アーカイブ

大谷翔平と藤浪晋太郎は仲良し?二人の関係やエピソードをチェック

大谷 藤浪 仲

エンゼルスの大谷翔平投手と、阪神の藤浪晋太郎投手は、2012年のセンバツで、

高校BIG3

と呼ばれ一世を風靡しましたよね。

(もう1人は中日の濱田達郎投手です。)

 

プロデビュー当時はお互い将来の日本を背負うエースなんて言われていましたが…。

超絶な成績不振で落ちていった藤浪晋太郎投手と、漫画のような快進撃を続けていった大谷翔平投手とでは、今や雲泥の差があります。

 

今も昔も何かと比較されがちな2人ですが、実際の彼らの関係はどうなのでしょうか?

 

当記事では、大谷翔平投手と藤浪晋太郎投手について、2人の関係について、エピソードを交えて迫っていきます。

スポンサーリンク

共通点の多い大谷翔平と藤浪晋太郎

大谷翔平投手と藤浪晋太郎投手は、何かと共通点が多く、それもあってか比較されがちです。

2人の共通点を見ていきましょう。

 

まずは年齢。

当たり前ですが、大谷翔平投手と藤浪晋太郎投手は同級生であるため、高校の場所は全く違えど、お互い切磋琢磨しあっていました。

 

そして、大谷翔平投手と藤浪晋太郎投手は、

どちらも先発投手

ですよね。

 

高校時代はもちろんのこと、プロに入ってからも先発を続けていることには変わりありません。

 

そのプロへの入り方も、2人とも同じでしたね。

大谷翔平投手と藤浪晋太郎投手は、

どちらも高卒でドラフト1位指名入団

しています。

 

大谷翔平投手はメジャー希望をしていたものの、日本ハムが本人の気持ちを無視して強引に指名したことで、批判が殺到したこともありました。

藤浪晋太郎投手は、あのくじに弱い阪神が見事くじ引きで勝利し、地元のスターを引き当てたことで話題になっています。

 

年齢やポジション、プロへの入り方も同じなだけでなく、大谷翔平投手と藤浪晋太郎投手は、

選手としてのタイプ

も共通点があります。

 

2人とも、まず真っ先に目を惹くのが、

身長の高さ

です。

大谷翔平投手は身長193センチ、藤浪晋太郎投手は197センチ

どちらもかなりの長身!

 

近年は180センチ超えの選手が増えてきましたが、なかなか190センチを超える選手はいません。

それなのに、同世代の先発投手で190センチ超えが2人もいることは、奇跡的!

 

どちらの投手も、長身から繰り出される

球速のあるストレート

が持ち味ですよね。

 

大谷翔平投手は手術を受けた影響で球速が落ち、100マイルは出なくなってしまいましたが、今でも150キロ台のストレートが武器。

藤浪晋太郎投手も、コントロールはイマイチですが、最速162キロのストレートが最大の武器です。

 

これは似ているエピソードなのか、間違えた側のポンコツエピソードなのかわかりませんが、1つ面白い話があります。

元ヤクルト監督の真中満さんは、監督をしていた当時、

よく大谷翔平投手と藤浪晋太郎投手を間違えていた

というのです。

 

実際に、テレビ朝日で放送された『GET SPORTS』の対談コーナーでも、

「阪神の大谷が…」

と言ってしまい、現ヤクルト監督の高津臣吾コーチ(当時)にツッコまれるといった一幕がありました。

 

  • 同世代を代表する2人
  • 高卒でドラフト1位入団
  • 190センチ超えの長身
  • 160キロ超えのストレートが持ち味

こんなに共通点があれば、おそらくは、高校生の頃からお互いを意識していたことでしょう。

2人はバチバチだったのか、それとも仲良しだったのか、気になりませんか?

 

大谷翔平と藤浪晋太郎の仲良しエピソード

大谷翔平投手と藤浪晋太郎投手は、ライバルとしてバチバチに火花を散らしていたかというと、そうではなく、

むしろ大の仲良し

なんですよ。

 

大谷翔平投手と藤浪晋太郎投手は、高校生だった2012年の春のセンバツの時に、マスコミによって引き合わされたとのこと。

それ以降、メディアでは同世代のライバルとしてたびたび特集され、何度も共演したそうです。

 

もちろん、お互いをライバルとして意識していたのも間違いではありません。

メディアで何度も対談をしている2人は、インタビューで、お互いを意識していたエピソードを語ったことがあります。

 

とくに意識していたのは、大谷翔平投手の方だったようです。

藤浪晋太郎投手の高校時代と言えば、近年では全国最強と名高い強豪校・大阪桐蔭高校のエースでしたよね。

全国に名を馳せる高校のエースで、1年生の頃から全国的に話題になっているほどの知名度。

 

一方で、大谷翔平投手は、

藤浪晋太郎投手が掲載されている記事の部分を切り抜いて、量の自室に飾っていた

というのです。

大谷 藤浪 仲2

 

それだけライバルとして藤浪晋太郎投手のことを見ていたんですね。

 

また、2人はライバルであると同時に、それ以上にかなりの仲良しです。

2人の仲良しぶりを示すエピソードがいくつもあります。

 

たとえば、トレーニング。

藤浪晋太郎投手と大谷翔平投手は、2人で同じスポーツジムで一緒にトレーニングをすることも多かったようです。

 

大谷翔平投手が日本ハムに在籍していた時は、

オープン戦や交流戦での試合の後、2人で一緒にご飯を食べていた

こともあったと、大谷翔平投手は語っています。

 

とくに大谷翔平投手の藤浪晋太郎投手大好きっぷりは半端ないです。

大谷翔平投手は藤浪晋太郎投手の前だととてもニコニコしていることが多く、

藤浪晋太郎投手が他の選手と話しているところを鋭い目で見ていた…

というような画像ネタが挙げられるほどには大好きみたいです。

 

さらには、インタビューにて、

試合の前日に、「明日会えるね」とLINEをしてくる

ことを藤浪晋太郎投手から暴露されたことも。

 

とある雑誌での対談では、藤浪晋太郎投手が高校日本代表時代の背番号を忘れてしまったという話に対し、

「藤浪は6番」

とすぐに答えるなど、藤浪晋太郎投手のことをかなり熟知している様子も伺えました。

このことから、大谷翔平投手は女の人よりも藤浪晋太郎投手の方が好きとまで言われることがあるみたいですよ。

スポンサーリンク

まとめ

大谷翔平投手と藤浪晋太郎投手の関係を紹介しました。

 

この2人は、

同世代で速球を持ち味とする長身の先発投手で、高卒のドラフト1位入団

と、かなりの共通点が多く、どちらも高校時代からスターだったことから、かなりお互いを意識していたようです。

 

ライバルとして意識していただけでなく、2人は友達としても仲良し。

 

一緒にご飯を食べたりトレーニングをしたり、試合の前日には大谷翔平投手が藤浪晋太郎投手にLINEをする

など、とくに大谷翔平投手が藤浪晋太郎投手のことを好きなことがわかりました。

 

実力は今でこそかなり差がついてしまいましたが、またいつか、2人が同じ日本代表として、一緒に戦う日が来ることに期待したいです!

関連記事

  • この記事を書いた人

watari1

創作活動を趣味にしている、中部地方在住の20代男です。 これまで世の中に関心が持てず、これといって誇れるものも持っていないため、ペシミズム的な思考でなんとなく日々を消化しているだけでした。でも、昨今の世界情勢や周囲の環境の変化で生活への不安を感じ、活動できる場を持ちたいと思うように。 記事の執筆を通じて、新たな知識や物の見方を増やしていきます。

-アーカイブ