お金 仕事

船乗りの年収が凄い!なり方(就職する方法)から仕事内容をチェック

船乗りと聞きますと、『港港に●ンナあり』とか『板子一枚下は地獄』などという言葉を思い浮かべます。

しかし、現代の船乗りは大変な高年収の仕事らしいのです。

一般的な航海士で年収5~800万円の年収は、ごく普通とのことです。

日本人の平均的年収は400万円前後ですから、船乗りは平均よりも30~100%以上多い年収になります。

そんな高年収の職業なら、

『自分も船乗りになってみようか』

という人も出て来そうですね。

そこで今回は、船乗りの年収とそのなり方(就職する方法)や仕事内容を紹介しましょう。

スポンサーリンク

船乗りの年収が凄い!

では、船乗りはどのくらいの年収があるのでしょうか。

船乗りには、厳しい階級システムがあって、軍隊と少し似たところがあります。

船乗りと一口に行っても、上は船長から下は平の船員まであり、年収には大差がつきます。

船乗りの職種は、大別して

  • 船長
  • 航海士
  • 機関士
  • 通信士
  • 部員(一般船員)

などです。

船長は、船の最高責任者ですから、ある程度の年齢に達した人が多く、そのため年収も多いのが通常です。

航海士や機関士、通信士は、軍隊で言う『士官』に当たりますので、船長に次ぐ年収となっています。

甲板部、機関部などの部員(一般船員)は、士官よりかなり安いのが普通です。

平均的な年収は、

  • 船長 1000万円以上
  • 航海士 500~800万円
  • 機関士 500~800万円
  • 部員(一般船員) 200~300万円

あたりでしょう。

なお、通信士については、海事衛星通信(インマルサット)などが導入されたため、現在は専任の通信士を置く船は、ごく少数となっています。

そのため、大半は通信士の資格を持った船長や航海士が兼任しています。

航海士の年収の場合を年代別でみると、

  • 20代 300~600万円
  • 30代 500~800万円
  • 40代 1000万円以上

といった具合です。

とくに客船の航海士は、かなり高給取りのようですね。

内航客船(国内就航の客船)でも、平均460万円以上、

外国航路の大型客船の場合は、年収が平均で800-900万円

と高額です。

そのかわり、一度航海に出れば、長期間は自宅に戻ることはできません。

 

船乗りの年収の実例としては、以下のような例があります。

船乗りの年収の実例

23歳(男性)

年収 600万円以上700万円未満

21歳(男性)

年収 500万円以上600万円未満

31歳(男性)

年収 600万円以上700万円未満

31歳(男性)

年収 1000万円以上1200万円未満

いずれも日本人の平均年収よりだいぶ多いです。

それが20代~30代の年齢ですから、年齢別でみれば、非常に高い年収と言えると思います。

これは

  • 危険が伴う
  • ある程度の期間は自宅に戻れない

などのデメリットによるところでしょうね。

イメージとしては、航空機のパイロットやクルーに近い感じです。

 

船乗りの仕事内容は?

それでは船乗りの仕事の内容は、どんなものなのでしょうか。

これは職種によってだいぶ異なります。

船長・航海士

航海士には、

  • 船長
  • 一等航海士
  • 二等航海士
  • 三等航海士

があります。

これらは、船員同士の通常の会話では、日本語の名称はあまり使われず、

キャプテン、チーフオフィサー、セカンドオフィサー、サードフィサー

と呼ばれることが多いそうですよ。

チーフオフィサーは短縮されて、『チョッサー』と呼ばれることもあるそうです。

彼らの仕事は、船の操船がメインですが、その他航路の決定、海図の管理なども重要な仕事です。

また、船員への指示管理、荷物の運搬、その他航行に関するあらゆる指揮など、各員への指示・指揮も大事な仕事です。

操船では、とくに航海中の船の位置の把握が大変重要なものとなります。

航海士は肉眼や、衛星情報やレーダー、星との位置関係などにより、船の現在位置を常に正確に把握しておく必要があります。

航海中は、複数の航海士が乗船し、常時気象状態の確認と他の船舶との位置の確認を交代制で行っています。

 

