アーカイブ

プロ野球12球団の球場の広さを比較チェック【ランキング】

名古屋ドーム

プロ野球12球団には、チームの特色がありますよね。

その年の選手層によって変わったりもしますが、代々守りのチームだった、打撃偏重だったなど…。

 

これらのチームの特色を作り出している要因には、

ホーム球場の広さ

が影響していることがあります。

あまり注目されませんが、プロ野球は、球場も個性の1つなんですよ。

 

この記事では、プロ野球の球場について、12球団のホームグラウンドの広さをランキングで紹介します。

スポンサーリンク

プロ野球12球団の球場の広さランキング

まず最初に、球場の広さを比較するのに、何を基準にしたらいいか、ですよね。

 

純粋な広さを考えるならば、球場全体の面積になるでしょうが…。

観客席がいくら広かろうと、野球のプレーにはあまり影響しません。

 

やはり、プレーするのはグラウンド。

ということで、この記事では、

単純にホームベースから両翼・センターまでの距離で広さのランキング

を作っていきます。

プロ野球の球場広さランキング12位横浜スタジアム

横浜スタジアム

横浜スタジアム

横浜DeNAベイスターズの本拠地・横浜スタジアムが最下位です。

 

横浜スタジアムの広さは、

両翼94m

センター117.7m

右左中間111.4m

となっています。

 

筆者としては、てっきり最も狭いのは神宮球場と思っていたんですが、横浜スタジアムだったんですね。

 

それにしては、ホームランの出やすい球場で名前が挙がるのは明治神宮球場で、なぜか横浜スタジアムの名前は出てきません。

どうしてなのでしょうか?

 

その理由がフェンスの高さ。

明治神宮球場のフェンスが3.3mなのに対し、

横浜スタジアムのフェンスのは、5.3mと12球団で2位の高さ

を誇っているんです。

フェンスが高い分、弾道が低いとホームランになりにくいので、そこでバランスをとっているわけですね。

 

プロ野球の球場広さランキング11位阪神甲子園球場

甲子園

甲子園

意外にも、11位になったのは、阪神甲子園球場でした。

 

広いイメージがある甲子園ですが、実際は、

両翼95m

センター118m

右左中間118m

という結果だったのです。

なぜ、甲子園球場は広いイメージがあるのでしょうか?

 

その理由は、甲子園球場は、両翼とセンターまでが短いかわりに、

右左中間は118mと、12球団一の広さ!

だったりします。

懐が深くて浜風が吹くため、実は甲子園球場は、ホームランが出にくい、独特の形をした球場なんです。

一般的な右中間、左中間に飛んでいくホームランは出にくい反面、ポール際だとパワーのない選手でもホームランが出やすいというわけですね。

 

プロ野球の球場広さランキング10位明治神宮球場

神宮球場

神宮球場

ホームランの出やすい球場は?

と聞いて、多くの人が答える明治神宮球場。

 

ヤクルトの本拠地であるこの球場は、

両翼97.5m

センター120m

左右中間 112.3m

と、右左中間も狭いうえ、フェンスも低いので、ホームランが非常に出やすい球場になっているんです。

 

よく、東京ドームギリギリのホームランがドームランと呼ばれますが…。

明治神宮球場の場合、ドームランと同じ打球だったとしても、打った瞬間、入ったと確信するレベルのホームランとなりますね。

 

プロ野球の球場広さランキング9位ZOZOマリンスタジアム

千葉マリンスタジアム

千葉マリンスタジアム

9位となったのは、千葉ロッテマリーンズの本拠地・ZOZOマリンスタジアムです。

『千葉マリン』の呼び方がよく浸透していますね。

 

ZOZOマリンスタジアムの広さは、

両翼 99.5m

センター122m

左右中間 116.3m

となっていますが、その狭さを感じさせないくらいホームランが出ません。

その原因となっているのが、すぐ近くが海だからゆえに発生する、浜風の存在です。

 

ZOZOマリンスタジアムの浜風は、その時によって全く違う方向へ吹きます。

ホームグラウンドにしているロッテの選手ですら落球を防げないほど。

外野フライと思われた打球が、浜風に流されて内野フライ、なんてこともあるくらいなんですよ。

 

プロ野球の球場広さランキング3位 札幌ドーム、東京ドーム、メットライフドーム、バンテリンドームナゴヤ、京セラドーム大阪、福岡PayPayドーム

東京ドーム

東京ドーム

いきなり3位に飛んで何事か!?と思うかもしれませんね。

 

それもそのはず、実はドーム球場は全て、

両翼100m、センター122m

で統一されているからです。

 

ただし、ドームの中でも、東京ドームは

狭くてホームランが出やすい

と言われがちですよね。

 

それは一体なぜなのか?

