お役立ち

オレオもどきの類似品をチェック!味や原材料の違いを解説してみた

オレオとノアール

長年にわたって根強い人気のあるお菓子はたくさんありますが、ナビスコの『オレオ』もその1つ。

 

そして、『オレオの類似品』『オレオもどき』と呼ばれるような、

ココア味のビスケットにクリームを挟んだお菓子

って、たくさんありますよね。

 

たとえば

  • ノアール
  • クリーム・オー

といった商品。

 

類似品って、『オレオ』と味や原材料はどう違うのでしょうか?

 

ということで、この記事では

  • オレオと類似品の味の違い
  • オレオと類似品の原材料や栄養成分などの違い

について解説していきます!

スポンサーリンク

食べて比べてみた!『オレオ』と『ノアール』の味や見た目はどう違う?

まず、『オレオ』と『ノアール』の味や見た目を比べてみましょう。

『ノアール』は、『オレオのライバル商品』と言われているんですよ。

 

本当は『クリーム・オー』も食べ比べしたかったのですが、筆者が寄ったスーパーに置いていませんでした。

なので、今回は『オレオ』と『ノアール』の2つを比較します。

味の違い

まず、一番肝心な『味の違い』からです。

 

味の感じ方は人によって違いますが、筆者の感想としてはこのようになりました。

オレオノアール
ビスケットノアールよりほろ苦さが少ない。じっくり噛んでいると、ココアのほろ苦い味がふわっと口の中に広がる感じ。
クリーム甘味と香りが強めで、『海外のお菓子』という感じがする味。甘さが控えめで、しつこくない。
全体苦さも甘みも軽いココアビスケットの味と、甘味が強めのクリームの味がちょうどよく、バランスが取れている。ココアビスケットのほろ苦さとクリームの控えめな甘さの調和が取れている。

クリーム単体で食べた時よりクリームの味が引き立つような感じもする。

 

どちらがおいしいかというと、

どちらもおいしいです!

危うく、止まらなくなるところでした(笑)

 

ただ、筆者としてはどちらかというと、ノアールが好みです。

おそらく『日本人好みの味』になっていて、なじみやすいのでしょう。

 

外観の違い

『オレオ』と『ノアール』は、一見外観も同じに見えますが、

  • 模様
  • 厚さ
  • 大きさ

が違います。

模様の違い

『オレオ』と『ノアール』の模様は、こうなっています。

オレオとノアール

オレオとノアール

オレオ

⇒中心にナビスコマークを模したロゴ、その周りに四葉のクローバーのモチーフ

ノアール

⇒中心にノアールのロゴを挟んで富士山のモチーフ、その周りに桜のモチーフ

 

そして、『柄を点鎖線と縄目のような模様で囲っている』というところは共通しています。

 

ノアールは、いかにも『日本のお菓子』という感じのデザインになっていますね。

 

大きさの違い

オレオとノアールの大きさは、ほとんど同じですが、比べてみました。

 

左端を合わせて重ねて比べると、ほんのわずかですが、オレオが大きいようです。

オレオとノアール

オレオとノアール

 

大きさが違うといっても、数ミリの差というくらいですね。

 

厚みも、誤差程度ですが、オレオのほうが厚く見えます。

オレオとノアール

オレオとノアール

 

クリームの色の違い

クリームの色も、ほとんど同じです。

オレオとノアール

オレオとノアール

 

ただ、ほんの少しですが、

オレオ

⇒ノワールよりほんのわずか黄色みがかかっている

ノアール

⇒オレオより白に近い感じ

という差を感じました。

(なお、ブラウザによって色の見え方が違うことがあります。)

『ノアール』誕生のいきさつ

とても良く似ている『オレオ』と『ノアール』。

実を言うとこの2つのお菓子、日本に関しては

『ライバルでありながら、兄弟でもある』と言える関係なんです。

 

どういうことか、説明しましょう。

 

