雑学

補修と修繕と修理の違いをわかりやすく解説!使い方を具体例を交えてチェック!

物を使っていると、故障したり、壊れたりすることがあります。

 

この場合、壊れた度合いに対して、

『どれだけ措置を施すか』

を考えますよね。

そんなときに、よく使われる言葉が、『補修・修繕・修理』です。

 

これらは、全て、『物を直す場合に使われる言葉』となります。

ですが、それぞれの意味は、

『ほとんど同じ』

と認識されていて、その使い方も曖昧だったりします。

 

この記事では、『補修・修繕・修理の違い』について解説します。

同じように使っていた人は、参考にしてみてください。

スポンサーリンク

補修・修繕・修理の違いとは?

補修・修繕・修理は、

『物を直す』

という点で、共通している言葉です。

 

そして、これら3つの言葉を区別する際は、

『どんな状態の物を、どれだけ直すのか』

を見ていく必要があります。

補修は『まだ使える状態の物を直すこと』

まず、補修について解説します。

補修の意味は、

『壊れたり、傷んだりした部分を繕うこと』

となります。

 

この意味を見れば、

『直す』

といった点で、他の言葉と違いはないように見えます。

ですが、補修は、

『まだ使える状態の物を直すこと』

を意味しています。

 

使い方の例を挙げると、

  • 壁の穴を補修する
  • 道のコンクリートが欠けているので、補修する
  • 靴が破れたので、布を張って補修する
  • 箸が折れたので、テープで補修する
  • ズボンのすそが破れたので、縫って補修する

などがあります。

 

補修は、あくまでも、

『現状で、まだ使える物を直す』

ときに使われることが多い言葉なのです。

修繕は『壊れたものをある程度使える状態にすること』

次に、修繕について解説します。

修繕の意味は、

『壊れた箇所を直すこと』

となっています。

 

つまり、

『使えない状態になっている物』

に対して使われる言葉ということなのです。

 

使い方の例を挙げると、

  • 靴底が外れたので、とりあえず使えるように修繕する
  • 機械の一部が壊れたので、とりあえず動くように修繕する
  • 屋根に穴が空いたので、塞がるように修繕する
  • 古い携帯を、動くように修繕する
  • 割れたボールにテープを貼って、とりあえず使えるように修繕する

などがあります。

 

これらの例を見ても分かるように、

『1度使えない状態になったものを、使える状態に直す』

ことが、修繕になるのです。

修理は『壊れたものをほぼ完全に直すこと』

次に、修理について解説します。

修理の意味は、

『壊れたものを、再び使えるようにすること』

となっています。

 

修繕と同じような意味に見えますが、修理の場合は、

『壊れたものを、ほぼ完全な形まで直すこと』

を指しているのです。

 

使い方の例を挙げると、

  • 事故で壊れた車を、新品同様に修理する
  • 壊れた携帯を、以前と同じような状態まで修理する
  • パソコンを、購入時と同じような状態まで修理する
  • テレビを、元の状態まで修理する
  • 機械を、完全な状態まで修理する

などがあります。

 

補修や修繕と比べて、修理を使う際は、

『応急処置ではなく、完全な形まで直す』

ことが前提となります。

 

補修・修繕・修理は、物の状態で使い分ける

 

補修・修繕・修理について解説しました。

ここまでの内容を見ると、

『どの段階まで壊れているか・どの状態まで直すか』

の2つで、使い分けされていることが分かります。

 

その為、使い方次第では、

『相手との意思疎通が出来ない』

場面も出てくるのです。

事前説明が重要になる

補修・修繕・修理がある際は、『事前説明を、確実に受ける』必要があります。

 

特に、『修繕と修理』の違いについては、しっかりと把握しておきましょう。

この2つの言葉は、たまに、

『どこまで直すかの基準が曖昧になっている』

ことがあります。

 

例えば、

修繕を行っています

という看板を出している店があるとします。

このとき、依頼する人は、

壊れたものを元の状態にしてくれる

と考えています。

 

ですが、実際には、

『ある程度、使えるまでしか直していない店』

であり、結果、

50%程度しか直っていない状態

で返ってきました。

 

こうなってしまうと、

本当は、もっと綺麗に直してほしかった

という期待から、不満を抱えることになります。

また、人によっては、

話が違うじゃないか

と言って、クレームをつけられる可能性もあります。

 

『完全に直してほしい』と思っていたのに、修繕という言葉の意味を確認しなかったため、

『考えていたような結果を得られなかった』

という話は、よくあるのです。

 

あくまで例ですが、中には、

『修繕=完全に直す』

という前提で、看板を出している店もあります。

また、どちらの意味でも通用するように、

『補修・修繕・修理』

として、看板を出していることもあるのです。

 

このように、言葉の意味の捉え方は、

『人それぞれで、少しずつズレがある』

ため、事前説明が受けられるときは、必ず受けるべきなのです。

そうすれば、紛らわしい言葉に惑わされず、『自分が望む結果』を得ることが出来るでしょう。

スポンサーリンク

まとめ

今回のまとめとしては、

『補修・修繕・修理の違いは、物の状態・どこまで直すかで判断できる』

ということが言えます。

 

補修は、誤解が少ない言葉ですが、

『修繕と修理』

に関しては、間違った意味として捉えられることが多いです。

これにより、無用な争いへと発展する可能性もあるため、

『違いを明確にしておくこと』

が重要になるのです。

 

その為には、

『どこまで物を直すのか』

を、お互いに聞いておく必要があるでしょう。

しっかりと確認して、誤解のないようにすることをおすすめします。

関連記事

-雑学

Copyright © スピカ紀行, 2017~2020 All Rights Reserved