アーカイブ

PS5とPS4の違いを解説!画質や大きさなどスペックを比較チェック

Playstationの次世代ハード『PS5』がついに、価格と発売日が発表されました。

では、PS4からどのくらい、スペックが進化したのでしょうか?

また、PS4にはPS4proというハイエンドモデルまであり、PS4proとPS5では、どんな差があるのか気になるところ…

 

この記事では、PS4とPS5の違いについて、それぞれの性能を比較していきます。

約7年の時を経て、Playstationの進化を見てきましょう。

スポンサーリンク

スペックから比較PS4とPS5の違いは?

 

PS4とPS5のスペックから、違いを比較していきます。

PS4には、ハイエンドモデルのPS4proもあるので、それとも比べていきます。

CPU

PS4

AMD Jaguar

8コア 1.6GHz

PS4pro

AMD Jaguar

8コア 2.1GHz

PS5

x86-64-AMD Ryzen "Zen2"

8コア/16スレッド 最大3.5GHz

PS5のCPUは、AMDの第3世代RyzenシリーズであるZen2を採用。

PS4で使われていたJaguarより1つ後の世代のCPUです。

8コア16スレッドなこともあり、

一般的なPCよりも高性能なCPUを搭載している

ことがわかります。

GPU

PS4

1.84 TFLOPS

AMD Radeon 800MHz

PS4pro

4.20 TFLOPS

AMD Radeon  911MHz

PS5

10.3 TFLOPS

AMD Radeon カスタム RDNA 2

最大2.23GHz

レイトレーシング対応

PS5のGPUは、カスタムGPUとなっていて、

演算性能は、PS4の約5倍、PS4 Proの約2倍以上の高速化を実現

しています。

さらにレイトレーシングに対応しており、

人間の目で見た景色に近い映像を表現

できる最新鋭の技術です。

PS4のGPUが発売当時2万円程度で買えるもの

だったのに対し、

PS5のGPUはオリジナルカスタム、しかも『RDNA2』自体、まだ発売されていないもの

なことから、違いは一目瞭然です。

システムメモリ

PS4

GDDR5 8GB 176GB/s

PS4pro

GDDR5 8GB 218GB/s

PS5

GDDR6 16GB 448GB/s

PS5のメモリは、PS4のGDDR5の次世代型であるGDDR6を採用しています。

また、1秒にどのくらいの情報を送れるかがわかるバンド幅も、

PS4の約3倍、PS4proの約2倍

になっており、純粋にスペックアップしたことがわかりますね。

ストレージ

PS4

HDD 1TB/500GB

SATA3(3GB/s)

読み込み速度:約50~100MB/s

PS4pro

HDD 1TB、2TB

Serial ATA 3.0(6Gb/s)

内蔵HDD→SSD換装可能

PS5

カスタムSSD 825GB

読み込み速度:約5.5GB/s(Raw)

ストレージは、PS4ではHDDでしたが、

PS5はSSD

が標準搭載になりました。

 

ストレージがSSDになったことで、どう変化したのか?

まず、ロード時間が大幅に短くなりました。

SIEによれば、

2GBのロード時間が、PS4では約40秒だったのが、PS5では約0.27秒

にまで短くなっています。

容量だけをみれば、PS4には1TB、proには2TBがあるため劣ります。

しかしPS5は、外付けSSDによる容量の拡張が可能なのです。

映像出力

PS4

720p(HD)

1080p(フルHD)

PS4pro

720p(HD)

1080p(フルHD)

2160p(4K)

PS5

720p(HD)

1080p(フルHD)

2160p(4K)

4320p(8K)

画質は圧倒的な差があります。

PS5はなんと、

8K画質に対応!

4Kすら一般には、あまり浸透していないのに、8Kまでサポートするなんて、とんでもないですよね。

画質の違いは、かなりの差が生まれるとみていいでしょう。

光学ディスク

PS4

BD 6倍速CAV、DVD 8倍速CAV

PS4pro

BD 6倍速CAV、DVD 8倍速CAV

PS5

Ultra HD Blu-ray™ (100GBまで)

PS5のゲームディスクは、Ultra HD Blu-ray™ となっていて、100GBまで対応。

この数字は、PS4の2倍なんですよ。

オーディオ

PS4

DTS-HDマスターオーディオ7.1

ドルビーTrueHD

PS4pro

DTS-HDマスターオーディオ7.1

ドルビーTrueHD

PS5

“Tempest” 3D オーディオ技術

PS5では、“Tempest” 3D オーディオ技術に対応。

これにより、

前後左右といった平面はもちろん、上下の音もはっきりとわかる立体音響を体感できる

ようになりました!