まず、日本で最初に『オレオ』を販売していた『ヤマザキナビスコ』は、1970年に

  • 山崎製パン
  • 米国企業のナビスコ社
  • 日綿実業

の合弁会社として設立されました。

 

それから時は流れて46年後、2016年8月末のこと。

ナビスコの親会社『モンデリーズ』の方針転換により、山崎とナビスコとの間での契約が終了。

『ヤマザキナビスコ』は『ナビスコ』から離れて、『ヤマザキビスケット』と名称が変更になりました。

当時、この出来事は『ナビスコショック』と言われるほど話題になったんですよ。

 

そしてヤマザキビスケットは、2017年12月から『ノアール』を製造販売するようになったのです。

 

一方、ナビスコ社はナビスコ社で、『オレオ』の製造販売を続行しています。

 

つまり、

『日本でオレオを作っていた会社の一部がノアールを作る会社になった』

ということなのです。

 

これが『オレオとノアールがライバルであり兄弟のようなものでもある』という理由です。

もっとも、ライバルの面が強いですから、オレオとしては『ノアールが兄弟』と言われると複雑かもしれませんが…。

 

オレオと類似品原材料や栄養成分などの違い

おやつの時間

おやつの時間

ここからは

  • オレオ
  • ノアール
  • クリーム・オー

の原材料や栄養成分などを比べていきます。

 

オレオと類似品の原材料の違い

まず、原材料を比べてみましょう。

商品名オレオノアールクリーム・オー
原材料
  • 小麦粉
  • 砂糖
  • 植物油脂
  • 乳糖
  • ココアパウダー
  • コーンスターチ
  • カカオマス
  • ホエイパウダー
  • 食塩/膨張剤
  • 乳化剤
  • 香料
  • 酸化防止剤(VE.VC)
  • (一部に小麦・乳成分・大豆を含む)
  • 小麦粉
  • 砂糖
  • 加工油脂
  • 脱脂粉乳
  • ココアパウダー
  • 乳糖
  • ブドウ糖果糖液糖
  • 乳等を主要原料とする食品
  • 加糖脱脂練乳
  • 水あめ
  • 植物油脂
  • 食塩
  • 麦芽糖
  • 小麦ファイバー/乳化剤(大豆由来)
  • 香料
  • 小麦粉
  • 砂糖
  • 植物性油脂(パーム油)
  • ココアパウダー
  • 脱脂粉乳
  • コーンスターチ
  • 食塩
  • 卵黄パウダー
  • 膨張剤
  • 乳化剤
  • カラメル色素
  • 香料
  • (原材料の一部に大豆を含む)

 

こうしてじっくり比べてみると、『クリームをサンドしたココアクッキー』といっても、原材料には違いがあるんですね。

その違いが、微妙な味や食感の違いになっているのでしょう。

 

オレオと類似品の栄養成分の違いは?

次は、栄養成分です。

比べやすいように、100gあたりに換算して表にしました。

オレオ バニラクリームノアールクリーム・オー
エネルギー500kcal501kcal490kcal
たんぱく質5.6g5.1g6.6g
脂質23.3g23g20.6g
炭水化物68.738.4g69.6g
食塩相当量0.9g1.3g1.3g

※小数点2位以下は四捨五入

 

カロリーと脂質が最も低いのが『クリーム・オー』ですね。

『オレオ』と『ノアール』では、カロリー量には大きな違いはありません。

 

オレオと類似品の特徴はどう違う?

オレオもノアールもクリーム・オーも、『ココア入りのクッキーにバニラをサンドした』ということは同じですよね。

 

この3製品に果たして特徴の違いがあるのかどうか!?

公式サイトで特徴やアピールポイントを調べてみました!