 

それが、ドームの形状による右左中間の距離です。

 

6つのドームのうち、

札幌ドーム、メットライフドーム、バンテリンドームナゴヤ、京セラドーム大阪の右左中間は116m

で統一されています。

 

しかし、

  • 扇状の形をしている東京ドームは右左中間が110m
  • ラッキーゾーンを設置した福岡PayPayドームは右左中間が109.9m

になっていて、右左中間が他のドームより狭いので、東京ドームではホームランが出やすくなるという、からくりがあるんです。

 

プロ野球の球場広さランキング2位楽天生命パーク宮城

楽天生命パーク

楽天生命パーク

2位になったのは、東北楽天ゴールデンイーグルスの本拠地・楽天生命パーク宮城です。

 

楽天生命パーク宮城の広さは、

両翼101.5m

センター122m

左右中間117m

です。

 

ドーム球場よりわずかに広いという感じでしょうか。

両翼は一応101mとなっていますが…。

 

2012年にラッキーゾーンが設置されたことで、実質的な両翼の広さは100..1mほどと、他のドーム球場と同じくらいになっているのも特徴ですね。

 

プロ野球の球場広さランキング1位MAZDAZoom-Zoomスタジアム広島

MAZDAスタジアム

MAZDAZoom-Zoomスタジアム広島

栄えある球場の広さ1位に輝いたのは、広島東洋カープの本拠地・MAZDAZoom-Zoomスタジアム広島です!

 

今でこそ、最もホームランが出やすい球場と言えば神宮球場ですが、昔は旧広島市民球場と言われるぐらい、

12球団で最も狭くてフェンスも低いことが特徴

でした。

フェンス直撃の打球が、

「広島市民球場なら入ったのに…」

と言われることが多かった広島の本拠地。

 

それから一転して、新たな広島市民球場となったMAZDAZoom-Zoomスタジアム広島は、

左翼101m

右翼100m

センター122m

左右中間116m

という、12球団で最も広い球場となりました。

 

さて、今までの数字と比較して、何か不思議に思いませんでしたか?

 

実は、このMAZDAZoom-Zoomスタジアム広島、

左右非対称な形状をしていて、右翼と左翼でホームからの距離が違うんです。

メジャーリーグだと、左右非対称な球場が全体の9割を占めていることから珍しくもなんともないです。

でも、日本プロ野球ではかなり珍しいですよね。

 

もっとこういった、バラエティに富んだ球場があってもいいと思うのですが…。

日本は土地が狭いため、そう簡単に作れないのが悲しいところです。

スポンサーリンク

まとめ

比較してみると、

  • 広いイメージがある阪神甲子園球場は意外にも、東京ドームより狭い
  • しかし、形状の関係で右左中間が狭い東京ドームはホームランが入りやすく、奥行きのある甲子園球場はホームランが出にくい
  • 同じ広さのドーム球場でも、ラッキーゾーンによるホームから右左中間の距離の差がある

など、面白い結果が得られました。

 

しかし、広さだけでホームランの出やすさが計れるわけではありません。

この広さに加え、フェンスの高さも影響してくるんですよ。

 

こういった本拠地としている球場の特徴に合わせて、守り勝つ、打ち勝つなど、チームの特色も違っています。

本拠地球場から、いろいろと考察できることも多いので、野球に興味がある人は、選手だけでなく、球場にも注目してみてくださいね!

関連記事

  • この記事を書いた人

watari1

創作活動を趣味にしている、中部地方在住の20代男です。 これまで世の中に関心が持てず、これといって誇れるものも持っていないため、ペシミズム的な思考でなんとなく日々を消化しているだけでした。でも、昨今の世界情勢や周囲の環境の変化で生活への不安を感じ、活動できる場を持ちたいと思うように。 記事の執筆を通じて、新たな知識や物の見方を増やしていきます。

-アーカイブ