お役立ち

エアウィーヴもどきの類似品はダメ?本家と効果やスペックを比較!

人生の3分の1近くの時間を過ごす場所と言えば、『布団』!

快適な布団は眠りの質を高めるので、健康のためにもとても大切です。

 

そして『良い布団』といえば『エアウィーヴ』が有名ですね。

でも、お値段はけっこう高め。

 

一方、エアウィーヴと似た素材や効果を宣伝している安い類似品も、多くあります。

 

れいか
エアウィーヴって、類似品や『もどき』製品とどう効果が違うの?

それ、知りたいですよね。

 

そこで今回は

エアウィーヴと類似品の効果やスペックを比較しました!

 

マットレス選びについても書いているので、ぜひ読んでくださいね!

スポンサーリンク

エアウィーヴと類似品3製品を比較!

エアウィーヴと類似品、どっちが効果がある?

一番気になるのが、『効果』ですよね。

 

結論から言うと、

エアウィーヴと類似品、どちらがより効果があるかは、人によって違います。

『エアウィーヴ最高!』という人もいれば、『エアウィーヴより他のほうが良かった』という人もいるのです。

 

なぜかというと、まず

『人の体は一人一人違う』

ということがあります。

体が違えば、最適な硬さや弾力も違ってきますよね。

 

さらに、感じ方も一人一人違います。

 

ですから、あなた自身にとって『エアウィーヴ』と類似品のどちらが効果があるかは、

返金保証がある製品を、自分で何日か試してみる

これが一番おすすめです。

 

今回比較する類似品には、返金保証がある商品もあるので、この記事を参考にして試してみてくださいね。

 

エアウィーヴと類似品のスペック比較

では、『エアウィーヴ』と

  • Motton Japan『モットン』
  • アイリスオーヤマ『エアリーマットレス』
  • ニトリ『エアトリップ』

この3つの類似品を比べてみましょう。

サイズは、シングルサイズで比較します。

 

エアウィーヴ

(035シングル)

モットンエアリーマットレス

MAR-S

エアトリップ

(2S)

大きさ

(幅×長さ×厚さ

単位:約cm)

100×195×4.597×195×1095×198×597×200×5
重さ約5.5㎏約7.5㎏約4.5㎏5.47㎏
素材カバー表面

⇒ポリエステル55%・綿45%

カバー中綿・裏地・裏面

⇒ポリエステル100%

中材(エアファイバー)

⇒ポリエチレン100%

カバー

⇒ポリエステル100%

中材

⇒ウレタンフォーム

側地・中袋

⇒ポリエステル100%

詰めもの

⇒ポリエーテルエステル系繊維

ポリエーテルエステル
復元率公式サイトに『復元性が高い』という記載がある

(具体的な数値は記載なし)

96.0%

約11年使用後のヘタり率3.9%

約8万回の圧縮テスト後の硬度保持率85%記載なし
中材を洗えるかどうか水洗い可能洗えない水洗い可能水洗い可能
抗菌性記載なし記載なし抗菌防臭・制菌加工制菌加工

 

中材については、今回比較した中で、『モットン』のみがウレタンフォームです。

他の、『エアウィーヴ』、『エアリーマットレス』『エアトリップ』では、ポリエチレンやポリエーテルエステル系の繊維を使っています。

 

これは簡単に言うと、繊維を絡ませてマット状にしたようなものです。

繊維と言っても、弾力とある程度の固さがあるので、人が上に寝てもつぶれません。

 

一方、『モットン』はウレタンフォームで、スポンジのような感じです。

水に洗うと弱くなってしまうため、中材を水洗いすることはできません。

エアウィーヴと類似品の特徴とレビュー

  • エアウィーヴ
  • モットン
  • エアリーマットレス
  • エアトリップ

の公式サイトとレビューを参考に、特徴と使った人の感想を見ていきましょう。

 

