-3(音声)×

ここでは、代表的な『コーデック』のみを紹介しています。

上に挙げたものが全てではありません。

比較すると、『mp4』のほうが、対応している『コーデック』は多いですね。

 

『コーデック』によって画質は変わりますし、画質を一緒にした場合の圧縮率にも違いがあります。

この『コーデック』が画質を左右するため、『mov』と『mp4』という『コンテナ』の違いは画質には全く影響しません。

また、

同じ『コーデック』、同じ画質で保存した場合、『mov』と『mp4』でファイルのサイズもほとんど変わりません。

 

画質は、基本的に『ビットレート』と呼ばれるパラメーターで決まります。

『ビットレート』とは、一定の再生時間あたりのデータサイズを表します。

『ビットレート』が高いほど、データサイズは大きくなりますが、画質は向上するのです。

スポンサーリンク

まとめ

ポイント

  • 『mov』とは、Apple社のマルチメディア技術である『Quicktime』専用のファイルの拡張子である。
  • 『mp4』とは、MPEG-4 Part 14で標準化された動画ファイルフォーマットのことである。
  • 『mov』も『mp4』も『コンテナ』なので、動画の画質には影響しない。
  • 動画の画質に影響するのは『コーデック』である。
  • 『mov』より『mp4』のほうが、利用できる『コーデック』は多い。

『mov』は、

Windowsとの相性が悪い

という欠点があります。

『mp4』は、WindowsパソコンともApple社のパソコンとも相性がよく、『コーデック』も豊富にあります。

動画の保存に迷っているのであれば、『mp4』を利用することをおすすめします。

関連記事

  • この記事を書いた人

watari1

創作活動を趣味にしている、中部地方在住の20代男です。 これまで世の中に関心が持てず、これといって誇れるものも持っていないため、ペシミズム的な思考でなんとなく日々を消化しているだけでした。でも、昨今の世界情勢や周囲の環境の変化で生活への不安を感じ、活動できる場を持ちたいと思うように。 記事の執筆を通じて、新たな知識や物の見方を増やしていきます。

-アーカイブ