エンタメ

【平成最後のクソゲー】レフトアライブの評価とつまらない理由まとめ

古今東西、ゲームには、さまざまなクソゲーが存在しています。

伝説級のクソゲーとまでは言いませんが、平成から令和に元号が変わった2019年に、

『平成最後のクソゲー』

と呼ばれたゲームを知っていますか?

その名は、

『LEFT ALIVE』(レフトアライブ)

このゲームは、どういった理由でクソゲー扱いされているのでしょうか?

 

この記事で、ゲーム『レフトアライブ』について、クソゲーと評価される理由をまとめていきます。

スポンサーリンク

『LEFT ALIVE』(レフトアライブ)の評価

『平成最後のクソゲー』

という異名がついてしまった『レフトアライブ』は、本当にクソゲーなのか?

まずは、『レフトアライブ』の評価を調べてみました。

 

Amazonのレビューでは、『レフトアライブ』の評価は、

星5中の2.1

で、見事に半分を下回る数字で、最低評価の星1をつけた人が56%にも上っている悲惨な結果に。

ただ発売直後は1点台だったことを考えると、これでもちょっとは上がったほうなんです。

 

評価だけを見ると、クソゲーっぽそうですよね。

ただ、クソゲーにもいくつかあるので、一口にクソゲーと言っても、どんなクソゲーかわかりません。

そこでクソゲーの分類も知っておきましょう!

 

クソゲーには、次の分類があります。

1.バグが非常に多く、中にはデータが破損してしまうような凶悪なバグまであるゲーム

例:『四八(仮)』、『RPGツクールMV Trinity』

2.難易度が高すぎてクリアできる人が少ないゲーム

例:『コンボイの謎』、『仮面ライダー サモンライド!』

3.ストーリーや世界観が支離滅裂で、意味不明な内容のゲーム

例:『里美の謎』、『アポなしギャルズお・り・ん・ぽ・す』

4.操作や仕様が難解すぎて、攻略本を見ることが前提になっているゲーム

例:『星をみるひと』、『光の戦士フォトン 惑星ゾルディアスの戦い』

5.肝となる部分が全く面白くなく、もはや何も感じないゲー無状態になっているもの

例:『佐賀のがばいばあちゃんDS』、『人生ゲーム』

6.全てにおいて壊滅的な低クオリティで、商品として成り立っていないもの

例:『Big Rigs』、『新世紀GPXサイバーフォーミュラ』

以上の何らかの要素があることで、

「つまらない」

と感じる人の割合が圧倒的に高いゲームがクソゲーと呼ばれるわけです。

 

『レフトアライブ』がつまらない理由

『レフトアライブ』は、PS4版が2019年2月28日、PC版が2019年3月6日に発売されています。

しかし、実はこのゲーム、

発売前からクソゲーという評価を受けていた

という過去を持っている、ゲーム界の異端児でもあったのです。

世に出る前からクソゲー扱いってなかなかないです。

 

なぜ『レフトアライブ』がクソゲー扱いされているのか、その理由を紹介していきましょう。

レフトアライブがつまらない理由1敵が強すぎる

まずは単純に、『レフトアライブ』単体で見た場合のつまらない理由です。

『レフトアライブ』をクソゲーと言わしめている最大の理由がこれ。

敵が硬すぎる

ことです。

『レフトアライブ』の敵は、難易度に関わらず、

ステルスゲー要素を取り入れているから隠密行動をしてほしい…!

