お役立ち

千寿せんべいもどきの類似品をチェック!味や原材料の違いは?

千寿せんべい

『パリッと香ばしい波型の生地にクリームを挟んだお菓子』といえば、なんといっても

京都は鼓月の『千寿せんべい』

が有名です。

 

ドイツの『ヴァッフェル』と、洋風のクリームを使いながらも『せんべい』と銘打っているところが、また粋ですよね。

 

ところが、

『千寿せんべい』にそっくりな類似品が、たくさんあります。

 

『千寿せんべい』と類似品、味や原材料はどう違うのでしょうか?

 

ということで今回は

  • 『千寿せんべい』と類似品の味や原材料の違い
  • 『千寿せんべい』といろいろな類似品の特徴や価格の違い

をチェックしていきます!

 

ぜひ読んで、あなた好みのヴァッフェルを見つけてくださいね!

スポンサーリンク

『千寿せんべい』と類似品味や原材料の違い

『千寿せんべい』と類似品の味

最も気になるのが、『味の違い』ですよね。

 

味の違いの感じ方は『人による』としか言いようがありません。

どれも、『ヴァッフェルにクリームを挟んでいる』というところは同じですからね。

 

でも、それで終わっても仕方ないので、『味』に言及しているレビューを調べてみました。

 

類似品は、たくさんあるので、ここでは

  • 宗家 源 吉兆庵 『福渡せんべい』
  • 長崎堂『ヴァッフェル』
  • 榮太楼總本舗『日本橋サブレ―』

のレビューを取り上げます。

 

鼓月『千寿せんべい』の味についてのレビュー

まず、本家である『千寿せんべい』のレビューです。

  • 他社製品より甘めで、生地も少し柔らかめだった
  • 渋いお茶と一緒に食べるのにとても良い甘さ
  • 他のお菓子を食べる気がしなくなるくらい、おいしい
  • 類似品はたくさんあるが、やっぱり本家にはかなわない
  • 甘さがしつこくなくておいしい

 

そして

『本家の千寿せんべいは、やっぱり他社製品とはちがう!』というレビューも、複数ありました。

 

宗家 源 吉兆庵『福渡せんべい』の味についてのレビュー

『福渡せんべい』も、なかなか評判の良いお菓子です。

 

レビューを見ると、

  • 安定のおいしさ
  • 食べ応えがあって満足感がある・喜ばれる
  • 老若男女に食べやすくておいしい
  • コーヒーや紅茶、緑茶など、どんな飲み物にも合う
  • 味が自然で口当たりが良く、味や香りが懐かしい感じがする

といった『おいしい!』というレビューがあります。

 

ただ、

  • 本家ほどではない感じがする
  • 他の製品より、生地が硬くて粉っぽい感じがしたし、クリームも少なく感じた
  • 高齢者にはちょっと硬いかもしれない

といった感想もありました。

 

長崎堂 ヴァッフェルの味についてのレビュー

長崎堂の『ヴァッフェル』は、レビューそのものが少ないのですが、

  • 食べ応えがあっておいしい
  • 贈り物にしたら、おいしいと好評だった
  • 賞味期限が長くて良い

というレビューがありました。

 

榮太楼總本舗 日本橋サブレ―

『日本橋サブレ―』も、レビューは少ないですが、見てみましょう。

 

  • 他の似たお菓子と同じような感じだけど、おいしかった
  • 贈り物にしたらおいしいと好評だったので、次は自分用に買いたい

といったレビューがありました。

 

やっぱり本家が一番?

『本家にはかなわない』というレビューがあるとしても、

どのヴァッフェルが一番おいしいかは、人によって違います。

 

それに、人によっては『千寿せんべい』にはない風味が好きなこともあるでしょう。

 

ただ、

『千寿せんべい』なら、まず間違いない

ということは言えます。

 

『千寿せんべい』がイチオシのわけ

筆者が『千寿せんべいならまず間違いない』と考えるのは、

『本家本元だから』

という理由もあります。

 

でも、それだけではありません。

『千寿せんべい』は

  • 小麦粉は、『宝笠』と国産小麦粉を独自の配合でブレンドした小麦粉を使って焼き上げている
  • 季節や温度に合わせて材料の配合を調整し、生地とのバランスが良い甘さを常に目指している
  • 生地は専用の鉄板を使い、その日の湿度、温度、天候から職人が熟練の技を生かして焼き加減を判断して焼いている

など、味や品質には、とてもこだわって作られています。

 

そして、

  • 『千寿』という名前が縁起が良い
  • 包装もお菓子の見た目も味も気品がある

といった点も、とても良い製品です。

 

人にプレゼントするなら、『千寿せんべい』がおすすめですよ!

 

本家よりおいしい類似品はある?