なお、効果や体感には個人差があります。

エアウィーヴの特徴とレビュー

エアウィーヴのメリットは

  • 反発力が高く、体をしっかり支えて寝返りもしやすい
  • 効果的に体圧を分散させ、体への負担が少ない
  • 通気性が良く、夏でも蒸れにくい
  • 中材に断熱効果のある素材を使っていて空気を保つので、冬も温かい
  • 中材は、風呂場で40℃くらいのお湯で洗えばきれいになる

ということです。

 

レビューにも

  • 前は起きた時に腰や背中が痛くなっていたのが、痛くならなくなった
  • 横向きやうつ伏せで寝ても快適
  • 夫のいびきが減った
  • 通気性が良く、安眠できている

といった声がありました。

 

一方で、

  • 思ったより硬くて、起きた時に体が痛い
  • 夏は通気性が良くて快適だが、冬は通気性が良すぎて寒い
  • 使い始めて1年たたないうちにへたってしまった
  • コストに見合う効果があるのか、よくわからない

といったレビューもあります。

 

こういったファイバー系のマットレスは、

高温にさらしたり、ずっと同じ向きで使っていると、へたりやすくなります。

時々向きを変えると長持ちしやすいです。

 

ただ、『向きを変えたりしてもへたってしまった』というレビューがあるのが気になるところです。

 

それから、

『冬場は寒い』

というレビューも複数ありました。

 

対策をしたいところですが、エアウィーヴは熱に弱いため、湯たんぽは避けたほうが良いです。

電気毛布を使うなら、無理のない範囲で低めの温度に設定し、体にかけて使うのがおすすめです。

 

『エアウィーヴ』公式サイト

『モットン』の特徴とレビュー

『モットン』の特徴は

  • 体圧を分散させ、自然な寝返りをしやすくする
  • 『ソフト』『レギュラー』『ハード』3種類の硬さがあり、自分に合った硬さを選べる
  • 8万回の耐久試験をして、約11年の仕様でへたり率は約3.9%
  • ベッドでの使用だけでなく、フローリングや畳に直接置いて使ってもOK
  • ウレタンフォームの泡の大きさが調整されていて通気性が良く、夏場でも蒸れにくい

ということです。

 

レビューでも、

  • 体に負担なく眠れるせいか、起きた時の腰痛も楽になって、これならもっと早く買えばよかったと思った
  • 夜中に目が覚めてしまっても、すぐに眠れるようになった
  • 硬いかなと思ったけど、寝てみたらそうでもなく、快適に眠れる

といった感想が多いです。

 

悪いレビューとしては

  • 硬さが合わないのか、柔らかすぎて寝にくい
  • 期待して買ったけど、私には合わないようで、腰痛も改善されない

といったものがありました。

 

やはり、合う合わないや、体の不調がどれだけ改善されるかは、人によります。

90日の返品保証期間があるので、『合わないな』と思ったら、遠慮なく返品してくださいね。

 

『モットン』公式サイト

エアリーマットレスの特徴やレビュー

『エアリーマットレス』の特徴は、

  • 『3次元スプリング構造』になっていて、耐圧分散性が高い
  • 高反発で体の体重を押し返しやすいため、寝返りが楽
  • 約8万回の圧縮テストをした後でも高度の保持率が85%と、耐久性が高い
  • 通気性が良く、マットレスの中に湿気をため込みにくい
  • 中材の乾きが早く、水洗いできる
  • 抗菌防臭と制菌加工がしてあり、SEK基準もクリアしている
  • 厳格な審査を通った管理体制で生産している

ということです。

 

良いレビューには、

  • 体が痛くなることもなく、快適に眠れている
  • 通気性が良く、洗えるのが良い
  • 寝心地が良くてこの価格はリーズナブル
  • 夏でも、エアリーマットレスと冷感シーツで快適に眠れた
  • 睡眠の質が良くなった感じがする
  • 軽くて持ちやすいし、3つ折りなので立てて干しやすい

といった感想があります。

 

その一方で、悪いレビューには

  • 私の体には合わず、よく眠れなかったし、体が痛くなった
  • 使って半年くらいでへたり始めてしまった。
  • 中材がカサカサ音がして、気になってしまう

といったものがありました。

 

