エンタメ

鬼滅の刃・無限列車編は映画評論家の評価が低い!つまらない理由とは?

映画『鬼滅の刃 無限列車編』が、ついに、興行収入が324億円を突破し、

歴代興行収入ランキング1位

となりました!

『千と千尋の神隠し』を抜き、日本の映画史に名を残した『鬼滅の刃』ですが…

なぜか、映画評論家からの評価は低いようです。

どうして『鬼滅の刃 無限列車編』は、映画評論家からの評価が低いのでしょうか。

この記事では、映画『鬼滅の刃 無限列車編』について、映画評論家からの評価が低い理由を考察していきます。

スポンサーリンク

鬼滅の刃 無限列車編映画評論家から評価が低い?

『鬼滅の刃 無限列車編』は、現在進行形で記録を伸ばし続けている、令和に現れた怪物です。

絶大な人気を誇り、国民的な支持を得ている映画であることがわかる数字なのですが…

どうやら、映画評論家からは、あまり評価されていません。

 

総合カルチャーサイト『リアルサウンド』の映画部に所属するライターたちが、2020年のアニメ作品のトップ10ランキングを発表したのですが…

結果は、以下の通りになりました。

藤津亮太氏の2020年ベストアニメTOP10

1位:『魔女見習いをさがして』

2位:『映画プリキュアミラクルリープ みんなとの不思議な1日』

3位:『BNA ビー・エヌ・エー』

4位:『デカダンス』

5位:『GREAT PRETENDER』

6位:『体操ザムライ』

7位:『アクダマドライブ』

8位:『ID:INVADED イド:インヴェイデッド』

9位:『D4DJ First Mix』

10位:『神様になった日』

井中カエル氏の2020年ベストアニメTOP10

1位:『劇場版 ヴァイオレット・エヴァーガーデン』

2位:『劇場版「Fate/stay night [Heaven’s Feel]」III.spring song』

3位:『薄明の翼』

4位:『ウルフウォーカー』

5位:『海辺のエトランゼ』

6位:『GOTCHA!』

7位:『映像研には手を出すな!』

8位:『デジモンアドベンチャー LAST EVOLUTION 絆』

9位:『かぐや様は告らせたい?~天才たちの恋愛頭脳戦~』

10位:『愛してるって言っておくね』

杉本穂高氏の2020年ベストアニメTOP10

1位:『ウルフウォーカー』、『劇場版 ヴァイオレット・エヴァーガーデン』

3位:『新しい街 ヴィル・ヌーヴ』

4位:『Away』

5位:『劇場版鬼滅の刃 無限列車編』、劇場版『Fate/stay night [Heaven’s Feel III.spring song』

7位:『ミッドナイト・ゴスペル』

8位:『映像研には手を出すな!』

9位:『音楽』

10位:『ドロヘドロ』

このように、『鬼滅の刃 無限列車編』の姿が1つしか見えません。

日本の映画興行収入ランキングを更新した作品なのに、この結果はちょっと疑問に感じますよね。

 

では、なぜ映画評論家からの評価が低いのか?

内容がつまらないからなのでしょうか?

色々と、その理由を考えてみましたが…

筆者としては、ストーリーがつまらないとか、そういうことではないだろうと思うに至りました。

鬼滅の刃 無限列車編評論家の評価が低い理由 アニメの続きだから

単純に、『鬼滅の刃 無限列車編』の評論家評価が低い理由を挙げるなら、これに尽きるでしょう。

『鬼滅の刃 無限列車編』は、テレビアニメの続きの話を劇場版にしただけだからです。

 

『鬼滅の刃 無限列車編』は、深夜アニメにありがちな、

アニメで放送した本編の内容の続きを劇場版で公開する

というパターンで映画化されました。

上記のランキングで高評価を得ている『劇場版 ヴァイオレット・エヴァーガーデン』もそうですね。

テレビシリーズの続編なので、たとえばテレビシリーズを見ていない、映画だけの評論家がいた場合、その人には評価がしにくい作品になってしまうわけです。

それまでの流れがわからないのですから、評価する点が演出や作画くらいになってしまいますからね。

 