ここで気になるのが、『本家よりおいしい類似品はあるのかどうか』ですね。

先に紹介した以外の類似品のレビューも、調査してみました。

 

その結果、

『千寿せんべい』のレビュー

⇒『類似品よりおいしい』『さすが本家』といったレビューが複数ある

類似品の『他のヴァッフェルよりおいしい』というレビュー

⇒抹茶味の製品のレビューにあったが、バニラなどシンプルなクリームの製品では見受けられなかった

類似品のレビューで、はっきりと『本家に負けない』『本家よりおいしい』と書いてあるもの

⇒見受けられなかった

ということがわかりました。

 

『他社のヴァッフェルよりおいしい』と書いた人が、『千寿せんべい』を食べたことがあるかどうかは不明です。

でも、このリサーチから察するに、やはり本家は強いですね!

 

ちなみに、ヴァッフェル全体としては、『おいしい!』というレビューがたくさんありました。

ですから、どの類似品でも、大きな外れはなさそうです。

 

『千寿せんべい』と類似品の原材料や特徴を比較!

ヴァッフェルっておいしい!

ヴァッフェルっておいしい!

ここからは、『千寿せんべい』と類似品をさらに比較してみましょう。

 

『千寿せんべい』と類似品の原材料を比較

『千寿せんべい』と類似品の原材料を比べてみましょう。

 

先ほど同様、

  • 鼓月『千寿せんべい』
  • 宗家 源 吉兆庵『福渡せんべい』
  • 長崎堂『ヴァッフェル』
  • 榮太楼總本舗『日本橋サブレ―』

のバニラ系クリームの製品で比較します。

 

製品名千寿せんべい福渡せんべいヴァッフェル

(長崎堂)

日本橋サブレ―
原材料
  • 小麦粉
  • 砂糖
  • ショートニング(大豆を含む)
  • バター
  • 全粉乳
  • でんぷん
  • デキストリン
  • 白いんげん豆
  • ココアパウダー/香料
  • 膨張剤
  • 乳化剤
  • 酸化防止剤
  • (ビタミンE)
  • 小麦粉(国内製造)
  • 砂糖
  • マーガリン
  • ショートニング
  • 澱粉
  • 全粉乳
  • 麦芽糖
  • ココアパウダー /トレハロース
  • 香料
  • 膨脹剤
  • 乳化剤(大豆由来)
  • 着色料(カロチン)
  • 小麦粉(国内製造)
  • 砂糖
  • 植物油脂
  • 鶏卵
  • 乳糖
  • バター
  • マーガリン
  • ショートニング全粉乳
  • 白あん
  • ココア
  • コーンスターチ/膨張剤
  • 香料
  • 乳化剤(大豆由来)
  • 着色料(カロテン)
  • 酸化防止剤(ビタミンE)
  • 小麦粉(国内製造)
  • ミルク風味クリーム(砂糖、ショートニング、全粉乳)
  • 砂糖
  • バター
  • 鶏卵
  • ショートニング
  • ココアパウダー
  • 植物油脂
  • 食塩/加工でん粉
  • 膨張剤
  • 香料
  • 乳化剤(大豆を含む)
  • 着色料(カロチン)

 

こうして比べると、見た目はほとんど変わりないお菓子でも、原材料は微妙に違っていることがわかりますね。

ということは、やはり味や食感にも、微妙な違いがあるはずです。

 

『千寿せんべい』と類似品の特徴はどう違う?

次に、特徴を比べてみましょう。

今度は先ほど挙げた3つ以外の類似品も含めて、『千寿せんべい』といろいろな類似品の特徴を、公式サイトの商品紹介から抜粋しました。

 

製品名のところに公式サイトへのリンクも貼ってあります。

気になるヴァッフェルがあったら、ぜひ見てみてください。

 

名称特徴
鼓月

千寿せんべい

ヴァッフェル生地にクリームを挟んだお菓子の元祖

製造方法にもこだわっている

宗家 源吉兆庵

福渡せんべい

歯ざわりの良いせんべいとくちどけの良いクリームのバランスが良い
長崎堂

ヴァッフェル

ドイツ風の堅焼きワッフルにバニラクリームを挟んだ
榮太楼總本舗

日本橋サブレ―

バニラ味とチョコ味がある
風見鶏本舗

神戸ヴァッフェル

バニラ、チーズ、キャラメル味があり、中央にはココアが乗っている
笹屋伊織

琴の仙

バニラクリームとチョコクリームの2種類がある。

名前には『千年の都京都』にちなんで『千』が入っている

千紀園

つれづれ

宇治抹茶スイーツを手掛ける店の抹茶クリーム入りヴァッフェル

抹茶クリームがはさんである

森半

抹茶ヴァッフェル

天保7年創業の伝統ある製茶会社のヴァッフェル

宇治抹茶とほうじ茶のヴァッフェルがある

河内駿河屋

姫鏡

バニラ、抹茶、イチゴ、栗がある
和晃

兆雅せんべい

バニラ、抹茶、ショコラ、安納芋、白桃と、バリエーションに富んだラインナップ

 

これだけ多くの和菓子屋さんが作りたくなるお菓子を作った鼓月は、すごいですね!