価格は今回比較した4製品の中では一番安いとはいえ、1万円以上するものですから、すぐにへたってしまうのは困りますよね。

 

ただ、

三つ折りタイプなら、時々パーツを入れ替えて使うと、長持ちする

とのこと。

マットレスは、ずっと同じ向きで使うのではなく、時々向きやパーツを変えると良いですよ。

 

それから、『中材の音が気になる』というレビューは、次の『エアトリップ』にもありました。

音の問題については、『エアトリップ』のところで見てみましょう。

 

『エアリーシリーズ』の商品紹介ページ

エアトリップ

エアトリップの特徴は、

  • 高弾発性がある
  • 通気性が抜群に良く、湿気や熱がこもりにくい
  • 中材は水切り性にも優れていて、シャワーなどで洗える
  • 制菌加工をほどこしてあり、抗菌性が高い

ということです。

 

『エアトリップ』の口コミは少ないので、公式サイトの口コミから長所と短所を整理してみましょう。

 

長所としては

  • 水洗いできるので、汚してしまう可能性があっても安心

ということで、これが決め手になって購入した人もいます。

 

短所は

  • 動くと中材がガサガサ言うのが気になる。
  • もう少し静かな素材や構造だったら良い

と、音に関する感想が3つのレビュー中2つで書かれていました。

 

『エアリーマットレス』でも似たレビューがありましたが、

繊維系の中材のマットレスだと、カサカサ音がすることがあります。

音に敏感な人は、どのくらい音がするのか、お店で確かめてから買うかどうか決めることをおすすめします。

 

夜は小さな音でも気になるものですし、今後静かな中材が開発されていくと良いですね。

 

ニトリの『エアトリップ』の商品ページ

エアウィーヴと類似品、価格はどのくらい違う?

次は、価格を比べてみましょう。

 

エアウィーヴ

(035シングル)

モットンエアリーマットレス

MAR-S

エアトリップ

(2S)

公式サイト49,500円39,800円15,800円19,900円
楽天49,500円39,800円15,800円取扱なし
Amazon49,500円39,800円15,738円取扱なし

(2021年2月17日現在の価格です。)

 

『エアウィーヴ』は、さすが高級品という感じです。

『エアリーマットレス』は、

『エアウィーヴ』の3分の1以下

で、お手頃な価格です。

 

こうなると約5万出すか、それとも買いやすい値段の製品にするか、迷うところですね。

ということで次に『返金保証』をチェックしてみましょう。

エアウィーヴと類似品の返品・返金保証は?

マットレスは、使ってみなければわからない部分が大きいですよね。

となれば、『合わなかった場合に返品・返金できるかどうか』も要チェックです。

 

エアウィーヴと類似品の返金保証の違いをチェックしてみましょう。

 

エアウィーヴ

(035シングル)

モットンエアリーマットレス

MAR-S

エアトリップ

(2S)

返品・返金保証の期間最大30日間90日30日14日以内なら返品できる

 

返金保証について、購入前によく確認しておいたほうが良いのは

  • モットン
  • エアトリップ

です。

『モットン』の返品保証

『モットン』の返金保証は、

商品が到着した後90日経ってから2週間以内にフォームから連絡する必要があります。

90日以内には、返品ができません。

 

90日以内に返品を受け付けない理由として、モットンでは

効果を感じられるまでに、平均で2週間、遅い人の場合、3ヶ月近くかかるので、まずは、しばらく使ってみてくださいという意味で90日間なのです。

引用 『返品保証に関して』より

とのこと。

 

ですから、『一旦購入したら、90日は返品できない』ことに注意しておいてください。

『エアトリップ』の返品について

ニトリの『キャンセル・返品・交換』のページでは、

『繰り返し使用された商品はお受けできません』とのこと。

 

でも、マットレスを何回使ったら『繰り返し使用』にあたるのかは、明記されていません。

 

なので、エアトリップを購入する前に、

  • 『使ってみたら合わなかった』という場合でも返品できるかどうか
  • 使ってみてから返品できるとすれば、何日くらいまでの使用なら返品できるのか

を確認することをおすすめします。

 

ニトリ『キャンセル・返品・交換』のページはこちらです。

マットレスはどう選ぶ?

