著名人

山本太郎れいわ新選組の立候補者メンバー一覧紹介!その評判は?

更新日:

第25回参議院議員選挙が2019年7月21日におこなわれますね。

その中で、注目を浴びているのが、あの山本太郎氏が代表を務める

『れいわ新選組』

ではないでしょうか。

筆者は最初、『わいわ新選組』だと思ってしまい、「変な名前だな」と勘違いしていた記憶があります。

 

さて、そんなれいわ新選組も他の政党同様、立候補者を立てていますが、どんなメンバーなのでしょうか?

当記事で、第25回参議院議員選挙における、れいわ新選組の立候補者メンバーを紹介します。

スポンサードリンク

れいわ新選組の立候補者を紹介!

2019年の第25回参議院議員選挙が、もうすぐ投票となりますね。

中でもメディアで注目されているのは、何かと物議を醸すタレント議員・山本太郎氏が率いる、れいわ新選組。

ただ、れいわ新選組は『5人の国会議員』がいないため、ただの政治団体であり、政党ではありません。

今回の選挙の結果次第では、政党要件を満たすことになります。

 

さて、れいわ新選組、今回の参議院議員選挙に、

10人の候補者

を送り込むそうです。

一体どんなメンバーが揃っているのか。

早速、れいわ新選組の立候補者を紹介していきましょう。

れいわ新選組の立候補者1 山本太郎

上皇陛下の政治利用未遂(憲法を守れと言っておきながら、自ら憲法違反を犯す)

放射能に関する悪質なデマ拡散

北朝鮮の核実験に抗議する参議院決議を棄権

など、数々の反日行為を起こしてきた、れいわ新選組の代表・山本太郎氏は、今回は東京選挙区ではなく、

比例区での出馬

となるようです。

山本太郎氏の悪行の中でも、とくに酷いとされるのが議員になった後、

「国会議員の弁当はベクレてる(放射能汚染されている)」

「東日本女子駅伝を中止に追い込みたい」

などに代表される、福島差別をしたことではないでしょうか。

(しかも謝罪なし。)

 

また、姉がドラッグで逮捕された際、

「姉はもちろん悪いのですが、放射性物質を多くの人に吸い込ませている人たちが逮捕されないことは、もっと信じられない」

と、話のすり替えをおこなうなど、

典型的な放射脳

であることも忘れてはいけません。

党名という看板を変え、イメージアップを図っているようですね。

しかし、放射能デマなど、悪質な所業が消えるわけではありません。

いくらガワを変えたところで、やってきたことが国賊同然であるという本質的な中身は変わらないのですから。

 

6年前、山本太郎氏を当選させた東京都民には深く失望したものです。

6年前に愚かな選択をした東京都民は、今度こそ目を覚ましてほしいところです。

まぁもっとも、山本太郎氏は比例区での出馬なので、東京都民だけでなく日本国民の責任が大きく問われることになるのですが…

れいわ新選組の立候補者2 蓮池透

蓮池透氏は、拉致被害者であり現在は日本への帰国を果たした蓮池薫氏の兄です。

このことから、一見れいわ新選組が拉致問題に対するキーパーソンとして送り込んだかのように思える蓮池透氏ですが…

この蓮池透氏は、

評判がよくないようで、とくに拉致被害者家族会から批判されている

という人物だったのです。

とくに大きな問題を起こしたのが、著書『拉致被害者たちを見殺しにした安倍晋三と冷血な面々』です。

拉致問題を政治利用して、のし上がったなどと安倍首相を批判する態度に対し、家族会の増元照明さんは、

被害者を取り戻したご家族が、もうこれ以上、外部にいろいろなことをしゃべらないでほしい。

救出運動を邪魔してほしくないと思っています。

と批判。

横田早紀江さんも、

一緒にまだ活動していたときの透さんが、一生懸命やっていた姿を私はいつも思いだしながら、本当にどうしてこんなことになったのかなという悲しい思いをしております。

と失望の意を示すほどでした。

事実、この蓮池透氏は、家族会の方針と合わない行動をしていたということから、

家族会を強制退会させられています。

SNSでも、

自分の家族に降りかかった悲劇でもある拉致問題を踏みにじるような行為を擦る人物。

山本太郎氏と組むのがとてもお似合い。

 

拉致された人に寄り添わず、俺が手柄をあげたいにしか思えなくなってる蓮池透氏の行動は、その後も露骨だ。

 

