アーカイブ

【独学】ピアノを簡単に両手で弾くコツを解説!左手の練習法とは

ピアノをはじめて間もない頃に、誰もがぶつかるのが

  • なかなか両手で弾けない!
  • 両手で合わせようとすると、頭が混乱する!
  • 左手が思うように動かない!

ということです。

 

ピアノをはじめたばかりの頃は、

『両手の指をそれぞれに動かしてピアノを弾く』

という作業に、脳も手も慣れていません。

両手で弾くことは、けっこう大変です。

また、利き手ではない手は、どうしてもうまく動かせないものです。

 

でも、着実に練習していけば、両手で弾けるようになります!

 

この記事では『独学でピアノを弾けるようになりたい』という人のために、

  • 両手で弾くためのコツ
  • 左手もしっかり弾けるようになるための練習法

について解説します。

『左利きで、右手がうまく動かない』という人は、右手の練習の参考にしてくださいね。

スポンサーリンク

独学でピアノを習得したい!ピアノを両手で弾くためのコツとは

まず、片手ずつでしっかり練習

両手で弾けるようになるためには、

片手ずつでしっかり弾けるようになっておくこと

が大切です。

片手だけで弾けないのに、両手で合わせられることはないのです。

 

片手ずつ練習する時には

  • 音とリズムをしっかり確認し、ゆっくり弾く
  • 音がきちんとなぞれて、リズムが崩れなくなるまで弾きこむ

ということに気をつけて練習してください。

 

リズムが崩れやすい時は、メトロノームに合わせて

  • 手拍子で右手(左手)のリズムを打つ
  • 手拍子でリズムを打ちながら、右手(左手)のパートを歌う
  • リズムがしっかり把握できたら、ピアノで弾く

という練習をすると良いですよ。

 

メモ

片手ずつ練習するとしても、その日の練習の中で必ず、右手と左手両方の練習をしましょう。

右手にも左手にも、『ピアノを弾く』ということを、なるべく早くなじませるためです。

『今日は右手だけで、明日は左手だけ』というやりかたは、おすすめしません。

両手で合わせる時の基本的な練習法

片手ずつスムーズに弾けるようになったら、いよいよ両手で合わせます。

 

まず、実際に音を出す前に、楽譜をよく見て、

  • 右手と左手の音が重なるところ
  • 右手と左手のタイミングがずれるところ

を、じっくりチェックしましょう。

右手の音と左手の音が同時に出るところの音符を線でつなぐと、わかりやすいですよ。

 

楽譜をよくチェックしたら、いよいよ合わせる練習です。

  1. 1小節ずつ、多くても2小節ずつ練習する
  2. 右手と左手の音を出すタイミングに注意しながら、ゆっくり合わせる
  3. 1小節目ができたら、2小節目を練習する
  4. 2小節目ができたら、1小節目と2小節目をつなげて弾く

と練習をして、少しずつ弾ける小節を増やしていってください。

 

『1小節だけでもなかなか合わせられない』という時は、

さらに細かく分けて、1~2拍ごとに練習すると良いです。

 

最初から最後まで通して合わせたくなるかもしれません。

でも、そこは我慢。

『通して合わせるのを繰り返す』という練習の仕方は、逆に効率が悪いのです。

少しずつ練習していくほうが、早く弾けるようになりますよ。

 

メモ

両手を合わせる練習の時は、

『曲を弾く』という意識ではなく、『両手の音を合わせる』ということを意識すると良いです。

『曲を弾く』という意識だと、ついメロディーを追うほうに気持ちが持っていかれてしまうからです。

まず合わせられるようにして、最後まで合わせられるようになったら、『曲を弾く』という意識を持って弾いてください。

両手で合わせやすくするための練習法

両手で合わせる前に、

  • 音源や録音に合わせて弾く
  • 左手のパートを弾きながら、メロディーを歌う
  • 左手を弾きながら、右手の音のリズムを打つ

という練習をすると、両手で合わせやすくなります。

両手で合わせるのが難しい時にも、やってみてくださいね。

音源や録音に合わせて弾く

両手になるとうまく弾けない時は、

片手ずつ、教材のDVDや動画など、音源に合わせて弾いてみましょう。

 

