著名人

佐々木主浩の長女・玲奈と嫁・榎本加奈子の不仲と元妻との離婚の真相

佐々木主浩さんといえば、元メジャーリーガーで、現在は馬主としても成功している有名人ですよね。

そんな佐々木主浩さんですが、かつて元アイドルと結婚していて、現在の妻・榎本加奈子さんとは再婚だったとか…

しかも、佐々木主浩さんと元妻との子供である長女・玲奈さんと、継母・榎本加奈子さんが深い不仲を持っているんだとか…

果たして、佐々木主浩さんは元妻と離婚した原因は何か。

また、一部で囁かれている、長女・玲奈さんと榎本加奈子さんとの不仲な原因が、残忍なものであるのはどういうことか…

その謎を調査し、まとめていきます。

スポンサーリンク

佐々木主浩が離婚した元妻とは?

元メジャーリーガーの佐々木主浩さんの妻といえば、榎本加奈子さんを想像する人は多いですよね。

もちろん、現在の妻は、彼女で間違いありません。

しかし実は、彼女と結婚する前に、別の女性と結婚していました。

では、その女性とは一体誰だったのでしょうか。

佐々木主浩の元妻は、元アイドル・清水香織

その元妻とは、ズバリ元アイドルの清水香織さん。

清水さんは、

1985年、東大生が選ぶミスアイドルコンテストでグランプリ

に選ばれています。

そして、翌年には、シングル『禁じられたヒロイン』で、アイドル歌手としてデビュー。

すでに、彼女は芸能界を引退しています。

若い世代の人は知らないと思いますが、一部のファンからは人気もありましたよ。

二人の馴れ初めや離婚の原因

佐々木主浩さんとは、

山瀬まみさんの紹介

で出会い、1991年に結婚しています。

しかし、長女・長男と誕生しながらも、2005年に離婚。

その離婚の原因は、佐々木主浩さんの仕事の都合で、家を留守にしがちだったこともあり、その寂しさから、

元妻・清水香織さんがホスト通い

をはじめたことのようです。

さらに、佐々木主浩さんも榎本加奈子さんと不貞。

結果としてW不貞となり、結果、親権を佐々木主浩さんが持ったまま離婚…

最初から、すれ違いでも発生してしまったのかと言いたくなるような、悲しい展開の末の離婚ですよね。

まぁ、二人とも自業自得なので、そこに同情の余地は一切ありません。

ただ子供たちが可哀想というのが正直なところです。

離婚後の清水香織の現状

現在は、不仲によって自宅を追い出されてしまい、最終的に一人暮らしを余儀なくされた長女・玲奈さん。

元妻の清水香織さんは、その長女の様子を時折見ながら、ひとり暮らしている模様。

後ほど、不仲についてはお話していきますが、長女・玲奈さんは自らの命を絶とうをしたことがあるだけに、実母としても心配なのでしょうね。

 

佐々木主浩の長女・玲奈と嫁・榎本加奈子の不仲

親の離婚・再婚によって、家庭事情に変化がもたらされると、何か家族間でのトラブルは起こりやすいですよね。

例えば、連れ子と実子の問題なんて、その一つ。

継母(または継父)が、実父(または実母)のいないところで、差別的な扱いを子供に仕掛け、追い詰めるなんてこともしばしば…

実は、佐々木主浩さんの長女・玲奈さんも、その一人だったようです。

もちろん、長女・玲奈さんが、

某写真週刊誌やブログなどにリーク(暴露)した内容が事実とするならばの話になります。

それにしても、それはかなり残忍なもの…

佐々木主浩さんと榎本加奈子さんが再婚した当初は仲良くしていたものの、長女・玲奈さんが次第に反抗期を迎えた影響もあるのか、不仲の関係へ…

もうそれは、『憎しみ合い』という壮絶な女の醜いバトルへと発展してしまいました。

権力を振りかざし残忍な行動に出る榎本加奈子さん。

一方、自ら命を絶つギリギリまで、心が折れてしまった長女・玲奈さん。

ここまでくれば、もう関係修復は無理でしょう。

 

佐々木主浩の長女・玲奈と嫁・榎本加奈子の不仲の原因

佐々木主浩さんの長女・玲奈さんが、継母となる榎本加奈子さんと深い不仲になった話は、さきほどお話したとおりです。

本来ならば、不仲になることなく仲良く家族として生きていくべきです。

しかし、それが出来ない重大な原因が隠されていたと、ある週刊誌で報じられています。

それは、

玲奈さんが某週刊誌にリーク(暴露)していることがきっかけ

だったわけですが、話を聞く限り、とにかくひどい!

