エンタメ

【ワンピース】ガープの強さの秘密をチェック!若い頃は最強だった?

ワンピース_ガープの若い頃

ワンピースの主人公モンキー・D・ルフィの祖父、

モンキ・D・ガープ

 

革命家のモンキー・D・ドラゴンの父親でもあります。

 

ガープは、海軍本部に所属し『海軍の英雄』と呼ばれ、年齢的には、ゴール・D・ロジャーや、ロックス・D・ジーベックと同じ時期に全盛期を迎えていました。

 

本記事では、若い頃のエピソードも交えながら、ガープの強さの秘密をチェックしていきます!

スポンサーリンク

ワンピースのガープのプロフィールを確認

まずは、ガープのプロフィールを確認していきましょう!

本名モンキー・D・ガープ
通り名海軍の英雄、ゲンコツのガープ
肩書き海軍本部中将
年齢76歳 → 78歳
身長287cm
覇気武装色、見聞色
出身地東の海ドーン島ゴア王国
誕生日5月2日
好物せんべい、カレー

78歳とは思えないほどの、筋骨隆々としているガープ。

孫であるルフィの身長は現在174cmなので、100cm以上も身長差があります。

息子であるドラゴンも256cmと大柄なので、ルフィもまだこれから大きくなるかもしれません。

 

ワンピースのガープの強さとは??

ガープの戦闘シーンは、ほとんどありません。

マリンフォード頂上戦争でも、エースを助けようと処刑台に向かうルフィと対峙しましたが、孫であるルフィに本気を出すことができず、敗れてしまいました。

では、『海軍の英雄』と呼ばれるガープは、本当はどれだけ強いのかを考察していきます!

 

今まで繰り出した技から、ガープの強さを考察!

ガープの初登場シーンは、ウォーターセブン編でした。

 

エニエスロビーからロビンを奪還した麦わらの一味は、ウォーターセブンのガレーラカンパニーで療養していました。

そこに、ガープが乗り込み、寝ていたルフィを殴り飛ばしたのです。

 

その後、『孫だから』という理由で見逃すと言っていたガープですが、センゴクに怒られて結局麦わらの一味に攻撃を仕掛けます。

技を繰り出したのは、このときだけでした。

 

拳骨隕石(ゲンコツメテオ)

素手で砲弾を投げつける技。

大砲よりも威力が強いが、ただの力技のようです。

 

拳骨流星群

拳骨隕石の強化版。

1000発の砲弾を放ちます。

ワンピース_ガープの拳骨流星群

ガープの拳骨流星群

 

 

最終的には、サウザンドサニー号より大きい特大鉄球を投げつけていました。

単純な腕力だけを考えると、

人族であるオーズと同等くらいの力を持っている

かもしれません。

 

戦闘シーンからガープの強さを考察!

ガープの戦闘シーンも少ないですが、その中からガープの強さを考察していきます。

 

マリンフォード頂上戦争で、処刑台に飛んで向かうマルコを殴り飛ばす

マルコの目の前は処刑台まで開けていました。

にもかかわらず、ガープはいきなり現れ、マルコを殴り飛ばします。

このことから、ガープは

六式(剃)

が使えることが推測されますね。

 

処刑台に向かうルフィの前にも、急に現れたので、そのときも『剃』を使ったのかもしれません。

部下であるコビーも『剃』を使用できているので、上司であるガープは、きっと六式すべてを使いこなせていることでしょう。

 

赤犬に対抗できる力を持っている!?

赤犬にエースの命が奪われたとき、ガープは我を忘れ、赤犬の命を奪おうと動き出してしまいます。

センゴクが押さえつけていなければ、すぐにエースのところへ駆けつけていたことでしょう。

ガープは、ずっと『大将』への昇級を拒否し続けていました。

つまり、能力的には

『海軍大将』クラス

なのです。

だとすると、赤犬と同等……もしくはそれ以上の力を持っている可能性がありますね。

 

チンジャオの武装色で硬化した錐の頭を殴って凹ませる

30年前(当時ガープは48歳)、『八宝水軍』の第12棟梁だったチンジャオと対決したガープ。

 

チンジャオは、『宝来氷床』という氷の大陸を割るほどの硬い錐の頭を持っていました。

それに対し、ガープは武装色で硬化した拳で、チンジャオの頭をぶん殴ります。

すると、チンジャオの自慢の頭は凹んでしまいました。

ワンピース_チンジャオの頭を凹ますガープ

チンジャオの頭を凹ますガープ

 

このことから、

ガープの武装色の覇気は相当強い

ことが分かりますね。

 

ワンピースのガープの若い頃は、最強だった!?

若い頃のガープと言われて、思い浮かべるのは『ゴッドバレー事件』です。

 

ゴッドバレー事件とは

今から38年前、ガープが40歳のときに起きた事件。

ガープが、『海軍の英雄』と呼ばれるきっかけです。

当時最強と言われていた『ロックス海賊団』から、天竜人とその奴隷たちを守るために、ガープとゴール・D・ロジャーが手を組み戦いました。

この事件により、『ロックス海賊団』は壊滅します。

 

『ロックス海賊団』の船長ロックス・D・ジーベックについての情報は、まだほとんどありません。

しかし、『ロックス海賊団』に所属していた人物には、後の四皇などの猛者がいました。

エドワード・ニューゲート(白ひげ):当時36歳

シャーロット・リンリン(ビッグ・マム):当時30歳

カイドウ:年齢不明(当時は見習い)

 

ワンピースの世界では、年齢を重ねても強いままのキャラがたくさんいます。

一般的には30~40代が全盛期でしょう。

全盛期と思われる白ひげたちを取りまとめていたロックスは、それ以上の能力を持っていたのではないでしょうか。

 

そんな強者がそろっている『ロックス海賊団』を壊滅させたということは、40歳のガープは、

四皇同等、もしくはそれ以上の強さ

だということは確実そうですね。

スポンサーリンク

まとめ

ルフィの祖父であるガープ。

その強さの秘密は、

純粋な腕力

強力な武装色の覇気

六式の体得

にありそうです。

 

ガープは、

『海軍大将』に引けを取らない力の持ち主

であり、若い頃のガープは、

四皇と同等、もしくはそれ以上の強さ

を持っていました。

 

老いにより、現在は少し衰えているとしても……その力は侮れません。

今後、隠居しているガープが、どのような活躍を見せてくれるのか楽しみですね!!

関連記事

  • この記事を書いた人

sgs0_4aws_kh

ワンピースをこよなく愛するファンです。 これまでの伏線を織り交ぜて、考察することが大好きです!

-エンタメ