エンタメ

巨人の2021年シーズンのコーチを一覧チェック!年俸はいくら?

巨人

読売ジャイアンツは、2019年から再び原辰徳氏が監督を務めることとなり、その1年目となる2019年は、セ・リーグを制しました。

 

しかし日本シリーズで敗北し、日本一は逃してしまいます。

 

2年目もリーグ優勝を果たしたものの、日本シリーズでソフトバンクに4タテされて惨敗。

 

所詮は弱いリーグでの1位…

パ・リーグの強さに、なすすべもなく、ただボコされるだけで終わっている現状です。

 

リーグ2連覇、そして今度こそパ・リーグに食らいつきたい…

 

そんな巨人を率いる、2021年のコーチ陣は、前年に比べて、どんな変化があったのでしょうか?

 

この記事では、2021年の巨人のコーチに就く人物たちの一覧を見ながら、年俸も交えて紹介していきます。

スポンサーリンク

2021年シーズンの巨人軍コーチと年俸一覧

2021年の巨人のコーチ陣を、一覧で確認していきましょう。

あわせて、年俸も確認していきます!

 

巨人の1軍スタッフ

役職
名前
背番号
年俸
監督原辰徳882億円
ヘッドコーチ元木大介774000万円
作戦コーチ吉村禎章873000万円
野手チーフコーチ後藤孝志882000万円
野手総合コーチ村田修一901600万円
野手総合コーチ石井琢朗892000万円
投手チーフコーチ宮本和知813000万円
投手チーフコーチ補佐桑田真澄732000万円
投手コーチ杉内俊哉851600万円
バッテリーコーチ相川亮二791600万円
ブルペンコーチ村田善則741600万円
トレーニングコーチジョン・ターニーなし1200万円

 

顔ぶれは、2020年と比べて変わった部分は、そんなにありません。

しかし、話題の大きさで言えば、前年とは比べ物にならないのです。

 

なんと言っても、

桑田真澄さんが首脳陣入りした

ことが、非常に大きいですよね。

 

桑田真澄さんは初の入閣です。

巨人の投手陣にどんな影響を及ぼすのか気になるところ。

 

その他では、村田修一コーチと杉内俊哉コーチが、2軍から1軍へ昇格しました。

 

コーチ陣の年俸は、人によって差がある珍しいパターンです。

だいたいのチームは、コーチの年俸は普通のコーチならいくら、ヘッドコーチならいくらと、

コーチの役職によって決まっている

ことが多いです。

 

巨人も役職による年俸の差自体はありますが、村田修一コーチと石井琢朗コーチのように、同じ役職のコーチでも金額に差があるので、

コーチ歴

で、金額を設定している可能性があります。

 

巨人の2軍スタッフ

役職
名前
背番号
年俸
監督阿部慎之助804000万円
ヘッドコーチ金杞泰782000万円
投手コーチ山口鉄也711200万円
ブルペンコーチ高橋信夫721000万円
野手総合コーチ古城茂幸861600万円
野手総合コーチ松本哲也841100万円
バッテリーコーチ實松一成821200万円
トレーニングコーチ石森卓なし1000万円

 

巨人は2軍にもヘッドコーチを置くようになりました。

そのヘッドコーチに就任したのが、

2007年~2009年に育成コーチを務めていた、金杞泰(キム・キイテ)氏

です。

ロッテ、巨人などで活躍した

李承燁選手の師匠

と言われる人物です。

 

また、2020年は3軍だった山口鉄也コーチが昇格、ブルペンコーチには新たに高橋信夫コーチが就任しました。

高橋信夫コーチは、

プロは3年で引退したものの、その後、巨人で18年間ブルペンキャッチャーとして支えた縁の下の力持ち

 

阿部慎之助2軍監督が、現役時代からお世話になっていたこともあって、白羽の矢が立ちました。

 

巨人の3軍スタッフ

役職
名前
背番号
年俸
監督二岡智宏762000万円
野手総合コーチ片岡治大1021500万円
野手総合コーチ金城龍彦1031500万円
投手コーチ三澤興一1011500万円
投手コーチ青木高広1041200万円
バッテリーコーチ加藤健1051200万円
トレーニングコーチ穴吹育大なし1000万円

 

巨人は、3軍が存在している、プロ野球球団でも珍しいチームです。

 

メモ

3軍を導入しているのは、巨人、ソフトバンク、西武、オリックスのみです。

 

2021年からは、それまで総合コーチを務めていた二岡智宏氏が監督を務めます。

 

三澤興一コーチは2軍から異動、さらに青木高広コーチが新たにスカウトから転身しています。

 

野手総合コーチの片岡治大コーチは、2軍からの異動です。

 

巨人の巡回コーチ

役職
名前
背番号
年俸
投手コーチ兼トレーニング統括会田有志1061300万円
打撃コーチ山崎章弘1001500万円

 

巡回コーチは、主な仕事はファームでの育成です。

ファームの選手の状態を1軍に伝えたり、1軍の状況を把握するために1軍にも顔を出す

といった、1軍とファームを文字通り巡回することから、巡回コーチという名前がついています。

 

2軍や3軍の情報というのは、忙しいシーズン中だと、1軍にいるスタッフに上がってきません。

巡回コーチには、この1軍と2軍・3軍の間の情報伝達を円滑にすることで、今の1軍に必要となりえるファームの選手のことを連絡する役割があります。

 

巡回コーチの連絡を受けて、監督が誰を1軍に昇格させるかの判断をしやすくなるため、

巡回コーチはシーズンを戦う上で、非常に重要な役職

なんですよ。

 

2020年まで巡回投手コーチ兼スカウトだった水野雄仁氏はスカウトに専念。

代わりに3軍の投手コーチを務めていた会田有志コーチが、投手コーチ兼トレーニング総括という立場で、巡回コーチとなりました。

スポンサーリンク

まとめ

2021年の巨人のコーチ陣の顔ぶれは、あまり変わっていません。

 

ただ、

1軍の投手チーフコーチ補佐に、桑田真澄氏が就任!

 

野球界きってのインテリ派である桑田真澄コーチが誕生したことで、巨人の投手陣にどのように影響を与えるのか非常に気になるところです。

 

そして、巨人のコーチ陣の年俸は、

他球団のコーチのような役職による固定年俸ではなく、コーチ歴も金額に影響している

という珍しい特徴がわかりました。

 

同じ役職でも金額に差がある例を、筆者は今まで見たことがなかったので、驚きましたね。

 

とはいえ、コーチには、何億ももらっているような人はいません。

常に選手たちの指導をし、選手と同じようにシーズンを過ごしているのに、1軍と2軍を行ったり来たりしている選手と同じ水準の年俸…

割に合っていないようにも、感じさせられますね。

関連記事

  • この記事を書いた人

管理人

-エンタメ

Copyright © スピカ紀行, 2017~2021 All Rights Reserved