アーカイブ

温水洋一の現在は?テレビから消えた理由はスタッフや女優が原因か

一時期に比べると、ドラマ出演数が減ったように思われる温水洋一さん。

髪の毛の薄さと、控えめに見える性格が人気を博し、『ぬっくん』という愛称で親しまれていました。

 

なぜ、最近はテレビで見かけなくなってしまったのでしょう?

一説には、温水洋一さんの性格が災いして、テレビから消えてしまった話があります。

性格が災いとは、どういうことなのでしょう?

この記事では、温水洋一さんがテレビから消えたと言われる理由や、現在何をしているかを紹介していきます。

スポンサーリンク

温水洋一の現在はテレビから消えた?

温水洋一のプロフィール

本名:温水洋一

生年月日:1964年6月19日(2020年の誕生日を迎えると56歳)

出身地:宮崎県都城市

学歴:日本福祉大学社会福祉学部卒業

身長:165センチ

血液型:AB型

職業:俳優

大学卒業後は、『大人計画』という劇団に入っていました。

1990年にもドラマ出演を果たしていますが、本格的に俳優としてドラマ出演が増えたのは、脱退した後の1994年。

脱退原因は、立ち上げメンバーであり、コンビも組んでいた

松尾スズキさんと喧嘩別れ

をする形だったとも言われています。

 

脱退理由が語られていないことから、芸能界ではタブーになっていて、誰も触れないと噂されています。

太田光さんは、何度か弄っていたことがありましたが、吉田豪さんとの対談で、タブーだと言われるまで気づいていなかったみたいですよ。

それだけ誰も、温水洋一さんの『大人計画』脱退について話題に出すことがなかったわけです。

 

さて、1994年から本格的に俳優として活動…とは言うものの、端役ばかりで知名度の高い俳優ではありません。

この頃の温水洋一さんは、ほとんどの人が知らない無名俳優だったのです。

一応、『竹中直人の恋のバカンス』でレギュラーとして出演し始めたので、全国的な知名度は上がってきていたのですが、俳優として引っ張りだこになるレベルではありませんでした。

 

2000年頃に温水洋一さんに転機が訪れます。

あの大御所芸人・明石家さんまさんに目をつけられたのです。

『目をつけられた』というと、悪い意味にも聞こえてしまいますが、実際はその逆です。

『7人ぐらいの兵士』で共演した際に気に入られました。

『明石家マンション物語』に出演した時には、愛称・『ぬっくん』を明石家さんまさんにつけてもらっていますからね。

その後は、明石家さんまさんが司会をする番組や、コントライブに出演するようになります。

さらに、知名度も上がったため、名脇役として数々のドラマや舞台、映画に出演するようになったのです。

 

2000年代は、ほぼ毎クールで、なにかのドラマに出演しているほどで、あちこちから引っ張りだこ!

NHKの大河ドラマでは

  • 2002年『利家とまつ〜加賀百万石物語〜』
  • 2010年『龍馬伝』
  • 2012年『平清盛』
  • 2016年『真田丸』

と、4本も出演し、朝ドラも5本出演しています。

 

いかに温水洋一さんが引っ張りだこで、忙しかったかは、『徹子の部屋』でも証明されています。

2016年に『徹子の部屋』に初出演したのですが、黒柳徹子さんから、

温水さんは『徹子の部屋』では、もう5回ほど出て頂きたいとお願いしたんですけど、今日が初めて。

5回お願いしたんですけれども、5回お断りになったんです。

と、あの『徹子の部屋』のオファーを5回も断っているほど!

今ではお昼の長寿番組として人気の『徹子の部屋』への出演を、5回も断れるなんて…。

 

しかし、そんな温水洋一さんが、現在ではテレビから消えたと言われているのです。

確かに、2017年は連ドラの出演が『レンタルの恋』1本だけ。

 

とはいえ、単発ドラマでは複数出演していますし、ナレーションでも活躍したり、舞台では『管理人』の功績が称えられ、紀伊國屋演劇賞個人賞も受賞しました。

それに、2018年は、『快盗戦隊ルパンレンジャーVS警察戦隊パトレンジャー』でルパンの末裔に仕える執事・コグレ役としてのレギュラー出演も決定しています。

確かに一時期よりは減りはしましたが、消えたと言うには程遠いです。

では、なぜ温水洋一さんは、テレビから消えたと言われるようになってしまったのか…。

 

温水洋一がテレビから消えた理由は?

温水洋一さんがテレビから消えた…とまではいかないまでも、出演が減っている温水洋一さん。

その理由とは、一体何なのか?

これについて、デイリー新潮が温水洋一さんの裏の性格を暴露しています。

 

デイリー新潮によると、温水洋一さんは、

二の線を気取りたがる

という一面があるというのです。

『二の線を気取る』というのは、要するに

二枚目ぶる

という意味です。

 

明石家さんまさんの影響から人気が出た温水洋一さんですが、イケメンだからということで人気が出たと勘違い。

ギャグではなく本気でイケメンだと思っているのです。

今ではそれを、

それがかえって気持ち悪い

と批判する女優も現れるほどだと、映画スタッフなる謎の人物が語ったそうです。

 

確かに、若かりし頃の温水洋一さんはイケメンと評判でした。

さわやか系のイメージがある見た目でしたからね。

昔のイメージを、そのまま引きずってしまっているのでしょうか…。

 

また、温水洋一さんといえば、幼少の頃から引っ込み思案で、見た目も相まって気が弱いイメージもあります。

しかし、幼少期と違い、現在では演出で気に入らない部分があれば、文句を言って、かなりうるさいとか…

演出を巡って、ケンカになることもあるので、若いテレビスタッフからは、敬遠され気味…

それが、テレビ出演が減った理由になっているというのです。

 

全てデイリー新潮の言い分になりますが、どうも腑に落ちない部分が多いですね。

このデイリー新潮の記事では、

昨年、評判になりシリーズ化もされた脇役ドラマ『バイプレーヤーズ』で、出演していても違和感のなかったぬっくんだが、そこに姿はなかった

という記述がありましたが、この時点でもう意味がわかりません。

しまいには、

ぬっくん、あんまりイメージ崩すと損かもよ。

と言っていますが、記者が言いたいことを言っただけで、理論的な内容がないのです。

 

以上のことから、『温水洋一さんが消えた』というのは、信憑性のない話と言えそうですね。

スポンサーリンク

まとめ

温水洋一さんが、テレビから消えた、その理由を調べてみましたが、どうもデイリー新潮が適当なことを述べているだけに思えました。

そもそも、温水洋一さんは、単発ドラマやナレーションなどでの出演が多いです。

バラエティ番組や連ドラの出演は、少なくなったのかもしれません。

しかし、たった消えたと判断するには、時期尚早な気もします。

 

温水洋一さんが消えたという話は、単にデイリー新潮に、温水洋一さんをよく思っていない記者がいて、適当なことを述べただけに思えます。

今後も、さらなる活躍をしてくれるはずですから、応援していきたいですね!

関連記事

  • この記事を書いた人

watari1

創作活動を趣味にしている、中部地方在住の20代男です。 これまで世の中に関心が持てず、これといって誇れるものも持っていないため、ペシミズム的な思考でなんとなく日々を消化しているだけでした。でも、昨今の世界情勢や周囲の環境の変化で生活への不安を感じ、活動できる場を持ちたいと思うように。 記事の執筆を通じて、新たな知識や物の見方を増やしていきます。

-アーカイブ