拉致被害者家族らがどうしてここまで蓮池透氏に怒りをぶつけたのか想像してみてください。

傲慢で、自己顕示欲満載の発言の数々。

こんな人は議員になってほしくありません。

などのコメントをされているほど、評判はあまりよくありません。

れいわ新選組の立候補者3 安冨歩

東京大学東洋文化研究所教授の安冨歩氏。

最初、女性なのか?と思っていたのですが、どうやら

女性装をする男性だったこと

が判明。

選挙活動では、なぜか白馬を連れてきたことでも話題を集めていますよね。

公約は、

「子供を守る」

この一点だと安冨歩氏は述べています。

子供は社会の中心であって、大人たちがコレを支えるような社会でなければならない。

19世紀的な工場や軍隊に属するようなものではなく、自ら考え切り開いていく子供たちを大量に育てていかなければならない。

今まで行ってきたような教育制度を全て見直していかなきゃならない。

と、言われたことを守るだけの機械を作る今の教育を、自ら考える子供を育てる教育にしていくべきだと主張しています。

確かに、子供を大切にしていくべきであり、筆者も彼の主張には大いに賛同できるところです。

 

ただ、肝心の安冨歩氏の評判を調べてみると、

ビ・ハイア事件での言動から議員にはふさわしくない

とコメントしている人が多かったですね。

パワハラ自殺が起きたビ・ハイア事件にて、安冨歩氏は、

ビ・ハイア社を全面擁護、さらに提訴した元従業員に対し中傷するツイートをした

などの点から批判が多く集まっているようです。

確かに、パワハラ問題が大きく取り上げられている今の時代に、この態度をした人が議員になるのは、ちょっと問題があるように思えますね。

れいわ新選組の立候補者4 木村英子

今回から初めて導入される特定枠の1人が、木村英子氏です。

木村英子氏は、生後8か月の時に歩行器から落ちてしまい、首に損傷を負ったことで障害が残ってしまいました。

その結果、脳性麻痺と診断され、現在では両足、そして左手が全く動かない状態となってしまったのです。

学校を卒業した後の木村英子氏は、障碍者の自立支援活動をおこなってきています。

今回の選挙出馬も、

太郎さんから障害を持った人 当事者としてその声を聞かせて欲しい 一緒に戦っていきましょうと。

厳しい現状に晒された障害者の苦悩と叫びを、少しでも伝えていければ。

と、障害者の人たちの現状を知ってもらいたいとの理由からでした。

山本太郎氏も、

700人以上国会議員がいながら、車椅子が入っていないし、介助者もいない。

なんでなんですか?

これが全てなんですよ。

 

私は当事者が入るべきだろうと思う。

当事者がいないのに当事者のことを決めている。

オカシイでしょ。

国会がどんな人に対しても敏感に反応していける体制を持つべきだろう。

と木村英子氏に立候補を要請した理由を明かしています。

筆者も木村英子氏よりも酷い障害を持つ身内がいるだけに、この点だけは、山本太郎氏の発言が評価できるポイントですね。

確かに、障害者支援の法律の議論がされることもあるわけですが、当事者が国会にはほとんどいません。

まず、国会自体がバリアフリー化されていくことが重要です。

 