そして、それぞれのメーカーも、それぞれに工夫をしています。

 

『千寿せんべい』と類似品の価格を比較

ヴァッフェルはコーヒーに合う!

ヴァッフェルはコーヒーに合う!

最後に、価格を比べてみましょう。

 

なお、価格は2021年3月4日現在の、公式サイトもしくは楽天公式ショップの税込価格です。

価格や取り扱いの有無は変わることがあるので、買うときには確認してくださいね。

 

名称1枚当たり

(個売りがない場合は計算値)

最少枚数の詰め合わせ最大枚数の詰め合わせ
鼓月

千寿せんべい

約140円

(計算値)

8枚入り

1,118円

40枚入り

5,616円

宗家 源吉兆庵

福渡せんべい

約154円

(計算値)

7枚1,080円36枚5,400円
長崎堂

ヴァッフェル

単品135円8枚入り1,080円16枚入り2,160円
榮太楼總本舗

日本橋サブレ―

単品162円8個入り1,404円

(バニラ、チョコ4個ずつ)

16個入り2,808円

(バニラ、チョコ8個ずつ)

風見鶏本舗

神戸ヴァッフェル

108円

(計算値)

10個入り

1,080円

(詰め合わせは10個のみ)
笹屋伊織

琴の仙

単品130円15枚入り2,160円

(バニラ10枚、チョコ5枚)

40枚入り5,400円

(バニラ・チョコ20枚ずつ)

千紀園

つれづれ

162円8個入り1,296円16個入り2,592円
森半

抹茶ヴァッフェル

1枚150円(税別)10個入り1,440円

(楽天公式ショップ価格)

28個入り3,628円

(詰め合わせ・楽天公式ショップ価格)

河内駿河屋

姫鏡

135円

(計算値)

8個入り1,080円

(各味2個ずつ)

16個入り2,160円

(各味4個ずつ)

和晃

兆雅せんべい

130円5個入り702円18個入り2,484円(詰め合わせ)

 

40枚入りの詰め合わせがあるヴァッフェルだと、人数多めの職場などへの挨拶にも良いですね。

お土産にもおすすめですよ!

 

『千寿せんべい』の偽アカウントに注意!

大人気のお菓子には、偽物なども出てきたりするものですが、幸い『偽物のヴァッフェルが千寿せんべいを騙って売られている』という話は、見受けられません。

 

でも、

インスタグラムには、千寿せんべいの販売元『鼓月』の偽アカウントがあります!

筆者も偽アカウントを確認しましたが、プロフィールは『鼓月』とは思えないものでした。

 

そしてこの偽アカウントでは、『鼓月』の名を騙ってプレゼントキャンペーンなどもやっています。

 

こういった不正なアカウントのプレゼントキャンペーンは、絶対に応募してはいけません。

  • ダイレクトメールを送られ、不審なサイトなどに誘導される
  • 何らかの方法で個人情報を抜き取られ、詐欺などに利用される

といった危険性があるからです。

 

参考記事:架空請求などの詐欺に電話番号はなぜ知られた?流出対策をチェック

 

なので、

  • 絶対にフォローしたりコメントしたりしない
  • 間違ってフォローしてしまった場合は、すぐ解除&ブロックする

という対応をしてください。

 

公式アカウントと偽アカウントの違いは

本物の『鼓月』の公式アカウント

⇒kogetsu.if.official

偽物の『鼓月』のアカウント

⇒kogetsu.if.official_(最後にアンダーバーが付いている)

 

アンダーバー1つの違いです。

十分気を付けてくださいね。

 

詳しくは、こちらを読んでください。

『京菓子處 鼓月公式 Instagram 偽アカウントにご注意ください』

スポンサーリンク

まとめ

『千寿せんべい』と類似品、どちらがおいしいかは、その人の好みによります。

おいしい類似品もたくさんあります。

『千寿せんべい』以外のヴァッフェルが好きな人もいるはずです。

 

千寿せんべいと類似品の原材料を比べても、

  • 基本的な原材料は同じ
  • 多少違うところはある

という感じです。

 

でも、やはり味の微妙な違いはあるようです。

チャンスがあったら、ぜひ食べ比べしてみてください。

 

そして、間違いないのは、本家本元の『千寿せんべい』です。

レビューを見ても、

『本家にはかなわない』

といった感想が複数ありました。

作り方などにもこだわっていますから、贈り物にするのにも、『千寿せんべい』はおすすめですよ。

 

ヴァッフェルってとてもおいしいですよね。

ぜひ、楽しいおやつタイムを過ごしてくださいね!

関連記事

  • この記事を書いた人

Metasequoia

関東在住、いろいろな仕事や家事をしながら暮らしているおばちゃんです。 趣味は、読書、ピアノ、手芸など。 それに加え、雑学や調べ物、文章を書くことが大好きです。 何かがわかるのも、それを文章で伝えるのも、面白い!

-お役立ち

Copyright © スピカ紀行, 2017~2021 All Rights Reserved