仕事

公認サンタクロースとは?なり方(条件や試験)と給料をチェック!

クリスマスが近づくと、サンタクロースの人形や、サンタ帽をかぶった売り子、キャラクターなどを見かけるものです。

中には、子供たちに

「サンタはいない!」

と言ってしまう大人もいるのですが、実は"公認サンタクロース"と呼ばれる、本物のサンタクロースが存在します!

日本では、唯一の公認サンタクロースである・パラダイス山元さんが有名です。

 

それにしても、公認サンタクロースとは、一体どうやったらなれるものなのでしょうか?

話によると、厳しい条件や試験があると言われています。

 

この記事では、公認サンタクロースについて、なり方や必要な条件・試験など、公認サンタクロースの実情を探ってみました。

スポンサーリンク

公認サンタクロースとは?

サンタクロースというと、教父聖ニコラオスの伝説が元となって生まれた存在ですよね。

特徴的なのは、その風貌です。

白のトリミングのある赤い服に、いわゆるサンタ帽と呼ばれる赤いナイトキャップ姿、そしてふくよかな体格で顔には白ヒゲを生やしている…

そんなイメージを誰もが抱くでしょう。

 

実は、公認サンタクロースと呼ばれる、いわゆる職業サンタが存在します。

公認サンタクロースとは、

グリーンランド国際サンタクロース協会という国際協会から選ばれたサンタクロース

であり、グリーンランドに住む長老サンタクロースの補佐をする目的で、この教会は作られました。

 

公認サンタクロースは、

全世界で、わずか180人ほどしかいません。

まさにサンタクロースの精鋭たちなのです。

 

公認サンタクロースが、具体的にどんな活動をしているかといえば…

クリスマスシーズンを自宅で過ごせない子供のために、クリスマス前になると、福祉施設や小児病棟などを訪問し、プレゼントを渡す

という役目があります。

クリスマス前とは言いましたが、訪問は9月頃から始まるそうで、かなり早い時期になります。

 

また、商業施設のクリスマスツリー点灯式や、記念撮影会といったイベントに参加することも、公認サンタクロースの仕事です。

毎年7月に世界各支部から、本部があるコペンハーゲンで、地元国について会議を行なう『世界サンタクロース会議』にも参加する必要があります。

この参加には、

自宅からサンタクロースの格好をしていかなければならない

というルールもあり、毎年体力測定も行われます。

 

このサンタクロース協会は、各国に支部があり、北欧が中核を担っていますが、ドイツやオランダといったヨーロッパ、カナダやアメリカといったアメリカ大陸、そしてアジアでは日本にも支部があります。

というのも、日本にも唯一の公認サンタクロースである、マンボミュージシャンのパラダイス山元さんがいるからです。

日本にも唯一の公認サンタクロースがいるわけですが、公認サンタクロースとは、何をどうしたらなれるのでしょうか?

 

公認サンタクロースのなり方とは?条件を紹介!

それでは、公認サンタクロースのなり方について解説していきます。

 

実は、公認サンタクロースになるためには、試験を受けなければなりません。

…が、その試験を受ける前にも、公認サンタクロースになるための条件があります。

その条件が、結構厳しいものなのです。

 

公認サンタクロースになるための条件が…以下の通りとなります。

  1. 結婚している ※離婚すると公認サンタクロースの仕事はできなくなる
  2. 子供がいる
  3. これまで、サンタクロースとしての活動経験がある
  4. サンタクロースにふさわしい体型(衣装やその他の装備込みで、体重120㎏以上であること) ※女性は例外

現在は、事情によっては一部条件が緩和されるとのこと。

 

結婚していて、かつ子供がいないとサンタクロースになることはできない…。

かなり意外な条件ですよね。

しかも、離婚してしまうと公認サンタクロースとしての活動ができないとは、かなりシビアです。

ライセンス更新が1年なので、離婚してしまう、もしくは活動中の飲酒が判明したら、その時点で公認サンタクロースの資格は、はく奪されます。

 

それにしても、なぜ『結婚していること』が、公認サンタクロースの条件なのでしょうね…。

また、体型もサンタクロースのイメージとして定着している、ふくよかなおじさんでなければならないんですね。

見た目や生活環境…この条件の時点でサンタクロースになれない人は多そうです。

とくに、日本だと未婚世帯が増えていますし、狭き門といえます。

 

もっと謎なのは、3つ目の『サンタクロースとしての活動経験がある』という条件。

公認サンタになる条件が、今までにサンタクロースの活動をしていなければならない、というのは何か矛盾しているような気も…。

おそらくは、

サンタクロースの格好をしてクリスマスイベントに出たことがある

そういう経験のことを指すのでしょう。

つまり、地域のイベントでサンタをするような機会がなければ、公認サンタクロースにはなれないわけですね。

またもや、この時点で公認サンタクロースになれる人が大きく狭まります。

この条件をクリアした上で、公認サンタクロースには、なるための試験があるのです。

 

公認サンタクロースになるための試験は?