快適な睡眠環境を!

快適な睡眠環境を!

マットレスは、きちんとしたものを買おうとすると、それなりのお値段がしますよね。

であれば、やはり自分の体に合ったものを選びたいものです。

 

どう選べばよいかのポイントは

  • 体重や寝方を目安に硬さを選ぶ
  • 実際に何日か寝てみる

というのがおすすめです。

体重や寝方からマットレスの硬さを選ぶ

体重や寝方からマットレスの硬さを選ぶなら、ひとまずこの表を目安に考えてみてください。

 

マットレスの硬さ目安体重寝方その他
柔らかいだいたい70㎏くらいまでの人横向き

(ただし、寝返りが打ちにくいくらい柔らかいのは、適していない)

普段腰に痛みがない人
普通だいたい80㎏までの人あお向け
硬い80㎏以上の人うつ伏せ畳に布団を敷くスタイルが好みの人

 

もちろん、これはごく大まかな目安です。

大柄な人が横向きやあお向けで寝ることもありますからね。

 

そこで大事になってくるのが、次の『実際に使ってみる』です。

試しに使ってみよう!

どの硬さのマットレスが良さそうか、だいたいめどが付いたら

返金保証があるマットレスを選び、保証期間の間に実際に使ってみて決める

これがおすすめです。

 

お店でちょっと寝転がってみても、

  • 実際に寝ている時の寝返りのうちやすさ
  • 熟睡できるかどうか
  • 起きた時の体の楽さ

などはわからないですよね。

 

『寝具が変わると寝付きにくい』という人でも、1か月くらい使ってみれば、合うかどうかわかるでしょう。

だから、しばらく実際に使ってみることが大切なのです。

『エアウィーヴもどき』にご注意!

『エアウィーヴ』は有名で人気もあるマットレスですが、

  • エアウィーヴとよく似た商標で売り出している
  • エアウィーヴと同じ工場や同じ製法で製造したと騙っている
  • 有名人を広告に出すなど、宣伝方法がよく似ている
  • 『エアウィーヴ』と銘打っていたり、似た名前を使っていたりするが、極端に価格が安い

といった偽造品も出ているとのこと。

 

安く買いたくなるのはわかりますが、安い商品には十分気を付けてください。

 

『エアウィーヴ』を買うなら、一番確実に本物を買えるのは、やはり公式ショップです。

楽天やAmazonで買う場合には、エアウィーヴのショップであることを確認してから買ってくださいね。

 

詳しくは、こちらを見てください。

エアウィーヴ『類似品にご注意下さい』

スポンサーリンク

まとめ

『エアウィーヴ』は、とても寝心地が良いと有名なマットレスですが、

『誰にとってもエアウィーヴが一番良い』というわけではありません。

どんなマットレスが良いかは、人によって違うからです。

 

今回、『エアウィーヴ』と比較するために紹介した

  • モットン
  • エアリーマットレス
  • エアトリップ

のすべてで、『寝心地が良かった』という人もいれば、『合わなかった』という人もいます。

 

ですから、自分に合うマットレスを見つけたいなら、

返金保証がある製品を選んで、保証期間内にしっかり使ってみる

という流れが最も確実です。

 

『買って使ってみて、合わなかったら返す』というのは、ちょっと手間がかかりそうですよね。

でも、マットレスは健康にとても大切な『睡眠』を支えるアイテム。

『自分に合うマットレス』が見つかれば、きっと手間とお金をかけただけの事はありますよ!

 

ぜひ、あなたにとって良いマットレスを見つけてくださいね!

関連記事

  • この記事を書いた人

Metasequoia

関東在住、いろいろな仕事や家事をしながら暮らしているおばちゃんです。 趣味は、読書、ピアノ、手芸など。 それに加え、雑学や調べ物、文章を書くことが大好きです。 何かがわかるのも、それを文章で伝えるのも、面白い!

-お役立ち