と思ったからなのかはわかりませんが、敵がとにかく硬いんです。

ゲーム開始時点で出会う敵でも、

初期装備のハンドガンでヘッドショットを4発入れても倒せず、胴体に当てた場合は1マガジン使い切っても倒せない

ほどの異常な硬さ。

ゲーム開始時点の、何もわからない状態で屠られて終わる…なんてことも多いため、

難易度設定はあるが、実際には難易度なんてないようなもの

と言われたりもします。

『ドラクエ』で例えるなら、

最初に遭遇する雑魚敵のスライムの防御力がメタルスライム並み

といった感じでしょうか。

2人以上に囲まれれば、ほぼ確実にゲームオーバーとなりますね。

レフトアライブがつまらない理由2ステルス要素が難しすぎる

『レフトアライブ』は、ステルスゲームの要素も取り入れているため、基本的には、

敵に見つからず、できるだけ戦闘を避ける

こういうコンセプトになっています。

しかし…

肝心のステルス要素の難易度が高すぎる

というのが問題です。

ステルスゲームのくせに、ゲーム画面にミニマップはなく、周囲の把握はできてもマップ全体の把握は困難。

加えて、一度でも感知されてしまうと、見つかった相手だけでなく、周囲の敵まで、ぞろぞろとこちらへ向かってきて袋叩き状態に…。

敵の攻撃の命中率は異常に高く、転がって回避を試みようがダッシュしようが、レーザーサイトはしっかりとプレイヤーを捉えたままなのです。

戦車やヴァンツァーというロボットの場合は、さらに顕著で、

知らない間に見つかっていてやられていた

なんてことは珍しくありません。

『レフトアライブ』は、ゲームの売りとしているステルス要素がクソゲーなくせに、

敵を異常に強くして、ステルス要素を強要させる

という、プレイヤーのことを全く考えていない、ディレクターの自己満足だけで作られたゲームと言えます。

さすがにその意図を感じたプレイヤーが多いのか、現在、『スクエニ 鍋島』(鍋島はディレクターの名前)で検索すると、

サジェストにクビ、無能と表示されるようになっています。

 

また、ステルスゲームの傑作と呼ばれる『メタルギア』シリーズと比較され、

「専門学生が作ったメタルギア」

「メタルギアの出来損ない」

なんて言われたりもしています。

レフトアライブがつまらない理由3フロントミッションシリーズと絡めている

この時点で、既に『レフトアライブ』はクソゲーなのですが、さらに『平成最後のクソゲー』となり果てた理由には、

なぜか『フロントミッション』シリーズの世界観のゲームになっている

ことも挙げられます。

『フロントミッション』シリーズの世界観を受け継いでいるため、ロボット兵器のヴァンツァ―が登場。

さらには、ディレクターの鍋島俊文さんが『アーマード・コア』の主要スタッフだったこともあって、PVの時点で期待度が爆上がり!

 

しかし、実際には『フロントミッション』シリーズである必要がないクソゲーだったことがわかれば、ファンはどう思うでしょうか?

元の期待値が高かっただけに、激しいガッカリ感に襲われ、評価が地の底に落ちていきます。

たとえば、期待値30のゲームが20に落ちたところで、

「まぁやっぱこの程度だよな…」

で終わると思いますが…。

期待値80のゲームの評価が、20まで落ちた時はどうでしょう?

「なんでこんなクソゲーなの!?ふざけんな!」

「期待外れだし買って損した」

など、作品に対する批判は下がった数字の分だけ激しくなります。

 

ただ多くのファンは、続報で出てきたグラフィックがイマイチだったり、ジャンルが『フロントミッション』シリーズお馴染みのSRPGではなかった時点で、嫌な予感を覚えていたみたいですよ。

発売前からクソゲー扱いされていたのは、そういう理由があったんです。

スポンサーリンク

まとめ

『平成最後のクソゲー』と呼ばれた、『レフトアライブ』が、なぜクソゲーとなってしまったか、その原因には、

  • 敵が硬すぎるせいで、超高難易度になっていること
  • ゲームの肝となっているステルス要素も難しい

ということから、ゲーム自体がつまらなくなってしまっています。

 

そのうえ、グラフィックも前世代なレベル。

なぜか『フロントミッション』シリーズの世界観を継承していることも、評価が下がる一因となってしまいました。

 

『○○シリーズ』である必要がなかったといえば、似たようなゲームに、『メタルギアサヴァイヴ』があります。

こちらはゲームの作り自体はしっかりしていたので、『メタルギア』抜きで見れば、それなりのゲームとして再評価されていきました。

しかし、『レフトアライブ』の場合は、

『フロントミッション』シリーズである必要もなければ、その要素を抜いたとしてもクソゲー

だっただけに、救いようのない作品になってしまったというわけです。

関連記事

  • この記事を書いた人

watari1

創作活動を趣味にしている、中部地方在住の20代男です。 これまで世の中に関心が持てず、これといって誇れるものも持っていないため、ペシミズム的な思考でなんとなく日々を消化しているだけでした。でも、昨今の世界情勢や周囲の環境の変化で生活への不安を感じ、活動できる場を持ちたいと思うように。 記事の執筆を通じて、新たな知識や物の見方を増やしていきます。

-エンタメ

Copyright © スピカ紀行, 2017~2021 All Rights Reserved