公認サンタクロースになるためには、試験もあります。

試験は、世界サンタクロース会議と同時に行われます。

デンマーク・コペンハーゲンのバッケン遊園地が会場になるのですが、この試験がかなりハード!

試験はいくつかあるみたいですよ。

公認サンタクロースになるための試験1 体力測定

公認サンタクロースになるための試験、その最初は、

体力測定

です。

体力測定は、以下の複数の内容でおこなわれます。

  1. プレゼントの入った袋を持っての50メートル走
  2. はしごで高さ280cm、内幅120×120cmの煙突に登り、さらに煙突にもぐって暖炉から出てくる
  3. 暖炉の上に置かれたクッキー6枚と牛乳568mlを完食し、元の場所へ戻る

衣装込みとはいえ、120㎏の人が、これだけの運動をしなければならないとは…

しかも、選考基準となるタイムがあり、

基準タイムは2分以内!

ふくよかな体型で、完全装備をした状態で、この工程を2分以内に済ませないといけないなんて、あまりにもハード…。

しかも、これで次の試験に進めるのは、上位2名だけなのです。

ここで大きく人数がふるい落とされるわけです。

ただ、試験はまだ序の口、この後、さらに3つの試験が待っています。

公認サンタクロースになるための試験2 長老サンタによる面接

次は、

長老サンタや先輩サンタによる面接

がやってきます。

この面接では、

英語、もしくはデンマーク語での自己紹介が必要

になるので、ある程度は話せないとダメです。

そもそも、公認サンタクロースになると国際会議にも参加しないといけません。

語学能力が必要なのは、当然と言えば当然です。

公認サンタクロースになるための試験3 身だしなみや装備品チェック

3つ目の試験として、

身だしなみのチェック

もあります。

サンタクロースの衣装は、

公認サンタクロース候補生という人の出身地の伝統・風習に合った衣装を自作している

ことが条件です。

つまり、ただポピュラーなサンタ衣装を作るだけでなく、地域に合わせた要素が必要なのです。

しかも、自作しなければならないため、

裁縫の技術やデザインセンスも問われます。

サンタクロースになるには、 文武両道でなければいけないのです。

公認サンタクロースになるための試験4 宣誓文を読む

最後に、世界サンタクロース会議に出席した全ての公認サンタクロースの前で、古くから伝わるサンタクロースの誓いの言葉を、ステージで読み上げます。

この時、読み上げは

ホーホホホー

という、サンタクロース独特の喋り方として定着している『ホー』だけで全てを読み上げなければなりません!

しかも、

出席している公認サンタクロース全員が、納得するまで続けなければいけない

とのこと。

いかにサンタクロースらしさを出せるかがポイントになります。

 

以上の厳しい試験をクリアして、さらに公認サンタクロースたちの承認を得ることで、ようやく公認サンタクロースになれるのです。

厳しすぎて、なろうと思ってなれる職業ではないことはよくわかります。

ちなみに、現在、アジア圏でのサンタクロースの募集はしていません。

なろうと思っても、その入り口がない残念な状態でもあります。

 

公認サンタクロースの給料は?

公認サンタクロースになると、給料はどれくらいもらえるのでしょうか?

 

実は、公認サンタクロースの給料は…

ありません。

『ありません』というのは、どういうことかというと…

報酬はないため、ゼロである

要するに無給です。

福祉施設訪問などをしますが、あくまでも慈善事業なのです。

一部サイトでは、海外のサンタクロースはフィンランド経産省から報酬をもらっている、時給25ドルと書かれていましたが、情報の出所が確認できないため、信憑性は薄いです。

報酬が存在しない情報については、

アジアで唯一の公認サンタクロース・パラダイス山元さんがインタビューで発言している

という明確なソースがあります。

この信憑性は高いため、信じるならば報酬ゼロという情報でしょう。

 

あれだけ過酷な試験を乗り越えた先に待つのが慈善事業なのです。

公認サンタクロースになれる人は、それなりのお金を持っている人でないと無理ですね。

実際、パラダイス山元さんも、公認サンタクロースになれる後継者がいるかどうかについて、

パラダイス山元

経済面で不安を感じます。

不労所得とか経済的な基盤がないと、生活が成り立たなくなります。

と語っています。

そして、

まずなれる人はいないだろう

と予想もしているくらいです…。

スポンサーリンク

まとめ

公認サンタクロースは、思った以上にハードな名誉職ということがわかりました。

世界に、たった180人ほどしかいないのも頷けますね。

何しろ、

  • 結婚し子供がいる
  • 過去にサンタとしての活動をしたことがある

などの条件の時点で弾かれる人が多い上に、体力測定や身だしなみ検査というハードな試験もあります。

さらにライセンスは毎年更新…

一度サンタクロースになっても、仮に離婚をすれば、資格をはく奪されるわけですし…

妻子を養いながら、サンタクロースとして活動するならば、確かに不労所得が必要…と思わされます。

公認サンタクロースは、奥が深い…

改めて、サンタクロースの過酷さを知らされました。

関連記事

-仕事

Copyright © スピカ紀行 , All Rights Reserved.