アーカイブ

【性能】PS5と新型XboxSeriesX/Sの違いとは?スペックを比較検証

いよいよ次世代ハードの時代が到来します。

2020年11月は、Xboxシリーズの新機種『Xbox Series X』、『Xbox Series S』の2つが発売。

そしてもう1つ、プレイステーションシリーズの新機種『PS5』が発売されます!

 

スペック面におけるXboxシリーズとプレイステーションシリーズは、しのぎを削ってきたライバル同士。

この記事では、そんな次世代ハードであるPS5とXbox Series X/Sのスペックの違いを比較していきます!

スポンサーリンク

PS5とXbox Series X/Sのスペック比較

さっそく、PS5とXbox Series XとSの違いを、スペックで比較していきましょう。

CPU

PS5

x86-64-AMD Ryzen "Zen2"

8コア/16スレッド 最大3.5GHz

Xbox SeriesX

8コア AMD Zen 2 [email protected]

SMT付き 最大3.8GHz

Xbox SeriesS

8コア AMD Zen 2 [email protected]

SMT付き 最大3.6GHz

CPUでは、両者の違いはそれほどなく、アーキテクチャも同じものを使っています。

違いとなると、動作周波数が、若干Xbox SeriesXのほうが上なくらいでしょうか。

GPU

PS5

AMD Radeon カスタム RDNA 2 36CU@2.23GHz

Xbox SeriesX

AMD RDNA 2 GPU 52CUs@1.825GHz

Xbox SeriesS

AMD RDNA 2 GPU 20CUs@1.565GHz

GPU性能

PS5

10.3 TFLOPS

Xbox SeriesX

12.15TFLOPS

Xbox SeriesS

4TFLOPS

GPUの性能は、差が見えます。

動作周波数は、PS5のほうが高いですが、コンピュート・ユニット数はXbox SeriesXのほうが多いですね。

CU数が多い方が処理コアが増え、演算能力が高くなるので、GPU性能はXbox SeriesXがPS5を上回っていると見ていいでしょう。

 

しかし、PS5のスペック発表の際にSIEは、

CUの数が全てではない、動作周波数が大切だ

という内容を言っていたみたいですから、SIEにも独自の考え方がありそうです。

システムメモリ

PS5

16GB GDDR6 448GB/s

Xbox SeriesX

16GB GDDR6 ([email protected]/s+[email protected]/s)

Xbox SeriesS

10GB GDDR6 ([email protected]/s+[email protected]/s)

システムメモリは、性能を抑えた廉価版であるXbox SeriesSのみ容量が少なくなっていて、PS5とXbox SeriesXの違いはないに等しいです。

帯域幅が違いますが、普通にプレイしているぐらいでは気づかない程度の違いでしかありません。

ストレージ

PS5

カスタムSSD 825GB

5.5GB/s (Raw)

8~9GB/s (Compressed)

Xbox SeriesX

1TB PCle Gen 4 NVME SSD

2.4GB/s(Raw)

4.8GB/s(Compressed)

Xbox SeriesS

512GB PCle Gen 4 NVME SSD

2.4GB/s(Raw)

4.8GB/s(Compressed)

内蔵ストレージは、どれもSSDを採用しています。

容量は、Xbox SeriesX>PS5>Xbox SeriesSとなっていますが、通信速度はPS5が圧倒的!

PS5の通信速度は、

無圧縮時で5.5GB/s

となっており、これがどのくらい速いかというと、

2GBのロード時間が約0.27秒

になります。

Xbox SeriesXでは、圧縮した状態でやっと4.8GB/sなので、大きくPS5が上回っている部分と言えますね。

 

ちなみに、外部ストレージは、どれも

USB 3.2 HDD Support

ですが、PS5の外部ストレージ対応は、後のアップデートでの実装になり、発売後すぐには利用できません。

解像度

PS5

720p(HD)

1080p(フルHD)

2160p(4K)

4320p(8K)

Xbox SeriesX

1080p

1440p

2160p(4K)

4320p(8K)

Xbox SeriesS

1080p

1440p

解像度は、PS5とXbox SeriesXは、どちらも4K、8Kに対応しています。

Xbox SeriesXは一部のタイトルのみ、8Kが6Kレンダリングされるので注意が必要です。

 

また、PS5は、

発売時は8K対応ディスプレイでも4K出力しかできず、将来のアップデートで8K対応になる

とのこと。

発売時点では、Xbox SeriesXに軍配が上がります。

一方で、廉価版のXbox SeriesSは1440pまでしか対応しないみたいですね。

まぁゲームで4Kや8Kを求めることは少ないでしょうし、そんなにすごい画質に対応しなくてもいいかなと、筆者としては思いますが…。

人間の目で見た景色に近い映像を表現できるレイトレーシングは、どれも対応済です。

 

これらを見る限り、廉価版であるXbox SeriesSのスペックが全体的に劣っているのは仕方がないとして、

PS5とXbox SeriesXは似たようなスペックをしている

ことがわかりますね。

 

最後にスペックではありませんが、価格の比較もしてみましょう。

PS5、Xbox SeriesX/Sの価格は以下の通りです。

PS5

通常版:49,980円

デジタルエディション:39,980円

Xbox SeriesX

49,980円

Xbox SeriesS

29,980円

どちらも通常の性能を持ったバージョンは、似たような価格です。

ただ、Xbox SeriesS性能を抑えた廉価版だけあって、価格の安さは圧倒的ですね。

PS5も、ディスクレス版のデジタルエディションは通常版より安くしているなど、性能を削った廉価版を出しています。

スポンサーリンク

まとめ

両者のスペック上の違いは些細なものが多く、

PS5の圧倒的なSSDの通信速度

以外は、ほぼ体感できないレベルの差と考えていいでしょう。

PS5もXbox SeriesXも似通ったスペックです。

日本を除く世界でのシェアは、どちらが勝つか想像もつきませんね。

 

ゲーム機戦争はどちらが勝つのか、勝負を分けるのはタイトルの差になりそうです。

どれだけスペックが良くても、結局はゲーム機なのです。

独占タイトルに、どれだけ魅力的かつ大ブームを巻き起こせるソフトを呼んでこられるか、ですよね。

 

日本だと、Xboxシリーズのシェアが圧倒的に低く、存在感がないので、PS5が圧勝すると思われます。

関連記事

  • この記事を書いた人

watari1

創作活動を趣味にしている、中部地方在住の20代男です。 これまで世の中に関心が持てず、これといって誇れるものも持っていないため、ペシミズム的な思考でなんとなく日々を消化しているだけでした。でも、昨今の世界情勢や周囲の環境の変化で生活への不安を感じ、活動できる場を持ちたいと思うように。 記事の執筆を通じて、新たな知識や物の見方を増やしていきます。

-アーカイブ

Copyright © スピカ紀行, 2017~2021 All Rights Reserved