 

『オレオ』の特徴

『オレオ』公式サイトの『オレオの豆知識』によると『オレオ』は

  • 1912年、タイタニック号が沈没した年に誕生した
  • ニューヨーク市9番街と10番街の間にある区間に『オレオ・ウェイ』とオレオの名前が付けられた通りがある
  • 世界で最も愛されているビスケットである
  • 100か国以上で販売されている
  • フェイスブックにもオレオのコミュニティがあり、4,000万人以上の愛好家が集っている

 

『オレオ』は誕生してから100年以上親しまれ続けているんですね。

それだけ、多くの人に好かれる風味なのです。

 

ナビスコ『オレオ』公式サイト

『ノアール』の特徴

『ノアール』は2020年にフルリニューアルされています。

 

新しくなったノアールの特徴は

  • 以前のノアールよりクッキーの厚みが増し、ココア風味がしっかり感じられる
  • ココアとクリームの配合や量がベストバランスになるように見直した
  • クッキーの模様を細かくし、口どけを良くした

 

そして、ノアールの模様にもこだわりがあります。

『NOIR』という文字を挟んで、逆さ富士と富士山の上の太陽を描いているほかに、

ロゴの周りの月桂樹

⇒『死ぬまで変わらない』という花言葉から、変わらない品質へのこだわりを表現

桜の花

⇒国内生産で品質にこだわることを桜のモチーフで表す

クッキーの縁のしめ縄

⇒日本の伝統的なしめ縄のモチーフを使ってふちまで細かい模様を施すことで、食感を良くしている

とのこと。

 

『日本製の、品質の高いクリームサンドビスケット』ということに、とことんこだわっているのが感じられますね。

 

ヤマザキビスケット『ノアール』公式ページ

『クリーム・オー』の特徴

『クリーム・オー』に関しては、公式サイトがないので、検索でリサーチしました。

 

その結果わかった特徴は

『オレオ』や『ノアール』より1パッケージあたりの枚数が少ないが、値段が安く、コスパがとても良い

ということです。

 

楽天のあるショップによると、

お値段の安さと内容量を比較したコストパフォーマンスの高さが支持を得ている様です。

引用 みぞたオンラインストアー楽天市場店の商品ページより

とのこと。

 

安いと気軽に買えますものね。

これも立派な販売戦略のひとつです!

 

オレオと類似品の値段を比較!

最後に、1パッケージあたりの値段を比べてみましょう。

オレオノアールクリーム・オー
1パッケージあたりの枚数18枚18枚14枚
楽天最安値193円190円95円
Amazon186.2円

(18枚×10箱で1,862円)

216円取扱なし
筆者が寄ったスーパー198円168円取扱なし

※2021年3月2日現在の価格

 

お店によっても値段は違いますが、オレオとノアールは、大きな価格差はありません。

 

一方、ダントツに安いのが『クリーム・オー』。

オレオやノアールの半分弱の価格です。

この安さは、やはり強みですね!

スポンサーリンク

まとめ

『オレオ』と『ノアール』を筆者が食べ比べしてみたところ、

オレオ

⇒クリームの甘みが強く、海外製品らしい味がする

ノアール

⇒食べるうちにクッキーのほろ苦さが広がり、クリームは甘さ控えめ

という味の違いを感じました。

 

どちらもココアビスケットとクリームのバランスが良く、おいしい製品です。

 

そして、『クリーム・オー』を含めて特徴を比べると、それぞれ

オレオ

⇒誕生から100年以上、世界中で多くの人に親しまれるほどよくできたお菓子

ノアール

⇒『ヤマザキビスケット』が販売する、日本人好みの味と品質にこだわった国産のお菓子

クリーム・オー

⇒『オレオ』『ノアール』に比べて価格が半額くらいと安く、コスパが良いことで評判の良いお菓子

という特徴があります。

 

3つを食べ比べて好みの味を見つけるのも、きっと面白いですよ。

お気に入りのお菓子で、楽しいおやつタイムを過ごしてくださいね!

関連記事

  • この記事を書いた人

Metasequoia

関東在住、いろいろな仕事や家事をしながら暮らしているおばちゃんです。 趣味は、読書、ピアノ、手芸など。 それに加え、雑学や調べ物、文章を書くことが大好きです。 何かがわかるのも、それを文章で伝えるのも、面白い!

-お役立ち

Copyright © スピカ紀行, 2017~2021 All Rights Reserved