木村英子氏に対する評判も、

「とても素敵な女性だ」

「ぜひ、みんなが生きやすい社会のために頑張ってほしいです!」

と応援する声が多かったですね。

れいわ新選組の立候補者5 三井義文

三井義文氏は、

住友銀行⇒セブンイレブンのオーナー

という経歴を歩んできました。

とくに、セブンイレブンオーナー時代は、

  • 売上金は毎日本部に送金させられ1円も残らない
  • 本部からの仕入れ額は小売店の価格より高いことに対し、本部に説明を求めても納得のいくような回答はない

など、

『何もかも本部が決めて、その説明はない』

という不透明なセブンイレブンの悪行の数々を目の当たりにし、早期の契約解除をさせられた後は、セブンイレブンと戦う決意をしました。

その後は、24時間365日営業を強いられたりなど、フランチャイズオーナーの『名ばかり事業主』の問題を提起するなどの活動をしています。

今回出馬したのは、

海外にはあるのに日本には存在しないフランチャイズ規制法の制定を目指す

とのことから出馬したようです。

評判としては、今、さまざまな悪行が表ざたになっているセブンイレブン。

三井義文氏は、そのカウンターにもなりうる存在だけに、応援の声が多数寄せられていますね。

れいわ新選組の立候補者6 野原善正

この野原善正氏は、何を隠そう、

創価学会の学会員

であることが、特筆すべき事項でしょう。

沖縄県知事選で、玉城デニー知事陣営で、創価学会の三色旗を振っていたのは、この人です。

しかも、れいわ新選組のHPで、この野原善正氏の主張を見ていると、

書いてあることが創価学会と公明党に対する反乱

のような内容ばかりで、政治の場に宗教戦争を持ち込もうとしているようにしか見えません。

宗教戦争は他のところでやっていただけないでしょうか…。

ネット上での評判としては、創価学会に対する反応が多く、反応の多くが学会員や創価学会関連の人に見受けられたので、一般の人はあまり関心を持っていなさそうですね。

まぁ、創価学会という時点で、何となく怪しい雰囲気を感じてしまうので仕方がないでしょう。

れいわ新選組の立候補者7 辻村千尋

辻村千尋氏は、環境保護のNGO活動をおこなっている人物のようです。

主に環境保全の分野で立ち上がったようで、

開発によって自然が失われ、そして人の住む土地まで失われるのは許されない

との主張をしています。

また、辻村千尋氏は、

環境省が弱すぎる。

法律で権限を与えられていないんです。

かわいそう。

僕は環境省を強くしたい。

とも語っていました。

ネット上の評判は、正直なところれいわ新選組の中ではイメージが薄いからか、あまり言及されていませんでした。

れいわ新選組の立候補者8 大西恒樹

大西恒樹氏は、元J.P.モルガン銀行資金部為替ディーラーという経歴を持っています。

もともと、大西恒樹氏は、日本だけではなく、地球上のあらゆる命、世界中の子どもたちの未来のための政治を志す『フェア党』の代表として活動しているので、知っている人はいるかもしれません。

金融の最前線で働いていたことから見えてきた、巨大な搾取構造と化した現代の金融資本主義主に疑問を唱えるべく出馬。

消費税の廃止や、お金の発行の仕組みの根本から変えることで財政をよくしよう

と主張しています。

評判としては、元から政治活動をしていることもあり、その当時の動画『日本から世界を変える動画』のとくに消費税について触れている動画が高評価を得ていましたよ。

れいわ新選組の立候補者9 船後靖彦

特定枠のもう1人が、船後靖彦氏です。

船後靖彦氏は、ALSという手足・のど・舌の筋肉や呼吸に必要な筋肉がだんだんやせて力がなくなっていく難病を抱えています。

今ではほぼ全身が麻痺してしまい、歯で噛むセンサーでPCを操作しながら、詩や童話などの創作活動、意思伝達装置『伝の心』を使用し、講演活動をおこなっています。

木村英子氏と同じく、障害者だからこそできることを国会の場で主張していくのだと思われます。

れいわ新選組の立候補者10 渡辺照子

最後に紹介するのは、元派遣労働者でレイバーネット日本運営員の渡辺照子氏です。

渡辺照子氏は、配偶者の失踪によりシングルマザーとなった後、保育園の給食調理、保険営業、輸入酒の委託販売などで働きますが、過労で倒れてしまいます。

1年間休んだ後、今度は派遣社員として働くことになるのですが…

派遣先であった株式会社地球科学総合研究所から、一方的な雇い止め通告を受けてしまいます。

これらの過酷な経験から、

男女の著しい賃金格差、正規・非正規の従業員の待遇・賃金格差が貧困の最たる要因

だと考えるようになり、日本のあり方に疑問を抱いていたところ、れいわ新選組と出会い、立候補を決意したのだそうです。

「生きてきて良かった」

と思える日本を目指していくとのことですよ。

スポンサーリンク

まとめ

今回は、れいわ新選組で参議院議員選挙に立候補者するメンバーを紹介しました。

こうして見てみると、

『メンバーは代表以外、今の日本社会の問題を追及するにふさわしいメンツが揃っている』

と感じた次第です。

評判も、山本太郎氏を除くと、全体的に応援されているように見えました。

本当に、れいわ新選組は山本太郎氏さえいなければ、とてもよい政治団体だと思うのですが…

粒ぞろいの候補者を集めたリーダーが一番問題があるというのは、何とも皮肉なものです。

関連記事

-著名人

Copyright© スピカ紀行 , 2019 All Rights Reserved.