雑学

セブンイレブンのクレームや苦情の連絡方法を解説【問い合わせ先】

セブンイレブンと言えば、大手コンビニエンスストアの一つです。

旅先や新しい引っ越し先でも、近くにセブンイレブンがあると、とりあえず安心しますよね。

『生活になくてはならない』

というほど、頼りにしている人も多いです。

 

しかし、そんなセブンイレブンでも、たまにクレームや苦情が発生しています。

日々利用する身近なコンビニだからこそ、トラブルが起きた際には見過ごさずに、改善してほしいものです。

 

この記事では、セブンイレブンのクレームや苦情の連絡方法を解説していきます。

スポンサーリンク

セブンイレブンのクレームや苦情の連絡方法

セブンイレブンのクレームや苦情の連絡方法には、

  • 電話
  • メール

の二つがあります。

それぞれの問い合わせ先を解説していきましょう。

電話での連絡方法

セブンイレブンのクレームや苦情を、電話で連絡する際の電話番号は、

株式会社セブンイレブンジャパンのホームページトップの『お問い合わせ』

をクリックします。

セブンイレブンの問い合わせ電話番号

『セブンーイレブン』に関する問い合わせ

お客様相談室:0120-711-372

受付時間:月曜日~金曜日 9:30~17:00

この他、各種サービスごとに異なる問い合わせ先があります。

こちらも紹介しておきましょう。

『電子マネーnanaco』に関する問い合わせ

nanacoお問い合わせセンター:0570-071-555(ナビダイヤル)

24時間年中無休

『セブン銀行』のATM・口座に関する問い合わせ

セブン銀行テレホンセンター:0120-77-1179(フリーダイヤル)

受付時間:8:00~21:00 年中無休

『チケットサービス』に関する問い合わせ

セブンチケットコールセンター:0077-787-711(フリーコール)

一部IP電話・ひかり電話など繋がらない場合は(045-330-8711)

受付時間:8:00~23:00 年中無休

セブンイレブンといえば、買い物だけではなく、ATMの利用やチケットサービスなど多様ですよね。

クレームや苦情の内容に合わせて、問い合わせ先を選んでください。

利用店舗に直接電話をする方法

  • 商品の入れ忘れ
  • 購入商品への苦情
  • 店員の接客態度

などの内容で、利用店舗へ直接クレームや苦情の連絡をしたい場合もありますよね。

この場合は、

株式会社セブンイレブンジャパンのホームページトップ、『店舗検索』

から、利用店舗の連絡先を探すことができます。

 

店舗検索画面が出てくるので、利用した店舗を探しましょう。

セブンイレブン店舗検索

電話連絡する際の注意点

セブンイレブンに電話でクレームや苦情の連絡をした際には、

正確に相談対応をするために、会話内容が録音されています。

これは、クレームや苦情にきちんと対応してもらうためなので、とくにかしこまる必要はありません。

逆にクレームや苦情を伝える場合、ついつい感情的になってしまうという人も多いです。

まずは落ち着いて、クレームや苦情の事実を正確に伝えてください。

 

お客様相談室では、電波障害などで電話が切断してしまった時に、折返し連絡のために、発信者番号通知が必要です。

もし、発信者番号を非通知に設定している場合は、お客様相談室電話番号の頭に『186』をつけて、

186-0120-711-372

とダイヤルします。

メールでの連絡方法

セブンイレブンへのクレームや苦情の連絡は、メールからも行うことができます。

はなこ
電話でのクレーム連絡は苦手…

という人も、安心です。

メールなら、冷静に事実をまとめて伝えることが出来る点が、メリットです。

 

電話連絡と同じように、株式会社セブンイレブンのホームページトップ『お問い合わせ』をクリックします。

次に、

『メールでのお問い合わせはこちら』

をクリックします。

メールでの問い合わせに関する注意事項が記載されているので、このままメールで問い合わせる場合は、

『同意してフォームに進む』

をクリックします。

メール問い合わせフォームが開きます。

セブンイレブンへのメール問い合わせフォーム

メール問い合わせフォームの入力

続いて、お問い合わせフォームに沿って各項目を入力していきます。

入力時の注意事項として、

  • 特に指定のない項目は、全角文字で入力する。
  • *印の項目は必ず入力する。入力がないと送信できない。
  • 回答希望の場合は、受付完了のメールが送付される。
  • メールが届かない場合は、電話での問い合わせが必要。
  • 1度送信ボタンを押すと、再送信はできない。

これらの点があります。

 

クレームや苦情の内容が大まかに分かるように、『タイトル』や『概略』を入力します。

クレームのタイトル例

  • 商品についての要望
  • ○○サービスについての改善要望
  • ○○店の接客サービスに関する改善のお願い

 

さらに、メインとなる『お問い合わせ内容』を入力したら、回答を希望する場合は、

  • 名前
  • 電子メールアドレス
  • 電話番号
  • 都道府県

を入力します。

メールで連絡する際の注意点

メールでクレームや苦情の連絡をする際の注意点について、紹介しておきます。

店舗に関する内容で回答を希望する場合は、

加盟店経営者に確認をしてからの回答

になるので、数日かかる場合があります。

 

また、問い合わせに返信ができない場合では、次のトラブルがあります。

  • 迷惑メール防止機能等の設定をしている場合
  • システム障害等の通信トラブルが発生した場合
  • お客様メールアドレスに誤りがあった場合

 

問い合わせ内容によっては、メールでの返信ではなく、電話での回答になることがあります。

もし、営業時間内の電話にでることが難しい、文章で残しておきたいなど、なにか事情がある場合は、あらかじめその点を伝えておくと良いですね。

スポンサーリンク

まとめ

セブンイレブンのクレームや苦情の連絡方法は、

  • 電話
  • メール

の二つがあります。

電話連絡をする場合は、クレームの内容やサービス内容によって問い合わせ先が分けられています。

また、『商品の入れ忘れ』など直接利用店舗に電話連絡をしたい場合は、

株式会社セブンイレブンのホームページトップの『店舗検索』から

利用店舗の電話番号を調べることができます。

 

メールでの連絡は、『専用フォーム』から送信することができます。

メールなら、冷静にクレームを振り返り、文章をまとめてから伝えることができるので、

「ついつい感情的になってしまう」

「上手く説明できるか不安」

こんな人は、メールでの問い合わせがおすすめです。

 

個人的には、セブンイレブンのスイーツや各種サービスは、非常に頼りにしています。

だからこそ、もしもトラブルが起きた場合には、きちんと伝えたいですし、しっかりと対応をしてほしいものですね。

関連記事

-雑学

Copyright © スピカ紀行, 2017~2020 All Rights Reserved