ちなみに、夜間に行う観測の当直時間を通称『ワッチ』と呼びますが、これは

『見る』『監視する』

という意味からのものです。

機関士

機関士の仕事は、各種機器の管理と運転を行います。

機関士には、機関長以下、1等機関士(ファーストエンジニア)、2等機関士(セカンドエンジニア)、3等機関士(サードエンジニア)があります。

機関長は機関部の最高責任者で、ある意味船長に次ぐ地位となっています。

機関士の仕事は、船の心臓であるエンジンをはじめ、船を動かすスクリューや、発電機、ボイラーといった機器の運転と保守を行うことです。

常に安定した動作をするように、これらの機器を運転保守することは、船の安全と安定した航行のためには、非常に重要な仕事です。

部員

これらのオフィサー(幹部船員)だけでなく、一般の仕事をする平船員として部員と言われる船員もいます。

甲板部、機関部、事務部などに別れて、船長始め航海士、機関士などの指示に従い、運航、船体整備、貨物の積みおろしなどの作業を行います。

以下は外航船に乗船した三等航海士の1日です。

ある航海士の1日より

勤務時間は1日24時間につき、4時間×2回の8時間です。

もちろん、緊急時などには、当直中以外の時間に働くこともあります。

6:00 甲板でラジオ体操

甲板に船員全員が集まり点呼の後、ラジオ体操を行います。

それが終わるとデッキブラシで甲板についた塩分を真水で十分に洗い落とします。

これを怠ると船体が錆びるため、毎日必ず行わなければなりません。

7:00 朝食
8:00 当直

三等航海士が担当することが多いのが、この時間帯の当直です。

通常の人が起きている時間帯のため、体力的な負担は少なくてすみます。

12:00 昼食

この昼食時には、他の船員と顔を合わせることになるので、コミュニケーションの機会でもあります。

13:00 休憩

船が停泊している場合には、甲板から釣りを楽しんだり、外出したりすることもできるそうです。

夕食の時間までは休憩時間にあたるため、かなり自由が利くのがこの時間帯です。

18:00 夕食と休憩
20:00 再び当直

乗船経験の浅い三等航海士が、この時間帯に当直を担当するにはそれなりの理由があります。

三等航海士の監督と教育は船長や機関長が行うので、そうした経験の豊富な人たちが起きている時間帯である必要があるからだそうです。

24:00 就寝

一般企業に勤める人と比較すると、かなり遅い時間までの勤務ですね。

航海士のやりがいや魅力とつらいこと

航海士の仕事は、大自然の中で海を相手の仕事です。

とうぜん、海は時々刻々と表情を変え、時には牙を剥いて襲いかかってきたりもします。

それに対して、船長や先輩航海士の指示を受けて戦う事は、一つの試練でもあります。

人の命を預かっていると言う自覚と誇りをもって仕事ができるのは、とても嬉しいことだと思います。

うまく成し遂げた時には、大きな喜びを味わい、自身の成長を感じることでしょう。

一方、航海士のつらいことや苦労とは、やはり勤務体制にあるようです。

一旦出航してしまうと、次に停泊するまでは航海士にとっても休む暇はありません。

家族や恋人がいる場合には、長い間会うことができないのです。

勤務はむろん当直制で、交代で勤務することになっていますが、天候が荒れた時などは、当直外でも勤務することになります。

眠い時、寒い時にはかなり辛い作業になるでしょうね。

肩章

肩章あるいは袖章とは、船員が肩または袖につける職種や階級を表す印です。

階級は金筋の数で、職種は金筋の間の色で判別できます。

金筋の数と職種・階級
金筋の数4本船長・機関長
金筋の数3本1等航海士・1等機関士
金筋の数2本2等航海士・2等機関士
金筋の数1本3等航海士・3等機関士
金筋の間の色と職種・階級
金筋の間の色船長・航海士
金筋の間の色機関長・機関士
金筋の間の色通信長・通信士
金筋の間の色パーサー(事務局長)、事務部職員
金筋の間の色ドクター(船医)

この金筋の間の色は、黒は海を表し、機関士の紫は油の色を表すものだそうです。

また通信士の緑は陸の緑の色を、パーサーや事務部職員の白は紙の色を、医者の赤は血の色を表しています。

 

船乗りのなり方と就職

船乗りには、資格がなければなれないことはありません。

甲板部員や機関部員などの部員(平船員)ならば、

特別な資格なしでも、誰でもなれるのです。

しかし、ある程度の年収を得ようとするならば、航海士や機関士の資格があった方が、断然有利でしょうね。

それと国家資格以外にも重要な資質があります。

一つは体力であり、もう一つは意志の強さです。

船乗りは海が荒れた時などには、ゆっくり身体と心を休めることもできません。

体力と精神力は絶対に必要です。

 