また、前提となるアニメ『鬼滅の刃』も2020年放送なら、このランキングに入り込めた可能性はありますが…

残念ながら、アニメ『鬼滅の刃』は2019年の春アニメで放送された作品なので、先述のランキングの中に入ることはありません。

2020年のアニメ作品となると、『鬼滅の刃 無限列車編』は、テレビシリーズの続編だけになってしまうがゆえに、評価が低くなりやすいのでしょう。

 

逆に、劇場版でも、『僕のヒーローアカデミア』や『ONEPIECE』のように、

完全な劇場オリジナルストーリー

として描かれていれば、評論家からの評価は高くなったかもしれませんね。

まぁ、所詮は評論家なんて人数は少ないですから、そんな人たちからの評価を得たところでなんだ、という話でもあったり…。

逆に言えば、

テレビシリーズの続編の作品であるにもかかわらず、興行収入ランキング歴代1位を更新したのはとんでもないこと

この証明にもなります。

鬼滅の刃 無限列車編評論家の評価が低い理由 完結していないから

上の理由だけだと、先ほども名前を挙げた、

『劇場版ヴァイオレット・エヴァーガーデン』

が入っていますし、理由が弱いと思われるかもしれません。

しかし、『劇場版ヴァイオレットエヴァーガーデン』と『鬼滅の刃 無限列車編』には、大きな違いが1つあります。

その違いというのは、

完結作かそうでないか

の違いです。

 

『劇場版ヴァイオレット・エヴァーガーデン』は、確かにアニメの続編となる作品ですが、劇場版が完結編となる作品です。

これまでの集大成となる作品ですから、明確なラストがあるわけで、『ヴァイオレット・エヴァーガーデン』という作品の終着点や伝えたかったものが描かれています。

アニメの劇場版というと、このように劇場版が完結編になるか、だいたいオリジナルストーリーというタイプが多いですよね。

 

しかし、『鬼滅の刃 無限列車編』は上のタイプに当てはまらず、あくまでも、ストーリーは本編の中盤付近の内容です。

『鬼滅の刃』と同じ深夜アニメを例に出すと、映画『涼宮ハルヒの消失』と同じタイプです。

『鬼滅の刃』の場合、『無限列車編』は、実質的にはアニメの27話~30話あたりを放送したようなものであって、『無限列車編』が最終回ではありません。

『鬼滅の刃』は、この後もアニメが続いていくことは、ほぼ確定。

内容も遊郭編や刀鍛冶編、柱稽古編や最終章へと描かれていきます。

そういう意味でも、評価がしにくいと思われます。

 

たとえば、

全部で50話くらいあるアニメをいきなり中盤の3話くらいだけ見せられ、評価しろ!と言われても困りませんか?

それと同じことだと思うわけです。

なので、『鬼滅の刃 無限列車編』は、評論家からの評価が低いというよりは、

作品の特性上、単に評価がしにくいだけ

ではないでしょうか。

スポンサーリンク

まとめ

『鬼滅の刃 無限列車編』の内容がつまらないからではなく、単純に、

  • 2019年に放送されたテレビシリーズの続編であること
  • 内容はまだ完結編ではなく、本編には続きがあること

ということで、評価自体がしにくいことが影響していると思われます。

 

もし、『鬼滅の刃』が映画評論家からも評価されるとしたら、最終章である無限城編が映画化された場合になるでしょう。

とは言っても、所詮は映画評論家なんて、自分の思ったことを好き勝手喋っているだけ。

そんな人からの評価なんて、どうでもいいと思いますけどね…。

関連記事

  • この記事を書いた人

管理人

-エンタメ

Copyright © スピカ紀行, 2017~2021 All Rights Reserved