スポーツ

紀平梨花が師事する新コーチの実績や経歴をチェック【五輪銀】

ISU(国際スケート連盟)は、2020年10月7日に、フィギュアスケート選手のバイオを更新しました。

これによると、女子フィギュアスケートの紀平梨花選手は、練習拠点をスイスに置き、

新コーチとして、ステファン・ランビエールコーチの就任が決定

したとのこと。

オリンピック銀メダリストにして、数々の国際大会で金メダルを取ってきた超有名選手がコーチになるということで、紀平梨花選手のさらなるレベルアップが期待されますね。

 

この記事では、紀平梨花選手の新コーチとなったステファン・ランビエールコーチについて、経歴や現役時代の実績を紹介していきます。

スポンサーリンク

紀平梨花の新コーチはステファン・ランビエール

ISUが更新した選手ページ一覧によると、紀平梨花選手が師事するコーチは、

  • ステファン・ランビエールコーチ
  • 浜田美栄コーチ

の2人の名前が載っていました。

新しくステファン・ランビエールコーチに師事しますが、これまでメインで指導していた浜田美栄コーチが解任されたというわけではなく、続投のようですね。

 

しかし、スイスを活動拠点にするということは、メインコーチはランビエールコーチに変更なのでしょう。

当初、紀平梨花選手は、羽生結弦選手を指導しているブライアン・オーサーさんに師事する意向を持っていたようですが…

新型コロナウイルスの影響による渡航制限で、カナダに行くことができなかったみたいですね。

 

新しくコーチになったステファン・ランビエールさんといえば、日本選手では島田高志郎選手、宇野昌磨選手のコーチ経験があり、

現役時代は、2006年のトリノオリンピック銀メダリスト

の実力者です。

その他にも、すごい実績を持っているんですよ。

 

ステファン・ランビエールの経歴・実績

 

ステファン・ランビエールさんの素晴らしい戦績を紹介していきます。

生年月日:1985年4月2日

出身:スイス ヴァレー州マルティニ

身長:177cm

体重:61㎏

スイス生まれの父、ポルトガル出身の母との間に生まれたハーフです。

語学が堪能で、

  • 英語
  • フランス語
  • ドイツ語
  • ポルトガル

が話せるマルチリンガルです。

さらには現在、イタリア語と日本語も勉強中みたいですよ。

 

ステファン・ランビエールさんがスケートを始めたのは、彼が7歳の時でした。

3歳年上の姉と一緒にスケートリンクに行った際、その芸術性に魅了され、スケートを始めたのです。

スケートをするようになって4年後には、スイスのノービスチャンピオンに輝き、ジュニアクラスになった後は、

  • スイス選手権ジュニアクラス2連覇
  • 2001年世界ジュニア選手権5位

といった成績を収め、2000-2001シーズンからはシニアクラスに上がりました。

 

シニアクラスになってからは、さらに実力が開花していき、

シニア参戦初年に、いきなりスイス選手権で初優勝

すると、以降スイス選手権8連覇の偉業を達成。

(1度目の引退によって出場しなかった年を除けば9連覇!

 

2003年頃から怪我の影響もあり、スランプに陥りますが、4回転ジャンプを取り入れたことで復活し、

2005年の世界選手権で優勝、続く2006年も優勝し、スイス選手初の世界選手権2連覇を達成!

 

ステファン・ランビエールさんの現役時代最盛期は、2005-2006シーズンでしょう。

先述した2006年の世界選手権金メダルに加え、グランプリファイナル優勝、欧州選手権2位の成績を残すと、

2006年のトリノオリンピックでは2位となり、銀メダルを獲得!

五輪のメダリストとなったのです。

 

その一方で、銀メダリストとなったことや、世界選手権2連覇を果たしたことで、フィギュアスケート選手としての情熱を失いつつもあったステファン・ランビエールさん。

2006-2007年シーズンは、

内なる炎がなくなった

として欧州選手権を棄権したり、アイスショーに出演するなど、一線から離れることも考えていたようです。

 

ファンの想いにこたえ、2007年の世界選手権で銅メダルを獲得し、続く2007-2008シーズンも、

  • 2007年グランプリファイナル金メダル
  • 2008年欧州選手権銀メダル

と表彰台に立つ活躍を見せましたが、2008年の世界選手権で足を痛めてしまい、なかなか回復しないこともあって、

2008年に1度目の引退を表明。

プロスケーターとしての活動や、慈善活動をするようになりました。

 

しかし、問題となっていた怪我がよくなったこともあって、ステファン・ランビエールさんは、

2009年7月25日、フィギュアスケート選手としての復帰を発表!

バンクーバーオリンピック出場を目指し、競技会に出場していくことを決めました。

実力は一線を離れていたとはいえ、まだまだ健在で、

  • ネーベルホルン杯優勝
  • スイス選手権優勝
  • 2010年欧州選手権銀メダル

といった成績を残して、見事バンクーバーオリンピックに出場!

高橋大輔選手に0.51点及ばず、惜しくもメダル獲得はなりませんでしたが、4位入賞という素晴らしい結果を収めました。

 

そして2010年3月、2度目の引退を発表。

ステファン・ランビエールさんは選手としての生活を終え、現在はプロスケーター、振付師、コーチ活動をおこなっています。

2016年には、デニス・ヴァシリエフス選手のコーチ、2019年には、宇野昌磨選手のコーチも務めたんですよ。

 

ここまで、ステファン・ランビエールさんの経歴・実績を紹介してきました。

しかし、忘れてはいけないのが、ステファン・ランビエールさんの現役時代のすばらしさです。

ステファン・ランビエールさん最大の持ち味は、

素早いスピンと芸術力

にあり、スピンの速さは世界一と言われ、彼の代名詞になるほどでした。

芸術力の高さは実績にも表れており、

男子シングルでは、史上初めて演技構成点で9点台を獲得した選手

なんです!

名実ともに素晴らしいステファン・ランビエールさんがコーチとなるなら、紀平梨花選手はさらなる成長に期待ができそうですね!

スポンサーリンク

まとめ

ステファン・ランビエールさんは、2006年のトリノオリンピック銀メダリストにして、

  • スイス選手権8連覇
  • 欧州選手権2連覇

などの偉業を果たした、素晴らしい選手だったことがわかりましたね。

実績は十分ですから、あとは紀平梨花選手が、新コーチからどれだけ技術を吸収できるかです。

ステファン・ランビエールコーチからスピンや表現力の極意を教わり、さらなる高みへ登っていくことに期待したいものです!

関連記事

  • この記事を書いた人

watari1

創作活動を趣味にしている、中部地方在住の20代男です。 これまで世の中に関心が持てず、これといって誇れるものも持っていないため、ペシミズム的な思考でなんとなく日々を消化しているだけでした。でも、昨今の世界情勢や周囲の環境の変化で生活への不安を感じ、活動できる場を持ちたいと思うように。 記事の執筆を通じて、新たな知識や物の見方を増やしていきます。

-スポーツ

Copyright © スピカ紀行, 2017~2020 All Rights Reserved