ワンピース

ワンピース最新話(972話)確定ネタバレ!週刊少年ジャンプ最新号より

2020年2月22日発売の週刊少年ジャンプ2020年13号(最新号)掲載のワンピース最新話(972話)のネタバレになります。

最新話(972話)のネタバレと合わせて、今後の考察や感想も、まとめていますよ。

 

打倒カイドウに動き出したおでん達。

しかし、おでんの作戦は、カイドウにバレていたのです。

それでもおでんと赤鞘九人男、しのぶの11人は善戦し、おでんはカイドウに一太刀浴びせました。

カイドウにとどめを刺そうとしたその時……

黒炭ひぐらしがモモの助の姿に化けて、おでんの注意をそらし、その隙にカイドウがおでんを倒してしまいます。

戦いに敗けてしまったおでん達は、投獄され、3日後に『釜茹での刑』に処せられることが決まりました。

 

ついにおでんの処刑が……

おでんの最期が近づいてきていますね。

 

まずは前回までのワンピース971話『釜茹での刑』のネタバレから確認していきましょう。

続けて、最新話(972話)のネタバレもしていきますよ。

スポンサーリンク

ワンピース971話『釜茹での刑』ストーリーネタバレ

おでんの処刑執行の日。

九里城では、モモの助達の食事の毒見が行われていました。

ワンピース971話_毒見

一方、花の都では、光月おでんと家臣9名の公開処刑の準備が整います。

大きな釜には、煮えたぎる油が……。

町民達は、『釜茹で』は滅多に見られないと、処刑場に集まってきています。

刑の執行直前、おでんはオロチとカイドウに

「チャンスが欲しい!!」

と条件を出しました。

おでんの条件

10人全員で釜に入り、オロチとカイドウが決めた時間を耐えきった者がいたら解放して欲しい

一瞬で命を落とす処刑にもかかわらず、『耐える』という提案を面白がったカイドウは、

「1時間だ!!」

と条件をのみました。

カイドウの返答を聞き、躊躇なく釜に入るおでん。

釜の中は、強靭な肉体と精神を持つおでんが、悲鳴を上げてしまうほどの高温でした。

おでんに引き続き、飛び込もうとする錦えもん達。

しかし、おでんは

「そのまま橋板に乗ってろ!!」

と命令し、橋板ごと錦えもん達を担ぎ上げました。

その状態で4分経過した頃、野次馬をしていた民衆達が

「つまらない」

と言い始めます。

処刑の様子を見ていたしのぶは、我慢できず、ヤジを飛ばしていた民衆に襲い掛かりました。

そして、『おでんがどうしてバカ殿を演じてきたのか』を語り出します。

おでんが帰還した日、オロチ・カイドウとおでんが交わした約束が明らかになりました。

オロチが『将軍』の座についた理由は、ワノ国を滅ぼし『復讐』するためでした。

黒炭家は、オロチの祖父の罪により『黒炭家』というだけで迫害を受けてきたのです。

だから、ワノ国の国民は全員、復讐されて然るべきと話すオロチ。

そして、奥の部屋からカイドウへの『貢ぎ物』である大量の武器と、誘拐した数百人の国民を出してきました。

カイドウに引き渡されたら人間としての人生は送れないと知ったおでんは、カイドウに怒りをぶつけます。

そこに、オロチがある提案を持ちかけました。

オロチの提案

毎週定時刻に『黒炭家』への謝罪の『裸踊り』をすれば、1回踊るたび100人の命を救える

造ってる船が完成したら5年後にワノ国を出航する

提案をのんだおでんは、毎週各郷に変わりがないか確認しながら、ワノ国を守り続けていたのです。

しのぶの口から、バカ殿を演じていた真相が明らかになったところで、次回の972話(最新話)に話が続いていきます。

スポンサーリンク

ワンピース最新話(972話)確定ネタバレ『煮えてなんぼのおでんに候』

釜茹での刑ではおでんを処刑することはできず、結局カイドウが銃でおでんを処刑。

その時に、

「(マネマネの実の)ババアの件は悪かったな。○しておいた」

とカイドウの言葉。

これはおそらく、

『モモの助の偽物のせいで、おでんが負けたこと』

をカイドウが認めていると思われる。

 

ワンピースの今後の展開を考察

冒頭でもお伝えしましたが、最近のワンピースは

『光月おでんの過去のストーリー』

が描かれています。

 

ワンピース最新話までに、気になるポイントがいくつかありましたね。

重要なストーリーになるかもしれない、そのポイントを確認していきましょう。

もしかしたら毒見役がスパイか!?

スパイが城内にいる可能性があるからでしょうか……モモの助達の食事に毒見が行われています。

ここで気になるのは、毒見役の侍。

おでんの父スキヤキの側近だった人ですね。

ワンピース960話_スキヤキの側近

羽織も光月家の家紋が入っているので、光月家に仕えているのでしょうが……いつから九里にいたのでしょうか。

もしスキヤキが亡くなってからだとしたら……

黒炭ひぐらしが、スキヤキになりすましていることに気付かなかったのか?

おでんが帰還すれば将軍になると知っていながら、なぜ花の都で待たなかったのか?

といった疑問が浮かんできます。

もしかしたら、スキヤキになりすました黒炭ひぐらしに追い出されたのかもしれません。

また、現代に登場してきていないので、九里城を攻められたときに、トキと一緒に亡くなっているかもしれません。

ですが、まだスパイが誰か明らかになっていないので、怪しいと考えてしまいますね。

後世に語り継がれる『伝説の1時間』

『おでん達の公開処刑』が『伝説の1時間』だったのですね。

役人が誤って釜に落ちてしまった時は、一瞬で発火し、息絶えてしまうほどの高温でした。

しかし、おでんは赤鞘九人男を担ぎ上げて、耐えています。

どうして、おでんは耐えられるのでしょうか。

武装色の覇気でガードしている

おでんの体が黒くなっていないので、武装色の覇気ではなさそうですね。

桜流でガードしている

武装色でなければ、『桜流』の可能性がありそうです。

本編では、まだ4分しか経過していません。

果たして、おでんは1時間耐え続けることができるのでしょうか。

 

カイドウ、オロチとの決戦の日を目の前に、ワノ国の過去が明らかになっていきます。

これからも盛り上がりを見せていくこと間違いなしのワンピース。

今後も気になるところを確認することでより楽しんでいくことができるかと思います。

今後のワンピースにも目が離せませんね!

関連記事

-ワンピース

Copyright© スピカ紀行 , 2020 All Rights Reserved.