上下の音もはっきりわかるのは、PS5にしかできない芸当です。

わざわざサラウンドシステムを作らなくても、立体音響でゲームができるのは、ゲームへの没入感をさらに高めてくれそうですよね。

消費電力

PS4

最大165W

PS4pro

最大310W

PS5

350W(PS5デジタルエディションは340W)

PS5は、全体的にスペックアップし、ゲーム体験をよりよくするための技術が盛り込まれていることから、

消費電力は、PS4よりもPS5が圧倒的に大きくなってしまいます。

こればかりは、仕方ありません。

USB端子

PS4

Super-Speed USB (USB 3.0 Gen1)2ポート

PS4pro

Super-Speed USB (USB 3.1 Gen1)3ポート

PS5

USB Type-A 端子 (Hi-Speed USB)

USB Type-A 端子 (Super-Speed USB 10Gbps)2ポート

USB Type-C® 端子 (Super-Speed USB 10Gbps)

PS5のUSBは、PS4までの5.0Gbpsに比べて、10Gbpsになっています。

データ転送が、PS4の2倍速くなりました。

AV出力

PS4

HDMI出力端子(1.4a対応)

PS4pro

HDMI出力端子(2.0b対応)

光デジタル出力端子

PS5

HDMI出力端子(2.1対応)

PS5では、光デジタル出力端子に対応しなくなってしまいました。

ASTROのMixAmpなどを使っている人の場合、HDMIアダプタを用意する必要が出てきました。

大きさ

PS4

約265mm × 39mm × 288mm

PS4pro

約295mm × 55mm × 327mm

PS5

約390mm×104mm×260mm

デジタルエディション:約390mm×92mm×260mm

大きさは、PS4Proと比べ、PS5は巨大化しています。

PS5同士の比較だと、デジタルエディションがディスクレスになっている分だけ、横幅がスリムですね。

重さ

PS4

2.1㎏

PS4pro

3.3㎏

PS5

4.5kg

デジタルエディション:3.9kg

PS5はサイズが大きくなったので、当然ながら重さも増加。

4.5㎏というと、

容量が40GBに統一された2代目PS3『CECHH00』シリーズとほぼ同じ(4.4㎏)

になりますね。

重かったと言われていた頃のPS3と同じくらいの重量です。

当時のPS3を知らない人にとっては、ずっしりくるはずですよ。

後方互換

PS4

なし

PS4pro

なし

PS5

PS4の数千タイトルに対応

PS5は、後方互換に対応しています。

つまり、

PS5で、PS4のゲームを遊ぶことができる

というわけです。

なので、PS4のゲームが次世代ハードになったからといって無駄になることなく、今後も遊び続けることが可能ですよ。

 

大きな違いがある部分は、このあたりです。

この他にも、コントローラーに違いがあり、PS5のコントローラーには、

  • L・Rボタンに、音や状況に応じて振動を制御するハプティック技術が搭載
  • L2・R2ボタンの抵抗力をケースによって変化させるアダプティブトリガー技術
  • PS4のコントローラーにはマイクがなかったが、PS5のコントローラーはマイク内蔵

など、本体以外にも変わった点は多いです。

 

PS5は、大きく進化していて、明らかに6~7万円かかっても、おかしくなさそうなスペックをしているのに、

価格が税別49,980円(デジタルエディションは39,980円

であることは、本当にすごいですよね!

SIEが、大赤字にならないか心配になるほどです。

スポンサーリンク

まとめ

スペックを比較すると、PS5が、

  • ハイエンドモデルであるPS4proを軽く上回る性能をしている
  • 価格帯にしてはあまりにも高スペックなゲーム機

であることが、改めてわかりました。

 

とくに、画質とロード速度の差が大きく違います。

  • PS4ではProでも4K対応が精いっぱいだったのに、PS5では8K対応
  • ストレージはSSDになったことで、ロード速度はがPS4の100倍以上

ロード速度が爆速になったことは、とてもありがたいことですよね。

関連記事

  • この記事を書いた人

watari1

創作活動を趣味にしている、中部地方在住の20代男です。 これまで世の中に関心が持てず、これといって誇れるものも持っていないため、ペシミズム的な思考でなんとなく日々を消化しているだけでした。でも、昨今の世界情勢や周囲の環境の変化で生活への不安を感じ、活動できる場を持ちたいと思うように。 記事の執筆を通じて、新たな知識や物の見方を増やしていきます。

-アーカイブ