もしこれが事実なら、暴露して少しでも反撃し、榎本加奈子さんに対して、社会的制裁を加えたい気持ちが痛いほど理解できます。

榎本加奈子さんは、長女から実母まで取り上げ略奪結婚しているわけですから、もう救いようがないといってもいいでしょう。

では、順を追って、不仲の原因を紹介していきます。

玲奈さんから実母を奪った榎本加奈子の略奪愛

先程もお話したように、実は、佐々木主浩さんは、榎本加奈子さんと結婚する前に、別の女性と結婚しています。

長女の玲奈さんと長男は、元妻・清水香織さんとの間にできた子供たち。

佐々木主浩さんは親権を持ったまま、榎本加奈子さんと再婚しました。

まぁ元妻の清水香織さんが、ホスト通いしていたことが発端のようですし、親権を取り上げるのも分からなくはありません。

ただ、それは佐々木主浩さんが不貞をしていなかった場合の話…

佐々木主浩も不貞し、その相手と再婚…

結局、佐々木主浩さんも榎本加奈子さんと不貞し、挙句の果てに略奪婚(榎本加奈子さんの…)という形で、二人は再婚したわけです。

あまりにも身勝手な話ですよね。

幸いにも、子供たちはまだ幼かったので、状況を把握できていなかったようです。

しかし、玲奈さんが成長するにあたり、実母が別にいることや、継母と実父が、略奪愛による再婚していることを知ってしまいます。

当然、反発だってするでしょう。

「実母と連絡を取りたい!」

となるのもわかります。

ところが、榎本加奈子さんは、実母と連絡を取らせようともせず、二人を完全に引き離そうとしていたのです。

娘からしてみれば、実母を取り上げた犯罪行為に近いものすら感じさせられます。

嫁・榎本加奈子の長女・玲奈への行為

長女・玲奈さんは、成長とともに、不貞の末に榎本加奈子さんが継母となっていることを知り、徐々に怒りを増していきました。

そのことが気に食わなかったのか、はじめは仲良くしていた二人が不仲になると、榎本加奈子さんは、玲奈さんに対して、とてつもないことをはじめます。

  • 中身が豆腐一丁と醤油だけのお弁当をもたせる
  • 佐々木主浩さん不在時には長女の食事を用意しない
  • 実母との連絡を禁じる
  • 玲奈さんが話しかけてきても拒絶
  • 一緒に住めないと頭ごなしに言われ、祖母の家に送り込まれ、強引に転校させられる。
  • 玲奈さんの私物を留守中に勝手にゴミに出す

などなど…

もう、言葉にするのが辛くなるくらいとんでもないことをしていたというのです。

さらには、長女・玲奈さんが、

数々の行為に心を折られ、自らの命を絶とうとした

というのです。

幸い一命はとりとめたものの、継母・榎本加奈子さんからかけられた言葉は、

「ウチの家に迷惑かけないで。世間にバレたらどうしてくれるの?」

という痛烈な批判だったとか…

長女・玲奈の虚言?

一部で、命を絶とうとした件は虚言であるという話もあります。

ただ少なくとも、全てが虚言とはとても考えられません。

  • 榎本加奈子さん自身
  • 病院関係者
  • 周囲の親族(親戚・祖父祖母など…)
  • 実母

玲奈さんの周りには、たくさんの人がいるわけで、仮に嘘だったとするなら、どこかしらの情報が破綻し、すぐにバレてしまいます。

実母が復讐のために手を結び、虚言を仕掛けたとしても、一命をとりとめた嘘は、病院を調べれば分かる話です。

嘘ならば名誉毀損は必至!

全てが嘘だとしたならば、どこかしらが名誉毀損を訴えてもおかしくありません。

それすら無いところを見ると、

やはり事実だったのでは?

と考えるのが自然ですよね。

つまり、何らかの原因で、玲奈さんが命を絶とうとしまったことは事実と見て、ほぼ間違いないのではないでしょうか。

榎本加奈子の反論

長女・玲奈さんの言い分を聞く限り、榎本加奈子さんが、むごたらしい行為を繰り返していたことになります。

ただ、榎本加奈子さん側も反論し、

娘の狂言と全否定しています。

そして、今なお、両者の言い分は真っ向から対立し、不仲の関係も深まったまま…

まぁ事実が明らかになっていない以上、どこまでが明確な話なのか、確証は持てません。

 

とはいえ、

長女・玲奈さんが私物を取りに自宅に入ったところ、警察に不法侵入で通報した

のは、榎本加奈子さん・佐々木主浩さん夫婦です。

実際に警察が間に入った事実があるわけです。

そのことに対して、佐々木主浩さんは、

「家族間でも、マナーはあるとして、玲奈さんに反省を促すために、反省文の作成と警察への事情聴取を命じた」

と、報道陣に対してコメントしています。

はたして、これをどう見るべきなのか…。

消えない不仲!玲奈が受けた傷…

さて、話をもとに戻しましょう。

結局、意見は両者で食い違い、そのことが、より大きな不仲を生んでしまっているのが現状です。

ただ、もし玲奈さんの証言が嘘ならば、矛盾が必ず出てくるはずです。

しかし、それらしきところが無かったどころが、あれほど卑劣なことを言っているのに、誰一人も名誉毀損で彼女を訴えようとしない…

これは、かなり奇妙な話に見えます。

とくに、佐々木主浩さん・榎本加奈子さんにしてみれば、イメージを売りにする著名人です。

そんな人が、子供相手とはいえ、訴えも起こさないなんて違和感を覚えます。

つまり、訴えると逆に事実を証明されてしまう恐れがあるので、下手に動けない…。

それは、玲奈さんの証言の正確性を物語っている…

そのように考えることもできてしまいます。

もちろん、確証はありません。

ただ、少なからずも略奪愛は事実ですし、それによって長女・玲奈さんを傷つけた上に、心のケアも怠った…

あとは、どこまでが事実なのかという話になりそうですね。

スポンサーリンク

 

まとめ

今の世の中で横行している不貞…

社会に対する責任は、強く感じませんが、それでも自身の家族を傷つけることに変わりはありません。

佐々木主浩さん・榎本加奈子さん夫妻のケースもまさにそうでした。

佐々木主浩さんの連れ子で長女・玲奈さんが、榎本加奈子さんの略奪愛もあって実母を奪われる形となりました。

そして、不仲が酷くなり、佐々木主浩さんと離婚した元妻(清水香織さん)が様子を見に行くほど、長女・玲奈さんは傷ついていたようです。

大人に身勝手な話に、子供の人生を振り回して良いのでしょうか?

最低限、我が子の命くらい大切にしてほしいと、強く願うばかりです。

関連記事

-著名人

Copyright© スピカ紀行 , 2019 All Rights Reserved.