アーカイブ

噂の!東京マガジンは打ち切り?番組終了の理由と視聴率をチェック

近年、長寿番組の終了が増えてきていますよね。

TBSのお昼の顔として親しまれてきた、『噂の!東京マガジン』も、番組終了となることがわかりました。

平成元年から放送がスタートし、実に32年の歴史を誇る長寿番組が終了発表…

なぜ32年も続いた番組が終了してしまうのか?

番組終了というと、基本は視聴率の理由が考えられますが、果たして…?

 

この記事では、『噂の!東京マガジン』が番組終了になった理由をお話していきます。

スポンサーリンク

『噂の!東京マガジン』が2021年3月で番組終了へ

『噂の!東京マガジン』は、TBSで日曜日の13時から放送されている娯楽ワイドショー・情報番組です。

1989年から始まった番組で、司会は森本毅郎さんが務めています。

出演者も豪華で、清水国明さん、山口良一さん、笑福亭笑瓶さん、風見しんごさん、Take2深沢さんなどが出ていますね。

 

東京方面ではお昼の顔として、『アッコにおまかせ!』と並ぶ存在だった『噂の!東京マガジン』。

残念ながら、

2021年3月をもって、番組終了

になることが決まってしまいました。

視聴率低迷という話もなかっただけに、驚きですが…

なぜ『噂の!東京マガジン』は終了してしまうのか?

 

視聴率が悪い?『噂の!東京マガジン』終了の理由は?

 

『噂の!東京マガジン』が終了となる理由…

通常、番組の終了と言われると、真っ先に理由の候補として挙がるのが、

視聴率

ですよね。

視聴率の低迷で打ち切り終了…という番組はよく見かけます。

『噂の!東京マガジン』の視聴率は、どうだったのでしょうか?

 

実は、『噂の!東京マガジン』の視聴率は悪い数字ではありません。

長寿番組ながら、

25周年を迎えた2014年時点で、平均視聴率は10.2%

と高水準!

この数字がどれくらい高いかというと、驚くべきことに、

同時間帯の年間平均視聴率は、1997年から22年連続でトップ

2020年11月8日の放送の視聴率は8.1%で同時間帯トップの数字

などの数字を残しています。

『噂の!東京マガジン』は、昔から現在に至るまで、日曜13時台の覇権を握り続けている番組だったのです。

これだけ視聴率が好調で、他局の追随を許さない独走状態なら、番組を終了させる必要もないように思います…

 

『噂の!東京マガジン』の番組終了理由は、他のところにありました。

本当の終了する理由は、ずばり…

  • 視聴者層の若返り
  • コストの削減

この2つです。

 

1つ目の視聴者層の若返りは、2020年3月から導入された、個人視聴率が大きく影響しています。

これまでは、世帯視聴率しかわからなかった視聴率ですが、個人視聴率が導入されたことで、視聴した人数・性別・年齢までわかるようになりました。

個人視聴率が明らかになったことで、民放にとって大切な存在であるスポンサーにも大きな影響を与えます。

スポンサーは、

個人視聴率のデータをもとに、商品を売りたいターゲット層に向けてCMを打つことが可能

になったのです。

そして、スポンサーが積極的にCMを打ちたいと思っている年齢層が、

"ファミリーコア"と呼ばれる、商品購買力のある年齢層(TBSの場合は13~59歳)

です。

テレビの視聴者層で多いのは高齢者層なのですが、実は、高齢者層は購買力が低いため、

CMの単価も低くなってしまう

という欠点があります。

さらに、民放の命であるCMは現在、新型コロナウイルスの影響で激減しています。

CMの数が少ない以上、テレビ局各社はいいスポンサーを確保するための手段をあれこれを打つしかなく、そのうちの1つが、

ファミリーコア層の確保

になるわけです。

 

ここまでファミリーコア層が重要視されるようになった背景に触れましたが…

『噂の!東京マガジン』の番組終了に、どういう関係があるのか?ですよね。

 

実は、『噂の!東京マガジン』の視聴者層は、高齢者が多く、

ファミリーコア層の確保に力を入れているTBSからすると、CM単価に期待できない番組

となっていたのです。

そもそも長寿番組は、長く続いているという特性上、

初期から見ていた人が見続けている=高齢者の割合が高くなる

といった傾向になりやすいです。

すると、内容も高齢者にウケやすいものになるわけで、どうしてもファミリーコア層の確保が難しくなってしまいます。

 

それに加えて浮上してくる問題点が、2つ目の理由に挙げた、コストです。

番組が長く続くに連れレギュラー陣も高齢化していき、キャリアも上がっていくため、ギャラを下げにくくなってしまいます。

ただでさえ、新型コロナウイルスの影響で広告収入が減っているのに、ベテラン芸能人のギャラで制作費が飛んでいってしまうと、局としてはあまりに痛手です。

コストがかかり、CM単価に期待ができない番組は、改編対象にせざるを得ません。

 

こうして、

  • 視聴者層の若返り
  • ギャラのせいでコストがかかる番組の削減

という2つの理由から、『噂の!東京マガジン』が終了になるというわけです。

 

元をたどれば、新型コロナウイルスが影響しての番組終了なので、『噂の!東京マガジン』の理由は、

新型コロナウイルスのせい

と言ってもいいでしょう。

他局でも、

ギャラが高コストになるという理由でフジテレビが『グッディ!』を打ち切り終了

そんなフジテレビの状況を見かね、小倉智昭さんが『とくダネ!』の降板を申し出る

など、新型コロナウイルスの影響が出ています。

どのテレビ局も、新型コロナウイルスの影響で苦しみ、コスト削減をしているので、『噂の!東京マガジン』が終了になったのも、仕方ないことなのでしょう。

スポンサーリンク

まとめ

TBSで日曜13時から放送の情報番組の『噂の!東京マガジン』が、

2021年3月をもって番組終了

となる理由について紹介しました。

 

『噂の!東京マガジン』は、突然終わるわけではなく、改編期での終了なので打ち切りではありません。

視聴率自体は、長年にわたって同時間帯の平均視聴率1位を取り続け、終了する必要を感じないくらい、他の追随を許さない番組でした…

 

終了となる理由は視聴率ではなく、

  • いいスポンサーを引き入れるために、視聴者層の若返りを図った
  • 新型コロナウイルスの影響で広告収入が減っているため、ギャラが高コストになる番組を削減したかった

というTBSの思惑にありました。

実際、『噂の!東京マガジン』のような、ベテラン芸能人の出演する長寿番組は、

視聴者層は高齢者が多いためCM単価が低く、その割にはギャラなどでコストが高い、採算性の悪い番組

なのです。

昨今は、さまざまな長寿番組が消えていきますが、これも時代の流れということなのでしょうね。

関連記事

  • この記事を書いた人

watari1

創作活動を趣味にしている、中部地方在住の20代男です。 これまで世の中に関心が持てず、これといって誇れるものも持っていないため、ペシミズム的な思考でなんとなく日々を消化しているだけでした。でも、昨今の世界情勢や周囲の環境の変化で生活への不安を感じ、活動できる場を持ちたいと思うように。 記事の執筆を通じて、新たな知識や物の見方を増やしていきます。

-アーカイブ

Copyright © スピカ紀行, 2017~2021 All Rights Reserved