ということで、ここでは船乗りに必要な国家資格などを見てみることにします。

航海士や機関士になるためには、

海技士

という資格を取ることが必要です。

海技士の免許は、航行する区域(国内か海外か)や船のトン数、扱う業務などにより、以下のようにわかれています。

  • 海技士(航海)1級~6級
  • 海技士(機関)1級~6級
  • 海技士(通信)1級~3級
  • 海技士(電子通信)1級~4級

外航船員(国際航海を行う船員)になるためには3級の、内航船員(国内航海を行う船員)になるためには4級の資格取得を目指すようです。

受験資格としては、

  • 18歳以上であること
  • 一定期間船に乗って運航や実習に従事した『乗船履歴』を持つこと

の2つがあります。

この乗船履歴は、部員として実務に就いた場合や、学校での乗船実習があります。

なお、一等航海士や二等機関士などの名称は、『職務名』であり、国家資格の海技士とはまったく別のものです。

 

この海技士国家資格試験の内容は、どのような内容でしょうか。

海技士の国家試験は、年に4回行われています。

試験内容は、

  • 筆記試験
  • 口述試験(質疑応答や面接)
  • 身体検査(視力、聴力、疾患の有無)

の3つがあります。

また、上級になると

口述試験は英語で行う

など、語学力も必要になります。

実際には、これらの資格を取得するためには、船員用の学校や大学に通う場合が多いようですね。

 

以下、航海士になる場合の例です。

外航船員を目指す場合

外航船員を目指す場合は、

  • 中学校卒業後に商船高等専門学校へ進学する
  • 高校卒業後に海事系大学へ進学する

このいずれかが多いようです。

 

商船高等専門学校は、全国に5校あり、海事系大学としては

東京海洋大学、神戸大学、東海大学など

があります。

 

商船高等専門学校では、4年6ヵ月の学習と1年間の乗船実習を行います。

この学校を卒業すると、3級海技士の国家試験が筆記試験免除で受験可能です。

海事系大学では、4年間で6ヵ月間の乗船実習を行います。

卒業後に、さらに6ヵ月間の乗船実習科を修了することで、3級海技士の国家試験が筆記試験免除で受験可能です。

内航船員を目指す場合

内航船員を目指す場合は、

  • 中学校卒業後に海上技術学校(本科)に進学
  • 高校卒業後に海上技術短期大学校(専修科)に進学

このいずれかです。

 

海上技術学校(本科)は3年制で、普通の高校と同じ位置付けになっています。

卒業後、さらに6ヵ月間の乗船実習科を修了すると、4級海技士の国家試験が筆記試験免除で受験可能です。

海上技術短期大学校(専修科)は、2年制の短期大学と同じ位置づけになっています。

これを卒業することで、4級海技士の国家試験が筆記試験免除で受験可能です。

専門の学校で学ばない場合

これは、甲板部員として実務につくものです。

大半の航海士は専門の学校を卒業し、海技士の資格を取得しています。

しかし、専門の学校を卒業せず、免許が必要でない船員(部員)として働きながら、乗船履歴を積み、国家試験を受ける資格を取る流れです。

数年も船に乗っていれば、乗船履歴は自然に取得できますが、それでも受験のための勉強は必要となります。

就職

海技士(航海)や海技士(機関)4級以上の資格を持っていれば、就職は相当に有利です。

どの会社も航海士や機関士は極端な人手不足

で、外国人船員を大量に雇用している状態だからです。

ましてや資格不要の部員(平船員)は、小型船では大半が外国人という場合がほとんどです。

また、ある程度の年齢の人でも、40歳前後の人が海上技術短期大学校に入学して船に就職した例もあります。

なので、40代でも年齢的にも遅すぎることもなさそうですね。

スポンサーリンク

まとめ

今や船乗りは、代表的な高年収の職業となっています。

年収1000万円も普通で、平均的日本人の年収の1.5~2倍もの年収があるのです。

しかし、航海士や機関士などのオフィサー(士官)になるには、専門の学校を卒業し、海技士という厳しい国家試験をパスしなければなりません。

もっとも、部員と呼ばれる平船員で経歴をつみ、国家試験に合格して航海士などになった例もあるそうです。

体力と精神力を必要とする仕事ではありますが、高年収と自然を相手の仕事には魅力がありますね。

みなさんも一念発起して、船乗りにチャレンジしてみてはいかがでしょうか!

関連記事

-お金, 仕事

Copyright © スピカ紀行 , All Rights Reserved.