アーカイブ

【Twitter】画面上部の足跡が残って邪魔なフリート機能の使い方

Twitterに最近、新しい機能が追加されたことを知っていますか?

それが、フリート機能です。

 

まるでインスタグラムを意識した機能とも言われているフリート機能。

楽しまれていることもあれば、邪魔扱いされていることもあり、割と賛否両論になっている気がしますが…

Twitterに新たな波を持ってきたフリート機能は、いったいどうやって使うのでしょうか?

 

この記事では、フリート機能について、使い方を紹介していきます。

スポンサーリンク

フリート機能の仕様・特徴

まずは、2020年11月に追加されたフリート機能の、詳しい仕様について紹介します。

フリートは、

24時間で投稿が消える投稿

が最大の特徴で、インスタグラムのストーリーズみたいな機能です。

つかの間、はかないを意味する『fleeting』を由来にしているだけあって、本当につかの間に消えてしまうんですね。

 

フリート機能は誰でも利用できるわけではなく、バージョンによっては利用できないものもあります。

 

フリート機能を利用できるのは、

現状では、AndroidやiPhoneのアプリ版のみ

(2020年11月17日時点)

PC版のTwitterやブラウザ版のTwitterは非対応で、利用することも見ることもできません。

インスタグラムのストーリーも、PCでは利用できないので、そのあたりを似せてきているのでしょうか。

 

また、公式アプリの機能なので、

サードパーティー製のクライアントでも、フリートを見ることはできません。

逆に言えば、サードパーティー製クライアントを使う人にとっては、ありがたいのではないでしょうか。

筆者もその口で、今回のフリート機能に対しても、

改悪しかしないTwitterがまた邪魔な機能を増やしたのか…

と思いました。

実際にフリート機能の感想を見ていると、

画面上部を占拠しているし、改悪しかしない公式アプリは使いにくいことこのうえない!

と感じたものです。

改悪ばかりしている公式アプリを使いたくなくて、サードパーティー製クライアントを利用している人なら、今まで通りの何ら変わりないTwitterを使えるわけです。

 

もう1つ、フリートの特徴で触れておかないといけないのは、

足跡がつく

という点でしょう。

フリートの下部には、このように、誰が閲覧したかがわかるようになっています。

https://twitter.com/kabuakan/status/1326341273888813056

足跡がついてしまうので、匿名性が好きでTwitterを利用している人にとっては、あまりうれしくない機能に思えます。

しかも、

鍵垢でフリートを閲覧しても、足跡がついてしまいアカウント名が表示されてしまう

ため、注意が必要です!

フリート自体は活用されているみたいですが、足跡機能はどうもTwitterには合いませんね。

Twitter最大の魅力である匿名性と真っ向から反する性質ですし…。

 

もう1つ、フリートの特徴として押さえておきたい項目が、

自分のフリートに対する反応

です。

フリートは、いいねなどの反応を貰うと、

DM欄に通知される仕組み

になっています。

https://twitter.com/sunbunnoni2/status/1328379633289445376

このようにDM欄が埋まってしまうので、DMでやり取りをしている人は管理が大変になりそうです。

 

フリート機能の使い方をチェック

まずは閲覧方法です。

 

フリート欄は、見ればわかります。

タイムラインの上部に、今まで存在しなかったユーザー欄が横に並び始めているので、そこにあるアカウントをタップしましょう。

 

すると、その人が投稿したフリートを閲覧することができます。

先述の通り、

フリートを閲覧すると、足跡が残ってしまう

ので、それだけは注意してください。

 

フリート欄は、画像のようにアプリ画面の上部を占拠することから、邪魔扱いもされています。

しかも、

現在はフリートの非表示機能が存在しないため、公式アプリをアップデートすると強制的に表示されてしまう

のが、よろしくない点ですね。

まぁ、基本Twitterはアプデの度に改悪しかしないという、珍しく、そしてあまりにもひどいサービスなので、

快適にTwitterをしたい場合、Twitterの公式アプリはアップデートしない

ことをおすすめします。

事実、アップデートをしていなければ、フリートはおろか、リツイートの仕様変更すら導入されていません。

 

次に、フリートを投稿する方法です。

まず、

フリート欄の左端にある、『追加』と書かれている自分のアイコンをタップ

します。

 

追加を選ぶと、フリートの投稿編集画面に移ります。

編集画面には、下部に、

  • テキスト
  • カメラロール
  • 撮影
  • 動画

という項目があります。

 

(画像では表示しきれていませんが、撮影の右に動画という項目があります。)

ここから、好きな項目を選んで、フリートにしたいテキストや画像などを使い、フリートを作成します。

スポンサーリンク

まとめ

Twitterのフリート機能は、

24時間で投稿が消える、インスタグラムのストーリーズのTwitterバージョン

とも言うべき機能です。

 

今までにない形の投稿を楽しめる利点はありますが、ただし、

足跡機能があり、鍵垢であってもフリート投稿者には閲覧したことがわかってしまう

画面上部をフリート欄が占拠し、非表示にもできないため邪魔

などの欠点もあります。

『タイムラインが邪魔になる』という声も出ているだけに、何とかしてほしいものですね。

TwitterにしてもpixivにしてもFacebookにしても、なぜUIを改悪ばかりできるのか、不思議でなりません。

関連記事

  • この記事を書いた人

watari1

創作活動を趣味にしている、中部地方在住の20代男です。 これまで世の中に関心が持てず、これといって誇れるものも持っていないため、ペシミズム的な思考でなんとなく日々を消化しているだけでした。でも、昨今の世界情勢や周囲の環境の変化で生活への不安を感じ、活動できる場を持ちたいと思うように。 記事の執筆を通じて、新たな知識や物の見方を増やしていきます。

-アーカイブ

Copyright © スピカ紀行, 2017~2021 All Rights Reserved