ピアノ教室などでは、

『片手のパートを生徒が、もう片方の手の分を講師が弾く』

というレッスンが、よくあります。

独学の時は、音源に講師役をやってもらえば、このレッスンに近いことができます。

 

音源に合わせて弾く時も、数小節ずつ練習すると良いですよ。

 

また、片手ずつでテンポやリズムが崩れずに弾けるなら、

  • 右手だけで弾いたのを録音して、それを聴きながら左手で弾く
  • 左手だけで弾いたのを録音して、それを聴きながら右手で弾く

というのも、とても良い練習になります。

左手に合わせて歌う

『左手だけで弾きながら、右手のメロディーを歌う』

というのも、とても良い練習になります。

 

この練習では、左手がメロディーにつられてしまうことが、よくあります。

でも、ぐっとふんばって、つられないようにしてください。

その『つられないようにがんばる』ことが、両手で合わせるための練習になるのです。

 

なお、『右手を弾きながら左手を歌う』というのは、やらなくてOKです。

『つられないようにする練習』ですし、『メロディーを聴きながら左手のパートを歌う』のは、とても難しいですから。

 

メモ

弾きながら歌う時は、歌詞は『ラララ』でもなんでもOKです。

また、『左手で弾きながら歌う』ということそのものが大事ですから、歌の上手さは気にしなくてよいです。

左手に合わせて右手のリズムを打つ

  • 左手のパートを弾きながら、右手のメロディーのリズムを打つ
  • 左手のパートを弾きながら、右手のメロディーのリズム打ち+歌う

という練習法もあります。

 

これも、左手が右手につられないようにする練習です。

最初はなかなかできないかもしれませんが、根気よくやってみてくださいね。

両手で同時に弾くことそのものが難しい時の練習法

そもそも、右手と左手の指を同時に動かすのが難しいんだよ!

という時は、まず『右手の指と左手の指を同時に動かす』ということに慣れましょう。

 

そのためには、

『右手と左手で同じ音を弾く』という練習がおすすめです。

 

この練習の時は、いわゆる『曲』でなくてもかまいません。

たとえば、こういう音でOKです。

『右手と左手で同じ音を弾く練習』例

最初は、どの指を動かすのか混乱したり、右手と左手がずれたりするかもしれません。

でも、誰でも最初はそうです。

根気良く繰り返し練習して、『右手と左手の指を同時に動かす感覚』を手に馴染ませてください。

 

左手だってきれいに弾きたい!左手のための練習法とは

『利き手ではないほうの手』は、なかなか思うように動かせないものです。

『ピアノを弾く』という、指の細かい動きなら、なおのこと思い通りには動きません。

プロのピアニストも、ピアノを弾き始めたばかりの頃は、そうだったんですよ!

 

でも、練習を重ねていけば、少しずつ少しずつ、指をスムーズに動かせるようになっていきます。

 

ここからは、左手のための練習法について、解説します。

左手だけで基礎練習をしてみよう

左手の指をスムーズに動かせるようになるためにおすすめなのが、

左手だけで

  • 音階
  • アルペジオ(分散和音)
  • 和音を弾く

といった基礎練習をすること。

 

といっても、難しく考える必要はありません。

たとえば、先に挙げた『右手と左手で同じ音を出す練習』。

これを左手だけで弾くのでも良いのです。

 

基礎練習をする時には、

  • リズムが崩れないようにする
  • 音の大きさをそろえる

ということを意識して、丁寧に弾いてくださいね。

 

メモ

基礎練習も楽しめるなら、『ハノン』という練習曲集を使うのもおすすめです。

ハノンには、いろいろな音形や和音、音階などが載っているので、基礎練習にはとても良い本ですよ!

曲を使って『基礎練習』をしてもOK

ひろし
うーん、基礎練習が大事なのはわかるけど、正直、つまらないんだよね…。

その気持ち、わかります。

『基礎練習は好きじゃない』という人、けっこう多いんですよ。

それに、『基礎練習をしていると、曲の練習をする時間がなくなる』ということもあるでしょう。

 

そんな時は、

  • 曲の左手のパートをていねいに弾く
  • 曲の左手のパートの中で弾きにくいところを抜き出して、繰り返し練習する

という方法がおすすめです。

曲を上手に弾くための練習にもなるので、一石二鳥ですよ!

 

ただし、曲を使って練習する時には、『曲を弾く』ことに気を取られないように、気をつけてください。

『リズムを整える』『音の大きさをそろえる』ということに、注意が向きにくくなるからです。

 

曲を使って練習する時には

左手の練習として弾く

⇒リズムを正確にすることや、音の大きさをそろえることに集中する

曲の練習をする

⇒『音の流れを意識しながら弾く』

というふうに、気持ちを切り替えてくださいね。

曲の左手のパートをうまく弾くコツ

曲の左手のパートをうまく弾けるようになるには

『左手のメロディーや響きの移り変わりを意識する』

ということが大事です。

 

ひろし
えっ、左手ってメロディーじゃなくて『伴奏』じゃないの?

たしかに、左手は、『主旋律(メインのメロディー)』ではないことが多いですし、そのため『伴奏』と思われがちです。

 

でも、左手の音にも、メロディーはあります。

 

例として、有名な『メヌエット ト長調』の最初の部分の、左手のパートを見てみましょう。

『メヌエット ト長調』冒頭の左手のパート

『ソシレーラシー、ドーシー…』という流れが、メロディーになっているのです。

 

また、左手のパートがこのようなパターンの曲もありますよね。

『ブンチャッチャ』の中にあるメロディーと響きの変化

このパターンの中には、

  • 低い音の『ドーシーラーシー』がベースのメロディーになっている
  • ミとソの和音は変わらないが、ベースのメロディーが変わることで、音の響きが変わる

という要素があります。

 

なぜ『メロディー』と『響きの変化』を意識すると良いかというと、

  • 音を覚えやすくなる
  • 音楽がより生き生きしてくる

という効果があるからです。

 

1つ1つの音をバラバラに捉えるのは、『ピアノ』という言葉を『ピ』『ア』『ノ』と、『1つ1つの発音を並べたもの』として捉えているのと似たようなことです。

ただ音を並べただけだと、覚えにくいですよね。

でも、『ピアノ』という、『意味を持つ言葉』で捉えると、覚えやすくなります。

それと同じです。

 

そして、意味を感じながら使うと生き生きしてくるのも、音楽も言葉も同じです。

左手のパートも生き生きしてくると、両手で弾く時に、よりステキな音楽になりますよ!

スポンサーリンク

まとめ

ピアノを両手で弾くには、

  • まず、片手ずつでしっかり弾けるように練習する
  • 音やタイミングを確認しながら、1~2小節くらいの長さずつ、ゆっくり両手で合わせる
  • ゆっくり両手で合わせられたら、少しずつテンポを上げて、目標のテンポにもっていく

という、地道な練習が、一番の近道です。

 

また、左手もうまく弾けるようにするには、

  • 左手だけで、シンプルなパターンを使って、基礎練習をする
  • 基礎練習が苦手なら、曲の左手の部分をしっかり練習する

という練習がおすすめです。

 

そして曲の練習をする時には、

左手のメロディーや、音の響きの変化も、ぜひ意識してください。

音を覚えやすくなりますし、曲もステキになります。

 

『利き手ではない手』は、なかなか言うことをきいてくれないものです。

でも焦らずに、じっくり練習を積み重ねていってくださいね。

いつの間にか、左手もスムーズに動かせるようになりますよ!

関連記事

  • この記事を書いた人

Metasequoia

関東在住、いろいろな仕事や家事をしながら暮らしているおばちゃんです。 趣味は、読書、ピアノ、手芸など。 それに加え、雑学や調べ物、文章を書くことが大好きです。 何かがわかるのも、それを文章で伝えるのも、面白い!

-アーカイブ

Copyright © スピカ紀行, 2017~2021 All Rights Reserved